マルチメディア広告

潜在顧客の関心を引くマルチメディア広告を設定する方法を説明します

マルチメディア広告は、視覚に訴える大きな画像を使用してブランドや商品を紹介することで潜在顧客の関心を引き、Web サイトのトラフィックと売上を増加させます。 マルチメディア広告は、サイドバーの目立つ広告位置に表示され、テキスト広告のプレースメントを置き替えることはありません。

マルチメディア広告は、見出し、説明文、画像、ロゴの最適な組み合わせを選ぶことによって、潜在顧客の検索とお客様のコンテンツをマッチングします。 マルチメディア広告は独自に作成することも、Microsoft の最適化案を適用することもできます。 マルチメディア広告は動的広告グループでも利用でき、Web サイトのコンテンツとキャンペーン情報に基づいてマルチメディア広告が自動的に生成します。 詳細については、「動的広告グループのマルチメディア広告について」を参照してください。

マルチメディア広告の広告クリエーターを使用して、Web サイトから広告に画像をシームレスに追加することで、時間の節約になります。 また、デザイン効果、背景のぼかし、背景色などのスマート効果によって画像をより優れたものにすることもできます。

注意

[ロゴ] を選択したり、動的広告グループにマルチメディア広告を追加したりするオプションは、まだすべてのユーザーに提供されているわけではありません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

マルチメディア広告の新規作成

  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[ 広告と&広告表示オプション ]、[広告] の順に選択します。
  2. [広告の作成] を選択し、検索キャンペーンの標準広告グループを選択します。
  3. [広告タイプ] では、[マルチメディア広告] を選択します。
  4. 短い見出しと長い見出しを入力します。 見出しは広告の中で最も目立つテキストなので、利用可能な文字数を最大限に活用する必要があります。 さまざまなパブリッシャーやプレースメントで広告が柔軟に表示されるように、複数の見出しを入力する必要があります。
  5. 広告のテキストを入力します。 このテキストは、広告のプレースメントに応じて、広告の長短の見出しの下または横に表示されます。
  6. 会社名を入力します。
  7. ランディング ページ URL を [最終 URL] ボックスに入力します。 注: 広告に Web サイトの画像 (お客様の Web サイトから抽出した画像) を追加する場合は、[最終 URL] を入力する必要があります。
  8. モバイル URL を入力します。
  9. [画像の追加] を選択します。 使用できるファイルの種類: GIF (アニメーションなし)、PNG、JPG、JPEG。 既存の画像、ストック画像、Web サイトの画像 (お客様の Web サイトから抽出した画像) のいずれかを選択するか、新しい画像をアップロードします。 Web サイトの画像を追加する場合は、まず [最終 URL] を入力する必要があります。

    : Microsoft Advertising は、最終 URL のドメインからの画像のみを抽出します。 将来は、Web サイトのサブドメインからも画像を抽出できるようになる予定です。

    1.91 : 1 の縦横比の画像と 1 : 1 の縦横比の画像を、少なくとも 1 つずつ選択する必要があります。 広告の画像や全体の外観は、多様なパブリッシャーやプレースメントと調和するようにレスポンシブに調整されます。

    画像は、以下のアスペクト比での最小寸法 (ピクセル) を満たしている必要があります。


    画像ディメンション
    縦横比最小ディメンション (ピクセル)
    1.91 : 1703 x 368
    4 : 1608 x 152
    1 : 1470 x 470
    1 : 2470 x 940
  10. 省略可能: [ロゴの追加] を選択します。 広告にロゴを追加すると、ブランドをさらに目立たせて、潜在顧客へのリーチを向上させることができます。

    : 正方形 (1 : 1) のロゴ 5 つまでと、横長 (4 : 1) のロゴ 5 つまでを追加できます。 ロゴを追加するときに、どの縦横比を選択するかを選択できます。 選んだ縦横比でロゴがトリミングされます。 選択したロゴは、ロゴ の下のサムネイル リストに表示されます。

    ロゴを再度トリミングするには、サムネイル リストでロゴの下に表示される鉛筆アイコンを選択します。

    ロゴは、以下の縦横比での最小寸法 (ピクセル) を満たしている必要があります:


    ロゴのディメンション:
    縦横比 最小寸法 (ピクセル)
    1 : 1 128 x 128
    4 : 1 512 x 128

    注意

    一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

  11. 画像を編集して変更するには、サムネイルの一覧で画像の下にある鉛筆アイコン 鉛筆アイコン を選択します。 その後、スマート効果を適用して画像をトリミングすることができます。 スマート効果は、以下のオプションから選択します:

    • デザイン効果。 これは広告用に用意された画像フィルターです。
    • 背景のぼかし。 スライダーを使って画像のぼかしの量を調整できます。 背景のぼかしは、画像の被写体がはっきりしている場合に最も効果的です。
    • 背景色。 画像に塗りつぶしの背景色を適用します。

