直接統合を使用して Google タグ マネージャーで UET を設定する

Google タグ マネージャ と直接統合すると、UET の設定は自動的に行われます。

Google タグ マネージャ と直接統合すると、UET の設定は自動的に行われます。 Microsoft Advertising内から、Google タグをコピーして、一致する UET タグを設定します。 Google タグを使用すれば、ほんの数ステップで UET を利用できるようになります。

Microsoft Advertising 内から Google タグ マネージャ を使用して UET を設定する

  1. 上部のメニューで [ツール]、[UET タグ] の順に選択します。
  2. [作成] > [UET タグの作成] を選択します。
  3. UET タグの名前と説明を入力します。 チェック ボックスを使用して Microsoft Clarity を有効または無効にします。
  4. [保存して次へ] を選択します。
  5. [Google タグマネージャを使用して追跡タグを自動的に追加する] を選択します。
  6. [サインイン方法の選択]Google を選択して、Google タグ マネージャ アカウントに接続します。

    重要

    使用する Google タグ マネージャ アカウントに関連付けられた Google プロファイルに必ずログインしてください。

  7. [アカウント][コンテナー] のドロップダウン メニューから、統合するGoogle タグ マネージャ アカウントとコンテナーを選択します。
  8. 省略可能: [Microsoft Advertisingユニバーサル アナリティクスまたはGoogleアナリティクス GA4 イベントを使用することを UET タグに許可する] チェックボックスをオフにします。
  9. [次へ] を選択します。
  10. [完了] を選択します。

    注意

Google タグ マネージャ アカウントに加えられる変更点

直接統合を使用して Google タグ マネージャ を設定すると、選択した Google タグ マネージャ コンテナーに以下の変更が加えられます。

  • すべてのページで実行されるページ読み込みイベントのベース UET タグが追加されます。
  • 省略可能: ユニバーサル アナリティクスまたはGoogleアナリティクス 4 タグの設定コピーすることで複数の UET タグが追加されます。 新しい UET タグを作成するために、以下のいずれかの Google タグが基準として使用されます。
    • ユニバーサル アナリティクス スタンダード
    • ユニバーサル アナリティクス拡張 e コマース
    • Google アナリティクス 4 イベント タグ
    この機能を使用しない場合は、チェックボックスをオフにしてください。

See more videos...