クレジット カード広告を使用して商品やプロモーションを紹介する

クレジット カード広告の詳細を確認します。
重要
  • 拡張テキスト広告を、2023 年 2 月 1 日までにレスポンシブ検索広告にアップグレードしてください。 この日付を過ぎると、拡張テキスト広告を新規作成したり、編集したりすることをできなくなります。
  • 既存の拡張テキスト広告は引き続き配信され、拡張テキスト広告は引き続き一時停止、有効化、削除できます。
  • 拡張テキスト広告は動的に広告を生成するために使用するプレースホルダーであるため、この変更は以前に作成したクレジット カード広告には影響しません。 今後は、クレジット カード広告用にレスポンシブ検索広告を作成してください。
  • この変更の詳細については、「レスポンシブ検索広告について」を参照してください。
注意

クレジット カード広告はグローバルに利用可能ですが、市場レベルの制限を参照してください。

クレジット カードの商品やプロモーション (リワードやキャッシュバック率など) を紹介しましょう。 マイクロソフトがお客様の Web サイトをクロールしてコンテンツを生成することはありません。 代わりに、クレジット カード広告は、ビジネス データ (カード発行者、年会費、サインアップ ボーナスなど) を含むフィード ファイルで指定したデータに基づいて動的に生成されます。 フィード ファイルに記載する情報が詳細であるほど、広告に含まれる情報も詳細になります。

クレジット カード広告を使用するメリット

  • カスタマイズされた広告。 フィードの送信とスケジュール設定を行い、お客様が指定した属性に基づいて、関連性の高いパーソナライズされた広告を作成します。
  • 広告費用対効果が改善されます。 ボリュームが増加し、クリック率 (CTR) が向上し、クリック単価 (CPC) が減少します。
  • 自動化により時間を節約できます。キーワードは不要で、Microsoft AI の自動化機能によりフィード ファイルに基づいて広告が作成され、一括アップロードに完全に対応しています。

利用を開始する

注意

クレジット カード広告は、オーディエンス キャンペーンやショッピング キャンペーンでは利用できません。

クレジット カード広告の利用を始めるには、プレースホルダーとして機能するレスポンシブ検索広告の検索キャンペーンを作成する必要があります。 その後、そのキャンペーンを参照する動的データ フィード ファイルを作成します。 フィード ファイルから情報を取得し、広告コピーを生成してクレジット カード広告を作成します。また、レスポンシブ検索広告の設定を使用して、ターゲティングと最適化を行います。

  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[キャンペーン]、[キャンペーンの作成] の順に選択します。
  2. キャンペーンの目標を適切に選択すると、そのキャンペーンに最適な機能が提案されます。 どのような目標を選択しても、Microsoft Advertisingのすべての機能を使用できます。
  3. [検索広告]、[次へ] の順に選択します。
  4. キャンペーン作成ウィザードの手順に従ってください。 検索キャンペーン作成ウィザードのさまざまなステップの詳細については、こちらを参照してください。
  5. [キャンペーン設定] で以下の操作を行います。
    1. "CreditCardAds" を [キャンペーン名] に含めます (たとえば、CreditCardAds_Campaign1)。
    2. 免責事項を追加する場合は、[Disclaimer] (免責事項) の横のチェック ボックスを選択します。 広告の免責事項は、クレジット カード広告の場合はオプションです。

      クレジット カード広告には、ポップアップ レイアウト のみが利用できます。

      注: このオプションを有効にできるタイミングは、キャンペーン作成中のみです。

    3. 免責事項の名前免責事項のタイトル免責事項の情報最終 URL、および該当する場合はモバイル URL を指定します。 より多くの情報をご提供いただくことで、今後の広告エクスペリエンスをより良いものにできます。

    4. [保存] を選択して、次のステップに進みます
  6. [広告グループ] で以下の操作を行います。
    1. 広告グループを少なくとも 1 つ作成します。 将来のパフォーマンスを最適化するために、異なる入札単価で複数の広告グループを作成できます。
    2. それぞれの広告グループに対して 1 つのキーワードのみを作成します。 顧客が入力する可能性が低い、あいまいなプレースホルダー キーワードを選択する必要があります。 あいまいさを確保するために、文字、数字、特殊文字の組み合わせを使用することをお勧めします。

      完全一致を指定するには、キーワードを大括弧 ([ ]) で囲む必要があります。

      注:「クレジット カード」などのキーワードを避けて、キャンペーンがクレジット カード広告としてのみ機能するようにしてください。

    3. [Save & go to the next step] (保存して次のステップに進む) を選択します。
  7. <!--&-->[広告と広告表示オプション][Standard ad groups] (標準広告グループ) の下で、[広告の作成] を選択します。
    1. [広告タイプ] ドロップダウン メニューから [レスポンシブ検索広告] を選択します。
    2. クレジット カード広告で表示 URL として使用される [最終ページ URL] を入力します。 この広告には、動的データ フィード ファイルの属性が動的に事前設定されるため、その他の詳細は省略できます。
    3. [保存] を選択して続行します。

      メモ: 複数の広告グループを作成した場合は、それぞれに 1 つのレスポンシブ検索広告を作成する必要があります。 それぞれの広告グループに対して複数のレスポンシブ検索広告を作成しないでください。

    4. [Save & go to the next step] (保存して次のステップに進む) を選択します。
  8. [予算 & 入札単価] で、[入札戦略] ドロップダウン メニューから [拡張クリック単価] を選択します。
  9. [保存] を選択します。
注意

作成した免責事項は常に広告に表示されますが、Microsoft Advertising がこの機能の強化に伴い、ご提供いただくデータの増加に基づいて変更される場合があります。 詳細については、「広告の免責事項」をご覧ください。

See more videos...