    注: 画像の品質に応じて、選択されたスマート効果が有効になります。

  12. [適用する] を選択します。
  13. 広告プレビュー領域で、画像が広告にどのように表示されるかを確認し、必要に応じて [プレースメントの編集] を選択して編集することができます。 [含める] または [含めない] を縦横比ごとに選択することもできます。 [含めない] を選択すると、広告がこの縦横比でプレースメントに表示されなくなります。
  14. [保存] を選択します。

広告クリエーターについて

マルチメディア広告の広告クリエーターのエクスペリエンスが再設計され、スマート効果を適用したり、広告に含めたい画像をお客様の Web サイトから選択したりできるようになりました。

  • Web サイトの画像を使って時間を節約できます。Web サイトから広告に画像を簡単に追加できます。 [画像の追加] > [Web サイトの画像] を選択して、広告に表示する画像を選択します。
  • 画像をより優れたものにすることができます。画像にスマート効果を適用して、競合他社に差を付けましょう。 サムネイルの一覧で画像の下にある鉛筆アイコン 鉛筆アイコン > [スマート効果] を選択し、デザイン効果、背景のぼかし、背景色のいずれかを選択します。

マルチメディア広告のベスト プラクティス

  • 既存の広告グループにマルチメディア広告を作成する。 最適なパフォーマンスを得るには、パフォーマンスを分析し、結果を促進するために、1.91 : 1、1 : 1、1 : 2 または 4 : 1 の 4 つの縦横比すべてで画像アセットを使用することをお勧めします。
  • 可能な限り多くのアセットを提供します。 最大 15 個の見出し、4 つの説明文、16 個の画像を使用でき、各種の行動を促すフレーズのボタンのうちいずれかを選択できます。 同じようなフレーズを含まない見出しを、少なくとも 8 個 から 10 個は使用することをお勧めします。 どのデバイスでもスペースを最大限に活用するために、短い見出しと長い見出しを組み合わせて使います。 キーワードに関連した見出しを作成して、少なくとも 1 つのブランド名を使います。
  • コンテンツを明確にします。くどい言い回しを避け、変化に富む説明文を作成します。 商品やサービスのメリットと特長、明確な行動を促すフレーズ、発送と返品に関する詳しい情報を含めます。
  • 画像は以下の許可されたファイル形式を使用されていることを確認してください: GIF (アニメーションなし)、PNG、JPG、JPEG。

マルチメディア広告の最適化案を提示できます

Microsoft Advertising は、パフォーマンスが芳しくない広告グループのために、追加の広告案を作成できます。 最適化案の概要、適用方法、オプトアウトの方法については、こちらをご覧ください

入札単価調整

マルチメディア広告の入札単価は、キャンペーンごとまたは広告グループごとに、マルチメディア広告の入札単価調整値を指定することで調整できます。 広告グループに対して設定された入札単価調整は、キャンペーンの入札単価調整より優先されます。 マルチメディア広告の入札単価調整は、Microsoft Advertising のキャンペーンに対するその他の入札単価調整と同じように適用され、広告グループの入札単価に対する増加率 (%) として指定されます。 マルチメディア広告の入札単価調整は、+20% から +900% の範囲で指定できます。 マルチメディア広告はほかの広告タイプと競合しないので、最小の既定値の入札単価を使用することをお勧めします。

マルチメディア広告の商品オファーについて

注意

一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

マルチメディア広告で商品オファーを有効にして、Microsoft マーチャント センター の店舗のカタログに掲載されているブランドや商品を、魅力が伝わるように紹介しましょう。 マルチメディア広告の商品オファーは、視覚に訴える大きな画像を使ってブランドの認知度を高め、潜在顧客にお客様のビジネスと販売商品に関する詳しい情報を提供することで、Web サイトのクリック数と売上を増加させることができます。 すべてのマルチメディア広告がこのエクスペリエンスの対象になります。

マルチメディア広告の商品オファーの利用を開始する方法
  1. まず、マーチャント センター の店舗を設定してカタログ フィードをアップロードする必要があります (まだの場合)。
  2. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[設定] の順に選択します。 次に、マルチメディア広告の商品オファーを有効にする、適切な検索キャンペーンを選択します。
  3. [ストア] で、ドロップダウン メニューを使用して、このキャンペーンの対象となる商品オファーを含む マーチャント センター の店舗を選択します。 注: このキャンペーンの対象となる店舗を選択すると、後から変更することはできなくなります。
  4. [商品] で、[すべての商品] または [フィルターされた商品] を選択します。 商品にフィルターを適用する場合は、最大 7 つのフィルター条件を選択できます。 注: このキャンペーンの対象となる商品オファーを選択すると、後から変更することはできなくなります。
  5. [販売国/地域] で、事前に設定されたリストから国/地域のオプションを選択します。 注: このキャンペーンの対象となる販売国/地域を選択すると、後から変更することはできなくなります。
  6. [保存] を選択します。
  7. 上記の手順に従って、新しいマルチメディア広告を作成します。 キャンペーンを マーチャント センター の店舗にリンクしたことを確認してください。

