オーディエンスのオプションは?

使用できるオーディエンスや広告が表示されるネットワークについて説明します。

オーディエンスとはターゲットにできる潜在顧客のグループです。Microsoft Advertisingは広告を適切なユーザーに表示するために使用できる数種類のオーディエンスを提供しています。

オーディエンス タイプ 内容 広告が表示されるのは? UET は必要か? アプローチする対象は? 使用する顧客データの供給元は?
カスタム オーディエンス 自社の顧客データを使って生成する顧客のリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network No 既存顧客 自社
組み合わせリスト 複数のオーディエンス リストを「AND」「OR」「NOT」条件を使用して組み合わせます。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network 組み合わせによる 組み合わせによる 組み合わせによる
カスタマー マッチ リスト 自社の顧客が再度アプローチできるよう提供したメール アドレスのリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network No 既存顧客 自社
動的リマーケティング リスト 自社のMicrosoft マーチャント センター カタログ フィードで特定の製品 ID に接触した顧客のリストです。 検索ネットワーク (Microsoft ショッピング キャンペーン経由)、Microsoft Audience Network Yes 既存顧客 自社
購買意向の強いユーザー 特定のカテゴリ内で購入意図を示している顧客をまとめたリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network

メモ: 検索ネットワークと Microsoft Audience Network では購買意向の強いユーザーのセットが異なります。こちらの「利用可能な全購買意向の強いユーザーの最新リスト」を参照してください。

No 新規顧客 Microsoft
LinkedIn プロフィール ターゲティング LinkedIn のプロフィールに記載された会社名、業界または業種別で分類された潜在顧客のリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network No 新規顧客 LinkedIn
リマーケティング リスト 以前に自社の Web サイトを訪問または利用したことがあるユーザーのリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network Yes 既存顧客 自社
類似オーディエンス Microsoft Advertisingがお客様の既存のリマーケティング リストに掲載されたユーザーと類似の属性を示していると判断した顧客のリストです。 検索ネットワーク、Microsoft Audience Network Yes 新規顧客 Microsoft
注意

UET の詳細についてはUET とは何ですか? どのように役立つのですか?を参照してください。


オーディエンスに関する制限は?

ケース 制限
オーディエンスの合計数 マネージャー アカウント レベル: オーディエンス タイプごとに 5,000 個。
アカウント レベル: オーディエンス タイプごとに 1,000 個。ただし以下にご注意ください。
  • これにはアカウント内で作成したオーディエンス、他のアカウントで作成され、[共有] が [すべてのアカウント] に設定されているオーディエンスが含まれます。このため、たとえば既にアカウントに 1,000 個のリマーケティング リストが共有されている場合、このアカウントで新たなリマーケティング リストを作成することはできません。
  • カスタム オーディエンスにはアカウント レベルの制限はありません。マネージャー アカウント レベルのみ 5,000 個の制限があります。
関連付けの合計数 アカウントごとに関連付け 20,000,000 個まで (ターゲティングと除外の関連付けの両方を含む)。ただし以下の例外があります。
  • 購買意向の強いユーザーの除外はアカウントごとに 1,000 個までです。
一括作成ができる関連付け 一括アップロードの制限を参照してください。
Microsoft Advertisingにより表示、編集、削除ができる関連付け 一括アップロードの制限を参照してください。

1 人の顧客が複数のオーディエンスに該当する場合は?入札単価調整も複数請求されますか?

いいえ、請求は 1 回のみです。

顧客は以下のいずれかとなります。

  • 同じオーディエンス タイプ内の複数のオーディエンス (例: リマーケティング リスト A とリマーケティング リスト B)。
  • 異なるオーディエンス タイプの複数のオーディエンス (例: リマーケティング リスト A と購買意向の強いユーザー C)。

上記の場合、入札単価調整が最も高いオーディエンスのみが対象となります。入札単価調整は組み合わされず、請求は 1 回のみです。該当するオーディエンスの入札単価調整がすべて同じ場合には、システムによって属性として 1 つのオーディエンスが選ばれ、1 回だけ請求されます。

同じ広告グループまたはキャンペーン内で、1 つのオーディエンス リストに [ターゲットと入札単価] 設定を使用し、別のオーディエンス リストに [入札単価のみ] 設定を使用することはできますか?

いいえ、1 つの広告グループまたはキャンペーンでは 1 つのターゲティング設定 (「ターゲットと入札単価」「入札単価のみ」のいずれか) しか選択できず、設定はその広告グループまたはキャンペーン内のすべてのオーディエンス リストに適用されます。同じ広告グループまたはキャンペーン内で、リマーケティング リスト、購買意向の強いユーザー、カスタム オーディエンスに異なるターゲティング設定を使用することはできません。直近に選択した設定 (「ターゲットと入札単価」または「入札単価のみ」) によって以前の設定が上書きされます。

See more videos...