Google Adsからショッピング キャンペーンをインポートする

Google Adsから Microsoft Advertisingに、ショッピング キャンペーンに関する Merchant Center ストアの情報をインポートできます。

すでに Google Adsを使用して Google に広告を表示している場合は、Bing に同じ広告を掲載できるように、これらのキャンペーンを Microsoft Advertisingにインポートできます。

ショッピング キャンペーンを Google Adsから Microsoft Advertisingにインポートできるのは、Microsoft マーチャント センター ストアがある場合のみです。 ストアがない場合、ショッピング キャンペーンは Google Adsからその他のキャンペーンや設定と一緒にインポートされません。 まだストアがない場合は、マイクロソフトがセットアップを支援します。

利用を開始する

利用を開始するには、「Google Adsからキャンペーンを直接インポートする」の手順に従います。 Google Adsアカウントを選択するか、アカウント内の特定のキャンペーンを選択します。 Google 広告からショッピング キャンペーンをインポートしようとしていることが検出された場合は、既存のストアを使用するか、新規ストアを作成するかを選択するオプションが表示されます。

ストアを選択するためのステップに進み、インポートするショッピング キャンペーンに適したストアをガイドに従って選択できます。 インポート内容に基づいて、これらのショッピング キャンペーンに使用されている一意の Google マーチャント センター ストアが判断されます。 ストアは 1 つの場合もよくあります。

ストアを選択する前に、Google マーチャント センター アカウントにサインインすることをお勧めします。 このようにすれば、マイクロソフトがストア名やドメインなどの詳しい情報を確認でき、選択するストアの提案に役立ちます。

注意

ただし、Google Adsアカウントによっては、Google マーチャント センター ストアにアクセスできない場合があります。 Google マーチャント センター にアクセスできる Google アカウントからのログインを試みてください。 それでもアクセスできない場合は、—ドラフト ストアを作成して、後でセットアップを行うこともできます。

どの Google マーチャント センター ストアがどの Microsoft マーチャント センター ストアにマップされるかが保存され、今後のインポートにはこれらのマッピングが適用されます。 これらの設定は、管理者アカウント内のすべてのインポートに適用されます。

ストア選択のオプションには以下の 3 つがあります。

  • 既存の Microsoft マーチャント センター ストア。 既存の Microsoft マーチャント センター ストアを選択してショッピング キャンペーンに使用できます。 既定では、一致するストアをマイクロソフトが提案しますが、選択はいつでも変更できます。
  • Google マーチャント センター ストアをインポートする。 Google マーチャント センター にログインしている場合は、そのストアを Microsoft マーチャント センター にインポートできます。 これにより、Google マーチャント センター ストアと同じ名前、ドメイン、設定を使用する Microsoft マーチャント センター ストアが作成されます。 場合によっては、これらの選択項目は読み取り専用になります。 これは、インポート ツールによって Google マーチャント センター から Microsoft マーチャント センター への完全な一致が検出されてロックされたことを意味します。 Google マーチャント センター の資格情報を使用して Microsoft マーチャント センター ストアを作成する場合は、Google からすべての商品がインポートされ、マイクロソフトがサポートする市場のフィードが作成されます。 そのインポートより後に Google マーチャント センター に追加された項目がある場合は、その項目を Microsoft マーチャント センター で手動で作成する必要があります。 フィードのインポートが完了すると、キャンペーンが開始されます。
  • ドラフト ストア。ドラフト ストアは、後で有効な承認済みストアに置き換えられる一時的なストアです。 このオプションを選択するのは、どのストアを選択すればよいかわからない場合、またはストアを後でセットアップしたい場合のみにしてください。 インポート プロセス中に検出された Google マーチャント センター ストアごとに、ドラフト ストアが 1 つずつ作成されます。 同じ Google マーチャント センター ストアを使用する複数のキャンペーンが存在する場合は、同じ Google マーチャント センター ストアを使用するすべてのキャンペーンにマップするドラフト ストアが 1 つ作成されます。 キャンペーンでドラフト ストアを使用している場合、これらのキャンペーンは有効になりません。 キャンペーンを開始するには、Microsoft マーチャント センター に進んでストアのセットアップを完了する必要があります。
注意

Microsoft Advertisingは、インポートとセットアップのプロセス以外の目的には、Google マーチャント センター のサインイン情報を使用しません。

ドラフト ストアのセットアップを完了する

ドラフト ストアのセットアップ プロセスを完了して、これらのストアを使用して作成されたショッピング キャンペーンを実行するには、Microsoft マーチャント センターで以下のいずれかのオプションを選択します。

既存のストアから選択する

既存のストアを選択して、ドラフト ストアを置き換えることができます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[Merchant Center]、[店舗の管理] (ショッピング カート アイコン) の順に選択します。
  2. 対処が必要なドラフト ストアの下で、[Complete setup] (セットアップの完了) を選択します。
  3. [Select from existing store] (既存のストアから選択) を選択します。
  4. ドラフト ストアを置き換えるストアを選択します (選択できるのは承認済みのストアのみです)。ストアを選択した後、そのドラフト ストアを含むすべてのキャンペーンが、選択したストアに更新されます。
  5. [Submit] (送信) を選択します。
新しいストアを作成する

ドラフト ストアをまったく新しいストアに更新することもできます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[Merchant Center]、[店舗の管理] (ショッピング カート アイコン) の順に選択します。
  2. 対処が必要なドラフト ストアの下で、[Complete setup] (セットアップの完了) を選択します。
  3. [Complete setup] (セットアップの完了) を選択します。
  4. ストア作成ウィザードによって指示される手順に従います。 ストアの作成についての詳細は、Microsoft マーチャント センター ストアの作成方法をご覧ください。

See more videos...