動的広告グループのマルチメディア広告について

注意

一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

注意

動的広告グループの適格性に応じて、マルチメディア広告のキャンペーン設定で動的検索広告を有効にします。 詳細については、動的検索広告について を参照してください。

動的広告グループのマルチメディア広告は、顧客が大きなビジュアル画像を使用して、製品やサービスを見つけられるように、合理化されたロータッチの方法を提供します。 アカウント レベルのオプションで動的広告グループでマルチメディア広告を有効にすると、Web サイトとキャンペーン情報に基づいて、作成した動的広告グループごとに 1 つのプレースホルダー マルチメディア広告が自動的に生成されます。 つまり、広告を作成するために自分で何かする必要はありません。 最適化により、広告の配信中にマルチメディア広告に Web サイトから視覚的イメージが動的に埋め込まれます。 マルチメディア広告は、一時停止または削除しない限り、配信の対象となります。

マルチメディア広告を作成するのが新規の動的広告グループか既存の動的広告グループかによって、広告作成プロセスは異なります。 動的広告グループでマルチメディア広告をオプトインした後で、新規の動的広告グループのマルチメディア広告を作成するには、「動的広告グループのマルチメディア広告の利用を開始する」を参照してください。 動的広告グループ—でマルチメディア広告をオプトインする前に作成した動的広告グループなど、既存の動的広告グループ—のマルチメディア広告を作成するには、「既存のダイナミック広告グループのマルチメディア広告を作成する」を参照してください。

動的広告グループのマルチメディア広告の利用を開始する
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[アカウントごとのオプション] の順に選択します。
  2. [動的広告グループでマルチメディア広告を有効にする] で、チェックボックスをオンにします。
  3. 動的広告グループを作成するための 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[広告グループ]、[広告グループ] の順に選択します。 。
  4. [作成] を選択します。
  5. ドロップダウン メニューからキャンペーンを選択します。
  6. [次へ] を選択します。
  7. [広告グループの種類] で、[動的] を選択します。
  8. この広告グループの適切な情報を入力します。
  9. [動的広告ターゲットの作成] で、Web ページ、すべての Web ページ、または特定の Web ページのカテゴリをターゲットにするかどうかを選択します。
  10. 選択した動的広告ターゲットの入札額を入力します。
  11. [広告の作成] を選択します。

    : この広告グループには、少なくとも 1 つの動的検索広告を作成する必要があります

  12. 適切な広告情報を入力します。 動的検索広告の作成と広告コンテンツについて知っておくべきことの詳細については、動的検索広告について を参照してください。
  13. [保存] を選択します。
  14. 入札単価とターゲット、広告グループの詳細設定、広告グループのターゲットを入力します。
  15. [保存] を選択します。
注意
  • 新規の動的広告グループを作成すると、プレースホルダー マルチメディア広告が自動的に作成されます。 お客様側でこれ以上の操作は必要ありません。 最適化により、広告の配信中にプレースホルダー広告が動的に埋め込まれます。
  • 動的広告グループの詳細については、動的検索広告について を参照してください。
既存の動的広告グループのマルチメディア広告を作成する
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[アカウントごとのオプション] の順に選択します。
  2. [動的広告グループでマルチメディア広告を有効にする] で、チェックボックスをオンにします。
  3. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[ 広告と&広告表示オプション ]、[広告] の順に選択します。
  4. [作成] を選択します。
  5. 適切な既存の動的広告グループを選択します。
  6. [広告タイプ] で、[マルチメディア広告] を選択します。
  7. [保存] を選択します。

: [保存] を選択すると、既存の動的広告グループのプレースホルダー マルチメディア広告が作成されます。 広告の配信中にプレースホルダー広告が動的に埋め込まれます。

動的広告グループのマルチメディア広告をオプトアウトする
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[アカウントごとのオプション] の順に選択します。
  2. [動的広告グループでマルチメディア広告を有効にする] で、チェックボックスをオフにします。

注意

オプトアウト後は、新しいプレースホルダー広告は作成されません。 しかし、既存のプレースホルダー広告は、一時停止するか削除しない限り引き続き実行されます。 オプトアウト後は、既存のプレースホルダー広告を編集または更新することはできません。 マルチメディア広告を一時停止または削除するには、以下を参照してください。

動的広告グループのマルチメディア広告を一時停止または削除する
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[ 広告と&広告表示オプション ]、[広告] の順に選択します。
  2. 目的の広告の横にあるチェックボックスを選択します。
  3. [編集] > [有効化][一時停止] または [削除] を選択します。

See more videos...