テストを使って可能性を発見する

キャンペーンに対する特定の変更について A/B テストをする方法を学び、成功への秘訣を見つけましょう!

各種の入札戦略を用いることで、またはさまざまな種類のターゲティングで、広告キャンペーンのパフォーマンスはどのような影響を受けるでしょうか?良い影響なのか、悪い影響なのか、それとも基本的には同じなのでしょうか?A/B テストを実行して明らかにしましょう。

Microsoft Advertisingテストによって、元のキャンペーンの予算と広告トラフィックの分割を受信する検索キャンペーンの複製を作成します。これにより、次のことができます。

  • テストで変更を試す。
  • 元のキャンペーンと比べてテストではどう機能するかをみる。
  • テスト結果が良ければ、元のキャンペーンに対する変更を適用するか、全く新しいキャンペーンを作成する。
テストを作成する expando image
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[テスト] の順に選択します。
  2. [テストの作成] を選択します。
  3. テストをしたいキャンペーンを選択します。メモ:現在テストができるのは検索キャンペーンのみです。
  4. キャンペーンを選択すると、キャンペーン名に基づいて[テスト名] が与えらます。この名前は自由に編集できます。
  5. [開始日] を選択します。デフォルトの開始日は翌日で、これによりテストしたい変更をする時間ができます。
  6. 一定期間だけテストを実行したいときは、[終了日] を選択します。それ以外は、[なし] を選択します。
  7. [テストの分割] を設定します。これは、このテストに割り当てたい元のキャンペーン予算と広告トラフィックの割合です。テストが十分なトラフィックを得て公正な比較をするためには、テストの分割はを 50/50 に設定することをお勧めします。
    メモ: テストの実行中に分割を変更することはできません。
  8. オプション: [詳細オプション] を選択し、テストの広告トラフィックが[検索ベース]か、[Cookie ベース] かを選択します。
    • 検索ベース: 顧客が検索する度に、テストからの広告または元のキャンペーンからの広告のいずれかがランダムに表示されます。これは、一人の顧客が複数回検索をする場合、両方のソースから広告を目にする可能性があることを意味します。
    • Cookie ベース: 各顧客が検索する際、テストからの広告または元のキャンペーンからの広告を表示し、その後は cookie を使用してこのソースからのみ広告が表示されるようにします。

    注意

    この設定はテストの実行中に変更できません。各オプションのメリットとデメリットは、テスト方法の例とヒントをご覧ください。

  9. [保存] を選択します。
  10. 数分後に、テスト作成にエラーがなかったことを確認します。
    1. [テスト] ページに戻り、作成したばかりのテストを検索します。
    2. テスト作成でエラーが発生していたら、このテストの[アクション] 列に [ダウンロード エラー]リンクが表示されます。このリンクを選択して、エラーを修正し、再度テストを作成してみましょう。
テストをしましょう! expando image

テストの設定を変更しないなら、あまりテストの意味はないですよね?

  1. [テスト] または [キャンペーン] テーブルで、テスト名を選択します。
  2. [設定] を選択します。
  3. テストしたい変更を加えます。テストでの作業に関する例とヒントをいくつか紹介します
  4. [保存] を選択します。
重要
  • テスト設定のうち、ここではテストの予算は変更できません。テストの予算を変更したい場合、元のキャンペーン予算を変更する必要があります。値の変更は、テストの分割設定に基づいて分割されます。
  • テストを作成した時点で、元のキャンペーン設定に行った変更 (予算以外) はテストに影響しません。公正な比較が表示されるように、テスト実行中は元のキャンペーン設定に変更を加えないことを強くお勧めします。

これで、テストが設定され、元のキャンペーンと同時に実行されます。次に、比較の仕方を見ていきます。

テストのページには、テストと元のキャンペーンの間のパフォーマンス指標を比較するテーブルがあるのが分かります。重要だと思う指標をピックアップして、テーブルに表示させ、元のキャンペーンと比較したテストのパフォーマンスを評価します。指標の値の色は、テストのパフォーマンスが優れているかどうかを表しています。

  • 緑は、この指標で、テストが元のキャンペーンよりもパフォーマンスが良いことを意味します。
  • 赤は、この指標でテストが元のキャンペーンよりもパフォーマンスが悪いことを意味します。
  • グレーは、元のキャンペーンとテストの間でパフォーマンスに統計上重要な差異がないことを意味します。
注意

それぞれの差の統計上の重要性は、指標の値の下に表示されています。数値にカーソルを合わせると統計上の重要性の詳細を見ることができます。

テストの適用または終了 expando image

テストのパフォーマンスが元のキャンペーンよりも良く、満足できる結果だったなら— おめでとうございます!早速適用しましょう。

  1. テストページで、[テストの適用] を選択します。
  2. テストを元のキャンペーンに適用するか、または新しいキャンペーンに適用するかを選択します。
    1. 元のキャンペーンに適用する場合、テスト設定のすべてが元のキャンペーンで有効となり、テストが終了します。元のキャンペーンは再び元の予算とトラフィックの 100% が割り当てられます。
    2. 新しいキャンペーンに適用する場合、元のキャンペーンは中断し、このテストの現状の設定をすべて適用した新しいキャンペーンが作成されます。新しいキャンペーンは元のキャンペーンと同じ予算が割り当てられます。
  3. [保存] を選択します。

一方、テスト結果に満足できず、テストを終えたい場合、予定された終了日より前にテストを終了することができます。

  1. テストページで、[テストを今すぐ終了]を選択します。
  2. このテストは、参照用として [テスト] ページの一覧に表示されます。完全に削除したい場合は、テストのチェックボックスを選択し、[編集]  > [テストの削除] を選択します。
テストのステータスの意味 expando image
[テスト]テーブルの[テスト ステータス] 列には、テストの状態が表示されます。
テスト ステータス意味
有効テストを予定どおり実施中です。
テストを作成中Microsoft Advertisingは設定された内容に基づきテストを作成中です。しばらくお待ちください。
テストの作成に失敗テストの作成に問題がありました。[アクション]列で[エラーをダウンロード]を選択して、エラーを修正し、再度テストを作成してみてください。
スケジュール設定済みテストの作成に成功しましたが、テスト開始日が後日に設定されているため、まだ実施されていません。
完了テストの作成に成功し、終了日になるまで実施されました。
テストの適用中Microsoft Advertisingは、選択に基づきテストを元のキャンペーンまたは新しいキャンペーンのいずれかに適用中です。しばらくお待ちください。
テスト適用済みテストが選択に基づき元のキャンペーンまたは新しいキャンペーンのいずれかに適用済みです。
テスト適用失敗元のキャンペーンまたは新しいキャンペーンのいずれかにテストを適用することができませんでした。[アクション]列で[エラーをダウンロード]を選択して、エラーを修正し、再度テストを作成してみてください。

See more videos...