マルチ プラットフォーム: クレジット カードと課金

マルチ プラットフォームへのクレジット カードとデビット カードの追加は簡単で安全です。しかし、問題が発生した場合は、この記事でトラブルシューティングのヒントをご覧ください。
注意

一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

メインのお支払い方法を追加すると、検索広告の掲載ができるようになります。 月次請求日は、お客様がマルチ プラットフォームに新規登録した日です。

ご利用限度額

請求限度額に達した時点か毎月の請求日を迎えた時点のいずれか早い時点で、メインのお支払い方法で課金されます。 ご利用限度額は、以下のように機能します。

  • Microsoft Advertising がメインのお支払い情報を検証するために、ユーザーの費用が 1 ドルに達すると弊社はユーザーに請求を行います。
  • $1 の 3 回の支払いが成功すると、請求のしきい値が $1 から $25 に増加します。
ご利用限度額の詳細については、こちらをご覧ください。

過去 10 日以内に、ご利用限度額に達した、またはアカウント残高を支払うことで、お支払いが完了した場合を除き、月次請求日にメインのお支払い方法に請求されます。 広告費が月に何度もご利用限度額に達した場合、そのたびにカードに課金されます。 検索広告とソーシャル広告の広告費を確認することはできますが、個々の広告プラットフォームの広告費を確認することはできません。

注意

請求のしきい値を表示するには、任意 マルチ プラットフォーム のページの右上隅にあるプロファイル画像を選択し、[課金と支払い] を選択します。 ご利用限度額は、[現在の検索広告残高] タイルに表示されます。

ご利用限度額は最初は低く、支払いが完了すると自動的に高くなります。 増額される金額は、お客様の通貨やその他の要因によって異なります。 また、お支払いに問題があった場合は、Microsoft Advertisingが請求限度額を自動的に減額します。

注意
  • 米国にある企業の場合、課金は Microsoft Online, Inc. によって管理されます。 Microsoft Advertising は広告費用に課税する必要はありません。
  • Microsoft Advertisingは税金に関する指導を行うことはできません。 ご不明な点がありましたら、お客様の税務顧問や地域の税務署までお問い合わせください。

前払い

プリペイド (前払い) アカウント をお持ちの場合、Microsoft Advertising に広告を表示するには、アカウントに資金を追加する必要があります。 いつでも手動で資金を追加するか、自動支払い (自動再チャージ) を設定して、オンライン広告が一時停止しないようにすることができます。 自動再チャージを設定していない場合、アカウントの残高がゼロになると、キャンペーンが一時停止され、資金を追加するまで広告は表示されません。

アカウントに追加できる資金の最大額は、請求先住所の国と、アカウントへの入金に使用している支払い方法によって異なります。 上限額は入金時に表示されます。

前払いアカウントへの資金提供は、お支払い方法に応じて、即時または最大 3 週間かかる場合があります。

前払いアカウントへ手作業で入金

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. [現在の残高] タイルで [請求の概要]、[入金] の順に選択します。
  4. [入金] フォームで、指示に従って操作します。 指示の内容はお支払い方法によって異なります。
  5. [今すぐ支払う] を選択します。

前払いアカウントでの自動再チャージの設定

自動再チャージに登録している場合、アカウントの残高が再チャージ額の 20% になると、主なお支払い方法に自動的に課金され、アカウントに入金されます。

自動再チャージを設定するには、主なお支払い方法として、カード、PayPal、または SEPA 口座振替を使用している必要があります。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. [請求の概要] で、[現在の残高] タイル、[自動再チャージを設定] の順に選択します。
  4. [自動再チャージ設定] のスイッチを右にスライドし、金額を選択または入力して、[保存] を選択します。
注意

広告費用が課税対象である場合。 お支払い金額から税金部分が減額されます。 課税額とアカウント残高にプラスされる金額は、入金時に見積りできます。

お支払い方法を追加する

クレジット カードまたはデビット カードをお支払い方法として追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. マルチ プラットフォーム ページの右上にあるプロフィール画像を選択し、[請求と支払い] を選択します。
  2. [検索広告の支払い] タイルで、[新しいカードを追加する] を選択します。
  3. ドロップダウン リストで、お支払い方法の種類を選択します。
    • 主要な支払い方法: メインのお支払い方法検索広告の請求に使用されるお支払い方法です。
    • バックアップ支払い方法: メインのお支払い方法ですべての請求金額が賄えなかった場合に使用されるお支払い方法です。
    • 追加の支払い方法: 追加のお支払い方法1 回限りのお支払いや、後でメインまたは予備のお支払い方法として設定した場合にのみ請求が発生するお支払い方法です。
  4. クレジット カードまたはデビット カードの番号をスペースや句読点を入れずに入力します。
  5. 残りの請求詳細を入力し、[保存] を選択します。

