IF 関数について

見込み顧客が検索している内容に基づいて、IF 関数を使用して、特定のテキストを表示するように広告をカスタマイズします。

見込み顧客が検索している内容に基づいて、IF 関数を使用して、特定のテキストを表示するように広告をカスタマイズします。IF 関数は、検索ネットワーク用に拡張テキスト広告で使用される特定のパラメーターです。何かを検索していて条件が一致すると、指定されたテキストによってパラメーターが置き換えられます。

以下に、拡張テキスト広告に IF 関数を追加する方法手動で IF 関数を作成する方法特殊文字をバックスラッシュ (\) でエスケープする方法について説明します。

なぜ IF 関数を使用するのか?

  • 時間の節約!IF 関数を使うと、さまざまなデバイスやオーディエンスに対して個別のキャンペーンや広告グループを作成する必要性が低くなります。顧客のデバイスや特定のオーディエンス セグメントに基づいて、1 つの拡張テキスト広告をメッセージでカスタマイズできます。
  • 正しい時間に、正しい人に、正しいメッセージを送信。拡張テキスト広告は、2 つの対象、デバイスとオーディエンスに基づいてカスタマイズされます。

以下に、IF 関数のサポート対象と、広告フィールドに直接入力する必要がある構文を示します。

対象 構文 表示される内容
デバイス モバイル {=IF (device = mobile, text to insert): default text} ユーザーがモバイル デバイスを使用している場合、IF 関数全体が “text to insert” の値で置き換えられます。その他の場合には、事前に設定された “default text” が使用されます。詳細については、ターゲティングをご覧ください。
オーディエンス 任意の有効なオーディエンス リスト名 {=IF (audience IN (<audience list 1>, <audience list 2>), text to insert): default text} ユーザーが “audience list 1“ または “audience list 2“ に入っている場合、IF 関数は “text to insert” で置き換えられます。その他の場合には、事前に設定された “default text” が使用されます。詳細については、オーディエンス オプションをご覧ください。

必要事項

  • これらのルールの制限は Google 広告のルールほど厳しくありませんが、Google 広告のルールは Microsoft 広告にも当てはまります。Google 広告の拡張テキスト広告を使用する場合、変更は必要ありません。
  • IF 関数では、{ } を含むオーディエンス名は使用できません。
  • 1 つの IF 関数構文では、デバイスとオーディエンスの両方を参照することはできません。

拡張テキスト広告に IF 関数を追加

IF 関数はブラケットで囲み、URL フィールドを除いて、拡張テキスト広告内の任意の位置に挿入できます。

  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[ 広告と&広告表示オプション ]、[広告表示オプション] の順に選択します。
  2. [広告の作成] を選択します。
  3. [広告グループ] ドロップダウン メニューから [広告グループを選択] を選択して広告を選びます。
  4. [拡張テキスト広告][拡張テキスト広告] を選択します。
  5. “タイトル” フィールドまたは “広告テキスト” フィールドで、IF 関数を置く場所に始め波かっこ ( { ) を入力します。
  6. 表示されるドロップダウン メニューで、[IF function] (IF 関数) を選択します。
  7. [デバイス] (モバイルのみ) で対象を決める場合、表示するテキストを “Then only” (その時のみ) フィールドに入力します。また、エンドユーザーがモバイル デバイスを使用していない場合に表示されるテキストを、“Otherwise (optional)” (その他の場合 (オプション)) に追加できます。

    [オーディエンス] で対象を決める場合、[If] (IF) ドロップダウン メニューから [オーディエンス] を選択して、対象とするオーディエンス リストを選びます。選択したオーディエンス リストにエンドユーザーが存在しない場合に表示されるテキストを、“Otherwise (optional)” (その他の場合 (オプション)) に入力することをお勧めします。これにより、広告が確実に表示されます。

  8. [適用する] を選択します。
  9. [保存] を選択します。
Microsoft 広告 Bing Search
見出し 1:Contoso Shoes
見出し 2:サマーセル実施中
見出し 3: ベストセレクションをどうぞ
説明文: シューズのベストセレクションをご覧ください。{=IF (device = mobile,モバイル注文で無料配達!):無料配達!}
モバイル

