動的リマーケティング リスト: 製品向けリマーケティング

特定の商品と関わった顧客をリマーケティングする動的リマーケティング リストの作成方法について説明します。
注意

動的リマーケティング リストは、以前は小売店向け動的リマーケティングと呼ばれていました。

動的リマーケティング リストでは、Web サイトで閲覧、検討、または購入された商品に基づいて、顧客と特定の商品のペアリングを行います。 動的リマーケティング リストは、検索キャンペーンとオーディエンス キャンペーンの両方で使用できます (まだすべての顧客がオーディエンス キャンペーンの対象となっているわけではありません)。

動的リマーケティング リストを使用する理由

オーディエンス リーチの絞り込み。 すでに購入意思を示しているユーザーに当該商品のカスタマイズされた広告を表示します。

パフォーマンスの向上。 動的リマーケティング リストはクリックやコンバージョンの確度を上げることができ、標準的なリマーケティング リストよりも高い広告の費用対効果を得ることができます。

使いやすさ。 "一般訪問者"、"商品を検索したユーザー"、—"商品を閲覧したユーザー"、"ショッピング カートを放棄したユーザー"、"過去の購入者" の 5 種類の動的リマーケティング リストを—作成できるため、商品別にリマーケティング リストを作成する必要はありません。

オーディエンスのテスト

動的リマーケティングを設定し始める前に、以下を用意してください。

  • Microsoft マーチャント センター のカタログ フィードMicrosoft マーチャント センター とは何ですか?
  • JavaScript UET タグ: Microsoft Advertising UET タグを作成し、その UET タグ トラッキング コードを Web サイトの全ページに追加します。 ページ タイプと製品 ID の 2 つの新しいパラメーターを UET タグに追加する必要があります (この製品 ID は Microsoft マーチャント センター のカタログ フィードの ID と同じでなければなりません)。 詳細については以下の「動的リマーケティング用に UET タグを変更する方法」セクションを参照してください。
    • JavaScript は、コンバージョン トラッキングとリマーケティングのすべての機能にアクセスするために必要です。 JavaScript 以外のタグを使用している場合は、JavaScript タグに切り替えてください。
  • Web サイトのコードを編集する機能: 自分または Web マスターが Web サイト コードを編集する必要があります。

動的リマーケティングの使用

動的リマーケティング リストの作成方法 expando image
  1. 上部のメニューで [ツール]、[オーディエンス] の順に選択します。
  2. [Create] (作成) を選択します。
  3. オーディエンスに一意の名前を付けます。
  4. [タイプ][動的リマーケティング リスト] を選択します。
  5. [次へ] を選択します。
  6. 使いたい UET タグを選択します。
  7. [オーディエンスに追加するユーザー] には、ターゲットにする動的リマーケティング リストのタイプを選択し、対象となる顧客の概算時間を設定します。
    動的リマーケティング リストリストの用途
    一般訪問者幅広い潜在顧客層にリーチするため。Web サイトにアクセスし、ブランドやオファリングに関心を示した訪問者。
    商品を検索したユーザー購入意思を示しているユーザーにリーチするため。Web サイトにアクセスし、さらにサイトで商品を検索してオファリングにより強い関心を示したユーザー。
    商品を閲覧したユーザー購入意思をはっきり示しているユーザーにリーチするため。 Web サイトにアクセスし、さらに商品を閲覧してオファリングにはっきりと関心を示したユーザー。
    ショッピング カートを放棄したユーザー強い購入意思を示しているユーザーにリーチするため。 カートに商品を追加しており、購入はしなかったものの、オファリングに非常に強い関心を示したユーザー。
    過去の購入者過去に購入したことのあるユーザーにリーチするため。 同じ商品や関連商品を (クロスセルまたはアップセルによって) もう一度購入する可能性のあるユーザー。
  8. ページ上のコードをコピーし、適切な製品 ID とページ タイプに変更し (詳しくは、以下の「動的リマーケティング用に UET タグを変更する方法」セクションを参照)、その後 Web サイトの UET タグに貼り付けます。
  9. [タグ名] については、この動的リマーケティング リストで使いたい UET タグを選択します。
  10. [保存] を選択します。
重要

