類似オーディエンス: 条件の合う広範囲の顧客にアプローチ

類似オーディエンスを使用して、条件の合う広範囲の顧客に広告を表示する方法について説明します。
注意

この機能はすべてのお客様が利用できるわけではありません。近日中にご利用いただけるようになりますので、しばらくお待ちください。

既存のリマーケティング リストに基づいて Microsoft Advertisingが自動的に生成した類似オーディエンスを利用して、条件の合うより多くの顧客とつながりましょう。類似オーディエンスは、すでにターゲットにしている人物と行動や属性が似ている新規顧客をユーザーにつなげます。

類似オーディエンスの仕組み

注意
  • Microsoft Advertisingで類似オーディエンスを生成するには、少なくとも 300 人のユーザーとの関連付けが有効なリマーケティング リストが 1 つ以上必要です。
  • 類似オーディエンスを有効なキャンペーンまたは広告グループに関連付ける前に、検索ネットワークまたは Microsoft Audience Network 上には少なくとも 300 人のユーザーが必要です。
  • 類似オーディエンスの構築には最大 24 時間かかり、ターゲティングは構築されるまで有効になりません。

類似オーディエンスでは、お客様に代わって Microsoft Advertisingがすべての作業を行います。リストに記載された人物と似た属性を示す新規見込み顧客を見つけるために、既存のリマーケティング リストを分析し、Microsoft Search ネットワーク 上の検索しているユーザーと Microsoft Audience Network の訪問者を徹底的に捜します。Microsoft では、検索履歴、Bing でのアクティビティ、その他の Microsoft のプロパティなどを含むさまざまな信号に加え、ユーザー プロファイル データに基づいて、この分析を行います。

十分な大きさの類似オーディエンスを特定できた場合は、すぐに利用することができます。

類似オーディエンスの利用

利用できる類似オーディエンスがあるかどうかは、どうすればわかりますか?expando image
  1. 上部のメニューで [ツール]、[オーディエンス] の順に選択します。
  2. Microsoft が特定した類似オーディエンスについては、[タイプ] の下にある "[リマーケティング リスト名] に類似" テーブルに表示されます。
  3. [オーディエンス ステータス] 列で類似オーディエンスを確認してください。詳細については「自身のオーディエンス ターゲティング ステータスの確認」を参照してください。
類似オーディエンスをターゲットにする方法expando image
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[オーディエンス] の順に選択します。
  2. [関連付けの作成] を選択します。
  3. 類似オーディエンスと関連付けたい広告グループまたはキャンペーンを選択します。
  4. [広告グループのターゲティング] または [キャンペーンのターゲティング] で、オーディエンス オプションのドロップダウン リストから [類似オーディエンス] を選択します。
  5. オーディエンスを選択します。
  6. [ターゲティング設定] を選択します。
    • [入札単価のみ]: 広告を検索しているユーザーに広告を表示します。選択したオーディエンスを対象に入札単価調整を行うオプションがあります。
    • [ターゲットと入札単価]: 選択したオーディエンスのみに広告を表示します。入札単価調整を行うオプションがあります。
  7. [デフォルトの入札単価調整] を調整します。既定では、新しいターゲティングの関連付けは 15% に設定されていますが、入札単価調整の範囲は -90% から +900% です。
  8. [保存] を選択します。
既存の類似オーディエンスの関連付けを管理する方法expando image
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[オーディエンス] の順に選択します。
  2. テーブルから編集したい既存のオーディエンスの関連付けを選択します。
  3. オーディエンスを一時停止または除外するか、入札単価調整を変更するには、[編集] を選択します。

注意

類似オーディエンスは、オーディエンス ターゲティング オプションの 1 つにすぎません。

See more videos...