Mobile ad example with IF function


デスクトップ

Desktop ad example with IF function

見出し 1:Contoso Jewelry
見出し 2: こちらで{=IF(audience in(/Apparel&Accessories), 女性向け宝石のベストセレクション):女性向け宝石}をご覧ください
見出し 3: お手ごろなお値段
説明文: ご自分へのご褒美に、お求めやすい宝石はいかがですか!
オーディエンス = アパレル & アクセサリー

Audience ad example with IF function


その他のオーディエンス

Other audiences ad example with IF function

IF 関数を手動で作成

[広告の作成] 入力ボックスに直接入力するか、スプレッドシートで一括アップロードするか、または Microsoft Advertising エディターを使用して手動で IF 関数を作成できます。正しく入力できるように、以下に IF 関数のコンポーネントの例を示します。

{=IF (device = mobile,モバイル注文で無料配達!):無料配達!}
コンポーネント 必要事項
{ ... } 必須。IF 関数の構文全体を、中かっこ (波かっこ) 内に置く必要があります。
=IF 必須[Then insert] (その場合に挿入) ボックスで定義したテキストがタイトル、パス、または広告テキスト フィールドに表示されるためには、このコンポーネントが一致する必要があります。
( ... ) 必須。構文のその他のコンポーネントは、かっこ内に記述する必要があります。メモ: かっこ内の個々のコンポーネントは、コンマで区切る必要があります。
"device" ユーザーがモバイル デバイスを使用している場合、IF 関数全体が “text to insert” の値で置き換えられます。その他の場合には、事前に設定された “default text” が使用されます。
"モバイル注文で無料配達!" ユーザーがモバイル デバイスを使用している場合、IF 関数全体が “text to insert” の値で置き換えられます。その他の場合には、事前に設定された “default text” が使用されます。
"無料配達!" オプション:IF 関数が一致しない場合に、タイトル、パス、または広告テキスト フィールドに表示されるテキストです。
{=IF(audience in(/Apparel&AccessoriesAccessories), 女性向け宝石のベストセレクション):女性向け宝石}
コンポーネント 必要事項
{ ... } 必須。IF 関数の構文全体を、中かっこ (波かっこ) 内に置く必要があります。
=IF 必須[Then insert] (その場合に挿入) ボックスで定義したテキストがタイトル、パス、または広告テキスト フィールドに表示されるためには、このコンポーネントが一致する必要があります。
( ... ) 必須。構文のその他のコンポーネントは、かっこ内に記述する必要があります。メモ: かっこ内の個々のコンポーネントは、コンマで区切る必要があります。
"audience in(/Apparel&AccessoriesAccessories)" ユーザーがオーディエンス リストに存在する場合、IF 関数全体が “text to insert” の値で置き換えられます。その他の場合には、事前に設定された “default text” が使用されます。
"女性向け宝石" IF 関数の条件が一致した場合に、タイトル、パス、または広告テキスト フィールドに表示されるテキストです (二重引用符で囲む必要があります)。
"女性向け宝石のベストセレクション" オプション:IF 関数が一致しない場合に、タイトル、パス、または広告テキスト フィールドに表示されるテキストです。

特殊文字をバックスラッシュ (\) でエスケープ

オーディエンス名やテキスト フィールドで使用される特定の特殊文字によって、構文が中断する場合があります。その場合には、バックスラッシュ (\) で特殊文字をエスケープします。以下に、これらの文字が IF 関数の構文で参照される場合のルールを示します。

構文フィールド エスケープ対象の文字 システムが認識する内容
Audience name ) と , {=IF(audience IN (Audiencelist\)te\,st),Insert text):Default text } Audience name = Audiencelist)te,st
Insert text ) {=IF(audience IN (Audience list),Insert \)text):Default text } Insert text = Insert )text
Default text } {=IF(device = mobile, Insert Text):Default\}text} Default text = Default }text
全フィールド \ {=IF(audience IN (Audience\\list),Insert text):Default text } Audience name = Audience\list

See more videos...