動的リマーケティング リストの構築には最大 24 時間かかり、ターゲティングは構築されるまで有効になりません。

動的リマーケティング用に UET タグを変更する方法 expando image

動的リマーケティング用にするには、JavaScript の UET タグ トラッキング コードにカスタム パラメーターを追加する必要があります。 まだ Web サイトに UET タグ トラッキング コードを追加していない場合は、「自分の Web サイトに UET タグを追加するにはどうしたらよいですか?」を参照してください。

以下の JavaScript を、Web サイトのすべてのページの UET タグ トラッキング コードの最後に追加してください。

          
            <script>
          
     window.uetq = window.uetq || [];
   window.uetq.push ('event', '', {'ecomm_prodid': 'Replace_with_Product_ID', 'ecomm_pagetype': 'Replace_with_Page_Type'});
</script>

重要
  • 動的リマーケティング リストを更新するすべてのページに、商品 ID と pagetype の両方を含める必要があります。 どちらの値が欠けていても、当該ページの動的リマーケティング リストは更新されません。 たとえば、製品 ID をすべての商品ページに渡してホーム ページには渡さなかった場合、"商品を閲覧したユーザー" の動的リマーケティング リストでは商品ページ訪問者が更新されますが、"一般訪問者" オーディエンスではホーム ページ訪問者の記録は残されません。 何らかの理由で商品 ID を渡すことができないページへの訪問者をターゲットにする場合、通常のリマーケティング リストを使用できます。
  • タグの 'event', '', の部分で、'event', に続く 2 つの一重引用符の中身は必ず空にします。
  • 次のように商品 ID の配列を配置すると、同じ UET タグで複数の商品をトラッキングできます。

    'ecomm_prodid': ['Replace_with_Product_ID_1','Replace_with_Product_ID_2','Replace_with_Product_ID_3']

上の JavaScript で次のパラメーターを変更します。

  • Replace_with_Product_ID : これを次の製品 ID のいずれかに置き換えます。
    • 商品を一意に表す正確な SKU ID。 UPC (universal product code、統一商品コード) と呼ばれることもあります。
    • 同じ商品の一連のバリアントを表す品目グループ ID。 バリアントの属性 (size、color、material、pattern、age_group、または gender) のうち、少なくとも 1 つを商品フィードの一部として提供する必要があります。また、同じバリアントの属性を、グループ内のすべての品目に提供する必要があります。

    重要

    JavaScript コード内の商品 ID は、Microsoft マーチャント センター の商品フィードの ID と一致する必要があります。

  • Replace_with_Page_Type : この JavaScript を使用するページに応じて、これを表の右列にある以下の値のいずれかと置き換えます。
    トラッキングする動的リマーケティング リスト必須ページ タイプ
    一般訪問者'ecomm_pagetype': 'home'
    'ecomm_pagetype': 'category'
    'ecomm_pagetype': 'other'
    注: searchresults、product、cart、または purchase のページ タイプに含まれないユーザーは、一般訪問者のオーディエンスに含まれます。
    商品を検索したユーザー'ecomm_pagetype': 'searchresults'
    商品を閲覧したユーザー'ecomm_pagetype': 'product'
    ショッピング カートを放棄したユーザー'ecomm_pagetype': 'cart'
    過去の購入者'ecomm_pagetype': 'purchase'

    注: 商品を購入したユーザーは「過去の購入者」リストに追加され、他のリストからは削除されます (該当する商品に限る)。 これが動作するように、購入確認ページの UET タグが商品 ID (ecomm_prodid) と pagetype (ecomm_pagetype) の両方を送信する必要があります。

重要
  • ユーザーと製品 ID の組み合わせは、"商品を検索したユーザー"、"商品を閲覧したユーザー"、"ショッピング カートを放棄したユーザー" のリストのうち、1 つ以上に存在することができます。
  • 一度ユーザー/製品 ID を "過去の購入者" のリストに追加すると、前述の 4 つのリストすべてから削除されます。 購入ページでは、製品 ID の他のリストからユーザーを削除する 'ecomm_pagetype': 'purchase' が必要です。
  • 同様に、一度ユーザー/製品 ID を "商品を検索したユーザー"、"商品を閲覧したユーザー"、"ショッピング カートを放棄したユーザー" のリストのいずれかに追加すると、"一般訪問者" からは除外されます。