削除できるお支払い方法は、追加と分類されたもののみです Microsoft Advertisingにカードが 1 枚しかない場合は、別のカードを追加し、それを新しいメイン カードとして割り当てます。 更新されたら、以前のメイン カードを削除できます。 バックアップのお支払い方法を削除するには、まずそれを追加のお支払い方法として指定する必要があります。

有効期限が切れている、無効なお支払い方法に関連付けられている場合、またはお支払い拒否が多すぎる場合、無効なアカウントを再度有効にすることはできません。 有効なお支払い方法を追加できない場合は、新規アカウントを作成し、そのアカウントでクレジット カードまたはデビット カードの情報を入力してください。

注意

Microsoft Advertisingは、プロモーション オファーやクーポンを提供することがあります。 プロモーション オファーをリクエストすることはできませんが、Microsoft Advertisingのプロモーション イベント、オンライン マーケティング ドライブ、またはその他スペシャルオファーを通じて提供されています。 プロモーション オファーでは、場合によっては最初に広告キャンペーンにお金をかけて広告クレジットを取得する必要があります。 [プロモーション オファー] タイルは、[請求と支払い] ページに表示されます。

一括払いする

ご利用限度額に達する前、または次回の課金日の前に、お使いのアカウントに課せられた料金を支払うことができます。 分割払いはできません。

  1. 任意の マルチ プラットフォーム ページの右上隅にあるプロフィール画像を選択し、[課金と支払い] を選択します。
  2. [現在の検索広告残高] タイルから[アカウント残高を支払う] を選択します。
  3. 使用するお支払い方法を選択します。
  4. [今すぐ支払う] を選択します。

クレジット カードとデビット カードに関する要件

クレジット カードとデビット カードに関する以下の要件にご留意ください。

  • マルチ プラットフォーム では、クレジット カードとデビット カード (例: VISA、MasterCard、American Express、Discover Network) のみご利用いただけます。 プリペイド カードでのお支払いには対応していません。
  • これらの口座入金オプションは通常すぐに反映されますが、カード処理システムの遅延がある場合は最大 24 時間かかる場合があります。
  • マルチ プラットフォーム では PayPal、銀行振込、SEPA 口座振替、小切手の支払いは現在のところ利用できません 。
  • マルチ プラットフォームでは、お支払いの際に暗証番号 (PIN) /セキュリティ認証の入力が必要なカードはご利用いただけません。
  • カードに記載されている名前を正確に入力します。 カードに記載されている場合にのみ、ミドルネームのイニシャルを入力します。
  • 住所が[住所 1]のフィールドを超える場合は、[住所 2]のフィールドをご使用ください。 住所の短縮や省略を行わないでください。
  • カード番号と種類は編集できないため、間違えた場合は正しい情報で新規に追加する必要があります。

以下の場合は、クレジット カード会社にお問い合わせください。

  • お使いのカードがオンライン購入と自動請求に使用することが許可されているか確認したい場合。
  • クレジット カードの有効期限が切れている、紛失・盗難の報告がある、取引限度額に達している、または新規発行で有効化されていない場合。
  • 要求された多要素認証に失敗した場合。 オンライン詐欺や口座への不正アクセスを防ぐために、銀行が多要素認証を要求している場合があります。 ワンタイム パスコードが機能しなかった場合は、コードを再送するか、カードを再度追加してください。 それでも問題が解決しない場合は、お客様の情報を確認するため、銀行にお問い合わせください。 詳細については、「決済サービス指令 2 と強力な顧客認証」をご覧ください。

サブスクリプション プランの課金

注意

一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

お客さまの便宜のため、またサービスの中断を避けるため、サブスクリプションは自動的に毎月更新されます。 メインのお支払い方法は、毎月の請求日の 24 時間前に請求され、その旨を示す支払い領収書を受け取る場合があります。 これは、課金時に残高が残っていることを確認するためです。それ以外の場合は、アカウントが一時停止される可能性があります。 いつでもサブスクリプション プランを取り消すことができます。

See more videos...