広告カスタマイザ フィードについて

広告カスタマイザ フィードを使用して設定できる動的パラメーターに基づいて、広告をオーディエンスに適応させましょう。
重要
  • 2023 年 2 月 1 日以降、既存の拡張テキスト広告を新規作成または編集できなくなります。 詳細については、「 レスポンシブ検索広告について」をご覧ください。
  • レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザーの詳細については、「 レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザーについて」を参照してください。
  • スケジュールされたフィードは引き続き実行され、広告カスタマイザー フィードを使用して拡張された既存のテキスト広告は引き続き配信されます。パフォーマンスに関するレポートを表示できます。
  • 既存の広告カスタマイザー フィードは引き続き一時停止、実行、削除できます。
  • 注: 2023 年 8 月 31 日から、拡張テキスト広告で参照されていない未使用の広告カスタマイザー フィードはすべて 3 か月以上削除されます。これは、現在配信されている広告には影響しません。
  • この変更に関する詳細情報

広告カスタマイザーを使用すると、広告を動的に更新して特定の顧客に魅力的にすることができます。必要なのは、どの状況で広告にどの情報を挿入するかを示す広告カスタマイザー フィードをアップロードすることです。

拡張テキスト広告の広告カスタマイザーの設定は、応答性の高い検索広告とは異なります。 応答性の高い検索広告の広告カスタマイザーの詳細をご覧ください。

広告カスタマイザ フィードを使用する理由は?

時間を節約します。広告を手動で更新することなく、1 つのテキスト広告を数百のバリエーションに変換します。

より関連性の高い広告。顧客が何を探しているのか、いつ探しているのか、どこにいるのか、どのデバイスを使用しているのかなどに基づいて、広告をカスタマイズします。

より良い結果が得られます。クリックスルー率とコンバージョン率が向上します。

ヒント: 動的テキスト パラメーターにより、その他の動的テキスト、数値、価格、日時フィールドを広告コピー内で活用できます。

広告カスタマイザ フィードの仕組み

広告カスタマイザー フィードはスプレッドシートです。このスプレッドシートでは、各列は Microsoft Advertising に次の 2 つのいずれかを示す属性です:

属性の種類 Microsoft Advertising に指示する内容
カスタム属性 商品またはサービスについてのどの情報を広告に挿入したいか
ターゲティング属性 どの状況で各情報を広告に挿入するか
標準属性
カスタム属性についてexpando image

カスタム属性を定義して、好きな種類の情報を広告に挿入できます。各カスタム属性には、一意の名前と、それに続けて属性の種類をかっこで囲んで指定する必要があります。

以下の 4 種類のカスタム属性を使用できます:

カスタム属性の種類 列ヘッダーの形式 指定可能な値
テキスト 商品名、商品カテゴリ、説明 名前 (text) (例: "Shoes (text)") 任意の文字、数字、記号
数字 在庫数、選択可能な色の数 名前 (number) (例: "Colors (number)") 任意の整数
Price 商品コスト、売上割引 名前 (price) (例: "Base_Price (price)") 任意の数字 (小数を含む) と有効な通貨記号
日付 イベントの開始時、セールの最終日 名前 (date) (例: "Sale_Date (date)") yyyy/mm/dd hh:mm:ss (24 時間制、hh:mm:ss は任意)

注意

カスタム属性を標準属性 Device preference、 Scheduling、 Start date、 End date、または Custom ID と同じ名前にすることはできません。

ターゲティング属性についてexpando image

カスタム属性は広告に挿入する内容を示しますが、ターゲット属性は、その情報を挿入する タイミングを示します。ターゲット属性には、次の 6 種類があります:

