拒否されたオファーに関する不服申し立て方法

Microsoft マーチャント センターで拒否された商品オファーについて不服を申し立てる方法を説明します。

編集レビューの際に、Microsoft 広告ポリシーとガイドラインの 1 つ以上に違反する商品のオファーが拒否されます。ポリシーを順守するように変更を行った場合、またはオファーの分類が誤っていると信じる場合には、申し立てを行うことができます。

留意事項

  • ポリシーとガイドラインを順守するように変更を行ったと確信する場合、または商品オファーの分類が誤っていると信じる場合にのみ、申し立てを行うものとします。
  • すでに拒否に対する不服申し立てを行い、棄却された場合には、商品オファーについて別の不服申し立てを行うことはできません。
  • 誤った不服申し立てリクエストを送信すると、アカウントが一時的に停止される場合や、完全に終了する場合があります。
  • 通常、レビューが完了するのに 1 から 3 営業日が必要です。

拒否されたオファーに関する不服申し立て方法

  1. 上部のメニューで [ツール]、[Merchant Center]、[概要] の順に選択します。
  2. 商品に関する問題のテーブルで、[オファーが編集ガイドラインを満たしていません] を選択します。
  3. 次に、[ポリシー違反の詳細] ページで、不服申し立てリクエストに対応するポリシー違反を見つけます。
  4. [View samples] (例を表示) に移動します。
  5. [Request review for all] (すべてのレビューを要求) を選択します。
  6. ドロップダウン メニューで、[Incorrect classification] (誤った分類) または [ポリシーに沿って変更を実施した] を選択します。
    • 誤った分類: 商品オファーが誤って分類された場合、このオプションを選択できます。
    • ポリシーに沿って変更を実施した:Microsoft 広告ポリシーとガイドラインに準拠して変更を行った場合で、商品オファーが拒否されないと考える場合には、このオプションを選択できます。
  7. [送信] を選択します。

不服申し立てリクエストを送信する場合に注意すべき事柄

  • ポリシー違反ごとに、不服申し立てリクエストを一度に 1 件のみ提出できます。複数のポリシー違反のレビューを要求する必要がある場合、各違反について個別に不服申し立てを行う必要があります。
  • ストアごとに毎月最大 10,000 件の商品オファーについて不服申し立てを要求できます。
  • Merchant Center サマリーの商品に関する問題テーブルで不服申し立てされたオファーの数を確認できます。お客様の不服申し立てを処理すると、不服申し立てされたオファーには、該当する有効状態または拒否状態が反映されます。
  • 不服申し立て中にオファーを変更して再アップロードすると、不服申し立てリクエストが破棄されます。再アップロード後にお客様のオファーが拒否された場合、不服申し立てを行う資格があります。

See more videos...