Web ページの本文中に動的リマーケティングの UET タグ トラッキング コードをインストールした例を見るには、この Web ページ (英語のみ) にアクセスし、Web ページ内で右クリックし、お使いのブラウザーに応じて [ソースの表示] または [ページ ソースの表示] を選択してください。 このページでは、製品 ID とページ タイプを定義してから、この動的リマーケティング リストのカスタム イベントをトリガーするボタンを選択することもできます。 Fiddler などのサードパーティの監視ツールを使用している場合は、各カスタム イベントをレポートするために、bat.bing.com に HTTP 要求が生成されているのがわかります。

注意
  • Web ページが読み込まれると、UET タグがトリガーされ、大量の HTTP 要求が発生します。 最も重要なリクエストは "bat.bing" ("http://bat.bing.com/action/0?ti=..." など) へのものです。 このリクエストは、ユーザーが Web ページにアクセスしたことを Microsoft Advertising に知らせるものです。 Fiddler などの第三者ツールを使用して、Web ページを読み込むときにブラウザーが生成するリクエストをすべて監視することができます。
  • カスタム イベントでは、同様に Microsoft Advertisingにレポートする追加の HTTP リクエストがトリガーされます。 このリクエストは bat.bing と同様のものですが、カスタム イベントをレポートするためパラメーターが異なっています (ページ アクセスだけの場合とは逆)。
  • 動的リマーケティングの UET タグ トラッキング コードが UET タグ ヘルパーを使用して機能していることを確認できます。
動的リマーケティング リストを検索キャンペーンと関連付ける方法expando image
  1. 上部のメニューで [ツール]、[オーディエンス] の順に選択します。
  2. [関連付けの作成] を選択します。
  3. 1 人以上のオーディエンスと関連付けたい広告グループまたはキャンペーンを選択します。
  4. [広告グループのターゲティング] または [キャンペーンのターゲティング] から、ターゲットにしたいオーディエンス カテゴリを選択します。
  5. [ターゲティング設定] を選択します。
    • 入札のみ: 広告を検索しているユーザーに広告を表示し、選択した対象ユーザーに対して調整を行うオプションが表示されます。
    • ターゲットと入札単価: 目標選択したオーディエンスのみに広告を表示します。入札単価調整を行うオプションがあります。
  6. 必要に応じて [既定の入札単価調整] を調整します。 既定では、新しいターゲティングの関連付けは 15% に設定されますが、入札単価の調整範囲は -90% から +900% です。
  7. 必要に応じて [広告グループの除外] または [キャンペーンの除外] から除外するオーディエンスを選択します。
  8. [保存] を選択します。
オーディエンス キャンペーン用の動的リマーケティングの設定方法 expando image
重要

一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

  1. 左側の折りたたみメニューで [キャンペーン] を選択します。
  2. [作成] を選択します。
  3. [キャンペーンの目標][カタログから商品を販売する] を選択します。
  4. キャンペーン サブタイプの [標準ショッピング] を選択します。
  5. [このキャンペーンで展開したい広告の種類] ウィンドウで [オーディエンス広告] を選択します。
  6. この記事で説明しているオーディエンス キャンペーンの作成手順に従ってください。 手順 2 では、必ず [オーディエンス] のターゲット条件と動的リマーケティング リストを選択してください。
同じ広告グループまたはキャンペーン内で、1 つのオーディエンス リストに [ターゲットと入札単価] 設定を使用し、別のオーディエンス リストに [入札単価のみ] 設定を使用することはできますか? expando image
いいえ、1 つの広告グループまたはキャンペーンでは 1 つのターゲティング設定 (「ターゲットと入札単価」「入札単価のみ」のいずれか) しか選択できず、設定はその広告グループまたはキャンペーン内のすべてのオーディエンス リストに適用されます。 同じ広告グループまたはキャンペーン内で、リマーケティング リスト、購買意向の強いユーザーやカスタム オーディエンスに異なるターゲティング設定を使用することはできません。 直近に選択した設定 ([ターゲットと入札単価] または [入札単価のみ]) によって以前の設定が上書きされます。

注意

動的リマーケティング リストは、オーディエンス ターゲティング オプションの 1 つにすぎません。

See more videos...