ターゲティング属性の種類 列ヘッダーの形式 指定可能な値
ターゲット キーワード Target keyword キーワードと希望のマッチングの種類の構文:
  • 部分一致: キーワード
  • フレーズ一致: "キーワード"
  • 完全一致: [キーワード]
この属性または [ Target keyword text] (ターゲット キーワード テキスト) と [ Target keyword match type] (ターゲット キーワード マッチングの種類) 属性の組み合わせを使用して、キーワードをターゲットとすることができます。
ターゲット キーワード テキスト Target keyword text ターゲットとするキーワード (マッチングの種類の構文 なし)。 この属性は [ Target keyword match type] (ターゲット キーワード マッチングの種類) 属性との組み合わせでのみ使用できます。
ターゲット キーワード マッチングの種類 Target keyword match type 「 Broad」、「 Phrase」、または「 Exact」 この属性は [ Target keyword text] (ターゲット キーワード テキスト) 属性との組み合わせでのみ使用できます。
ターゲット広告グループ Target ad group 既存の広告グループ名 広告グループでターゲティングするには、[ Target ad group] (ターゲット広告グループ) と [ Target campaign] (ターゲット キャンペーン) の両方の属性を使用する必要があります。
ターゲット キャンペーン Target campaign 既存のキャンペーン名
ターゲット地域 Target location 地名 (英語のみ)
  • 地名は以下の形式で入力できます:
    • Miami, FL
    • Miami,Florida,United States
    • Miami | Florida | United States
  • ある地域に 物理的に所在するユーザーのみをターゲットとするには、[ ターゲット地域制限] 属性も使用する必要があります。
ターゲット地域 ID Target location ID 数字の Microsoft Advertising地域コード
  • 地域コード ファイルのダウンロード方法
  • この属性を使用する場合は、[ Target location] (ターゲット地域) 属性は使用しないでください。
  • ある地域に 物理的に所在するユーザーのみをターゲットとするには、[ ターゲット地域制限] 属性も使用する必要があります。
ターゲット地域制限 Target location restriction 「 Physical location」または空 この属性は [ ターゲット地域] 属性または [ ターゲット地域 ID] 属性との組み合わせでのみ使用できます。
ターゲットオーディエンス ID Target audience ID 既存の Microsoft Advertisingオーディエンス ID ( Microsoft Advertisingでサポートされている任意のオーディエンス タイプに対応)
標準属性についてexpando image

標準属性では、以下のような詳細なターゲティング設定を指定できます:

標準属性の種類 列ヘッダーの形式 指定可能な値
デバイス設定 Device preference 「 mobile」または「 all」
スケジュール Scheduling 「[曜日] - [曜日]」または「[曜日], [開始時刻] - [終了時刻]」

曜日 =「 Monday」、「 Tuesday」、「 Wednesday」、「 Thursday」、「 Friday」、「 Saturday」、「 Sunday」

開始/終了時刻 = yyyy/mm/dd hh:mm:ss (24 時間)
たとえば、月曜日の午前 9 時:00 から午後 5 時:00 までのスケジュールを設定する場合は、「 Monday, 09:00:00 - 17:00:00」と入力します。

複数の日をスケジュールする場合は、セミコロンで日を区切ります。たとえば、「 Monday, 09:00:00 - 17:00:00; Tuesday, 09:00:00 - 17:00:00」 を使用して月曜日と火曜日の両方のスケジュールを設定できます。

開始時刻/終了時刻の場合は、hh:mm:ss 部分を省略して、時刻を 1 日の始まりの午前 0 時として設定できます。
Start date (開始日) Start date yyyy/mm/dd hh:mm:ss (24 時間制) hh:mm:ss 部分を省略して、開始時刻を午前 00:00:00 に設定できます。
終了日 End date yyyy/mm/dd hh:mm:ss (24 時間制) hh:mm:ss 部分を省略して、終了時刻を午前 00:00:00 に設定できます。
カスタム ID Custom ID 文字と数字の任意の組み合わせ フィード項目の独自の識別 ID を作成するには、この属性を使用します。使用する場合、フィード項目には、カスタム ID と項目 ID ( Microsoft Advertising によって自動的に割り当てられます) の 2 つの ID があります。

