自動入札の季節性の調整

自動入札の季節性の調整を設定する方法を学びましょう。

季節性の調整を行うことで、セールやプロモーションなど、短期間にコンバージョン レートが大きく変わることが予想される場合に、入札単価を最適化できます。 季節性の調整により、短期間の季節的なイベントに対応した入札行動をより自在にコントロールできるようになり、該当期間における、最適でない入札や、期間後の無駄な支出を抑えられます。

たとえば、毎年恒例の祭日に合わせた販売イベントでは、コンバージョンの増加が期待できるため、季節性の調整を作成するとよいでしょう。 季節性の調整を行うと、入札単価が自動的に調整されるため、この期間中は戦略的に入札を行うことができます。また、ユーザーが手動で変更を行う必要はありません。 季節性の調整は、ターゲットROAS (広告費収益率) と ターゲットCPA (買収あたりのコスト) の入札戦略を使用するキャンペーンにのみ適用されます。 入札戦略について詳しく学びましょう

なぜ季節性の調整を使うのですか?

時間の節約。 季節的なイベントに応じて手動で入札単価を調整する必要はありません。 季節性の調整に必要な情報をMicrosoft Advertising に入力するだけで、残りの処理が行われます。

入札単価の最適化。 機会の逸失や無駄な支出を減らすことで、予算を最大化できます。

投資収益率(ROI)の改善。 セールやプロモーション中、またはその期間後に、戦略的に入札を行うことで、パフォーマンス目標を達成できます。

季節性の調整を作成する

季節性の調整により、将来的な販売イベントやプロモーションイベントのコンバージョン レート調整をスケジュールできます。 コンバージョン レートの調整とは、季節性の調整期間中に予想される増減率です。 調整率は、期間中に予想されるコンバージョン レートの変化に合わせて設定する必要があります。 たとえば、過去の数年間の実績に基づいて、サイバー マンデー セールの期間中にコンバージョン レートが 25% 増加すると予想できるとします。 季節性の調整を作成することで、その日のコンバージョン レートを最大 25% まで調整できます。 セールが終了すると、入札単価は自動的にベースラインに戻ります。ユーザー側でのアクションは必要ありません。

  1. トップメニューから [ツール] > [季節性の調整] を選択します。
  2. [季節性の調整を作成] を選択します。
  3. 季節性の調整の[名前]を入力します。
  4. 任意項目: 季節性調整の [説明] を入力します。
  5. [開始時刻][終了時刻]を選択します。

    : 季節性調整の日付範囲は 14 日以内である必要があります。

  6. 季節性の調整の[スコープ]を選択します。 スコープでは、季節性の調整が適用される キャンペーンの種類 または 特定のキャンペーン を選択できます。

    : キャンペーンを選択または選択解除したり、季節性調整の範囲をいつでも変更したりできます。 範囲を変更するには、季節性の調整の名前の横にあるボタンを選択し、[編集] > [設定の変更] を選択します。

  7. 季節性の調整の期間中にターゲットにしたいデバイスの種類を選択します。 次のオプションから選択できます:
    • コンピューター: デスクトップ コンピューターまたはノート PC
    • スマートフォン: ハンドヘルド モバイル デバイス
    • タブレット: 携帯電話を含まない可能性があるモバイル デバイス
  8. コンバージョン レート調整で、[増加] または [減少] を選択します。
  9. 季節性の調整の期間における、コンバージョン レートの予想増減率を入力します。 調整率は、期間中に予想されるコンバージョン レートの変化に合わせて設定する必要があります。
  10. [保存] を選択します。

See more videos...