アカウント マップについて

アカウント マップを使用する方法を説明します。

アカウント マップにより、Microsoft Advertisingプラットフォーム上でアカウントがどのように構成されているかを詳しく確認できます。単純なフラット リストではなく、マルチレベルの階層構造でアカウントを表示できます。すべてのレベルで各種エンティティの実際の関係を明確に把握でき、アカウント管理が容易になります。

アカウント マップの利点

アカウント マップは、以下のことに役立ちます。

  • すべてのレベルでエンティティ間の関係を把握する。
  • アカウントがどのように構成されているかを詳しく確認する。
  • 特定のアカウントや管理者アカウントの階層内での位置を確認する。
  • 所有しているアカウントおよびリンクされたアカウントがどのようにグループ化、構成されているかを特定する。
  • エンティティを取り巻く直接の関係を確認する。
  • 階層内を上下に移動する。
  • アカウント管理を最適化する方法を特定する。

アカウント マップを開く

上部のメニューで [ツール]、[アカウント マップ] の順に選択します。

階層を操作する

アカウント マップを開くと、既定では階層内の管理者アカウントのみが表示されます。アカウントを確認する場合は、[Show accounts] (アカウントを表示) トグル スイッチをオンにして、表示するアカウントの種類を選択できます (すべてのアカウント、所有しているアカウント、またはリンクされたアカウント)。矢印をクリックして、階層内のノードを展開または縮小できます。

検索フィールドを使用して、アカウントの名前または番号でアカウントや管理者アカウントを見つけます。探しているアカウントがすでにビューにある場合は、そのアカウントのカードが強調表示されます。ビューにない場合は、ビューが変更されて、探していたアカウントが該当する箇所で強調表示されます。

ビューの一番上にある凡例を使用して、アカウント カードに表示されている内容を確認できます。表示される内容と表示方法は動的に変化しますが、以下の表を参考にすると、カードに表示される項目を理解するのに役立ちます。

アカウント カードに含まれる情報の例:
項目 説明
管理者アカウントの名前と番号 管理者アカウントの詳細。
直近 12 か月間の支出額 直近の期間に請求された広告支出額を選択した通貨で表示します。
直接の子 管理者アカウントの直下に子エンティティがいくつあるかを示します。
複数の親 このアカウントを管理している親が複数存在することを示します。
所有 (赤い線) アカウントの所有者を示します。
リンク (青い点線) このアカウントにリンクされたアカウントを示します。

See more videos...