広告カスタマイザの使用例

以下では、サングラスを販売している場合の例を挙げています。

広告カスタマイザーは、次の構文: {=FeedName.Attribute} で Microsoft Advertising に表示されます。したがって、フィード名が「 Sunglasses」で、属性名が「 Type」の場合、構文は {=Sunglasses.Type} になります。

キーワード別のターゲティングexpando image

たとえば、顧客が検索する内容に応じて、特定のサングラスの特徴を強調表示するとします。広告カスタマイザー フィードの行は次のようになります:

Target keyword Product (text) Materials_Lightweight (text) Description_Lightweight (text) Finishes (number) StartPrice (price)
lightweight sunglasses Contoso 900 titanium or acetate Stylish, lightweight shades 8 $24.99

この場合、以下のようになります。

Microsoft Advertising での広告をこのように設定した場合... ...「 lightweight sunglasses」を検索した顧客の場合、このようになります
The latest {=Sunglasses.Product}s
In {=Sunglasses.Materials_Lightweight}
www.contoso.com/deals
{=Sunglasses.Description_Lightweight} in {=Sunglasses.Finishes} finishes. Starting at only {=Sunglasses.StartPrice}!
Bing Ad matching this setup
キャンペーンまたは広告グループ別のターゲティングexpando image

ここで、広告キャンペーンに販売するサングラスのブランドごとに異なる広告グループがあるとします。特定のブランドのサングラスを検索する顧客は、多くの場合、別のシリーズを購入することがわかりました。そのため、ブランドの広告グループ内の系列オプションを強調表示する必要があります。広告カスタマイザー フィードの行は次のようになります:

Target campaign Target ad group Brand (text) Series (number) StartPrice (price)
Sunglasses Contoso 900 Contoso 9 $24.99

この場合、以下のようになります。

Microsoft Advertising での広告をこのように設定した場合... ...「 contoso 900」を検索した顧客の場合、このようになります
{=Sunglasses.Brand} brand sunglasses
{=Sunglasses.Series} series to choose from
www.contoso.com
Browse our wide selection! Prices as low as {=Sunglasses.StartPrice}
Bing Ad matching this setup
地域別のターゲティングexpando image

あーあ! ポートランドの夏は曇りがちだったので、現在、ポートランドのストアには Contoso ブランドのサングラスが多すぎます。その特定の店舗の在庫を移動するための大規模な販売の時間。広告カスタマイザー フィードの行は次のようになります:

Target location Brand (text) BlowoutSale_1 (text) BlowoutSale_2 (text)
Portland, Oregon Contoso Up to 70% off at our Pearl District store. 40% off Contoso 800s!

この場合、以下のようになります。

Microsoft Advertising での広告をこのように設定した場合... ...「 contoso portland」を検索した顧客の場合、このようになります
{=Sunglasses.Brand} sunglasses
Blowout Sale!
www.contoso.com/BlowoutSale
{=Sunglasses.BlowoutSale_1} {=Sunglasses.BlowoutSale_2}
Bing Ad matching this setup
オーディエンス別のターゲティングexpando image

次に、Web サイトで特定の種類のサングラスを見た顧客の一覧があるとします。広告カスタマイザー フィードの行は次のようになります:

Type (text) Product (text) Discount (text) Colors (number) Target audience ID
Polarized Contoso 800 25% off 12 12345678

この場合、以下のようになります。

Microsoft Advertising での広告をこのように設定した場合... このリマーケティング リストに含まれる顧客に表示される広告
{=Sunglasses.Type} sunglasses on sale
{=Sunglasses.Product} series
www.contoso.com/{=Sunglasses.Type}/OnSale
{=Sunglasses.Discount} if you order today! Lenses come in {=Sunglasses.Colors} different colors.
Bing Ad matching this setup
カウントダウン内での広告カスタマイザの使用expando image

期間限定でサングラスを販売していた場合は、広告カスタマイザーと カウントダウンの機能を組み合わせることができます。広告カスタマイザー フィードの行は次のようになります:

Product (text) Promo (text) End_by (date) StartPrice (price)
Contoso 700 30% off with free shipping 2019/08/14 23:59:59 $30

この場合、以下のようになります。

Microsoft Advertising での広告をこのように設定した場合... ...2019 年 8 月 12 日に「 contoso sunglasses」を検索したお客様は、次のようになります
{=Sunglasses.Product}s
Get {=Sunglasses.Promo}
www.contoso.com/SummerSale
Offer ends in {=COUNTDOWN(Sunglasses.End_by)}. Buy now as low as {=Sunglasses.StartPrice}
Bing Ad matching this setup

広告カスタマイザ フィードのレイアウト

広告カスタマイザー フィードはスプレッドシートです。スプレッドシートの列はフィード属性であり、各列の名前 (前の 「広告カスタマイザー フィードのしくみ」セクション で詳しく説明) がヘッダー行に含まれている必要があります。ヘッダー行の後の各行には、カスタム属性 ( Microsoft Advertising に広告に挿入する情報を伝える) とターゲット属性や標準属性 ( Microsoft Advertising にこの情報を挿入する状況を示す) の組み合わせが含まれます。

注意

広告カスタマイザ フィードのアップロードと管理の詳細については、 ビジネス データ フィード をご覧ください。


広告カスタマイザを拡張テキスト広告に追加する

広告カスタマイザは、最終 URL を除く、あらゆる拡張テキスト広告フィールドに追加できます。

  1. 拡張テキスト広告の作成または編集時に、広告カスタマイザを表示したい位置に開き中かっこ ( { ) を入力します。
  2. 表示されるドロップダウン メニューで、[ 広告カスタマイザ] を選択します。
  3. 表示されるドロップダウン メニューで、適切な広告カスタマイザ フィードを選択します。
  4. 表示されるドロップダウン メニューで、そのフィードから適切なカスタム属性を選択します。
  5. 既定のテキスト は省略可能です。 フィードのターゲット属性や標準属性によって定義された状況が満たされていない場合でも広告を表示する場合は、カスタム属性値の代わりに表示する単語、語句、または数字を入力します。

    注: 広告内の 1 つの広告カスタマイザに既定のテキストを定義した場合は、同じ広告内のその他すべての広告カスタマイザにも既定のテキストを定義する必要があります。

  6. [ 保存] を選択します。
注意

広告カスタマイザーは、次の構文: {=FeedName.Attribute:DefaultText} で Microsoft Advertising に表示されます。そのため、フィード名が「アクセサリ」の場合、属性名は 「種類」で、既定のテキストは「サングラス」です。構文は {=Accessories.Type:sunglasses} です。

広告カスタマイザ フィードを広告テキストに手動で追加する方法expando image

[ 広告の作成] 入力ボックスに直接入力するか、 一括アップロード スプレッドシートを使用するか、または Microsoft Advertising エディターを使用して、広告カスタマイザ フィードを広告テキストに手動で追加することもできます。

正しく入力できるように、広告カスタマイザ フィードの構文の要素を確認してみましょう:

{=FeedName.Attribute:DefaultText}

要素 必要な知識
{ ... } 必須。広告カスタマイザー構文全体は、中かっこ (中かっことも呼ばれます) のペア内にある必要があります。
=FeedName 必須。等号に続けて、広告カスタマイザ フィードに付けた名前を入力します。
.Attribute 必須。ピリオドの直後に、カスタム属性を指定した名前が続きます。
:DefaultText 任意。 —フィードのターゲット属性や標準属性によって定義された状況が満たされていない場合でも — 広告を表示する場合は、コロンを入力し、その直後にカスタム属性値ではなく単語、語句、または数字を入力します。注: 広告内の 1 つの広告カスタマイザーに既定のテキストが定義されている場合、同じ広告内の他のすべての広告カスタマイザーにも既定のテキストが定義されている必要があります。

See more videos...