Microsoft Advertisingスクリプトを使用してキャンペーンを自動化するにはどうすればよいですか?

Microsoft Advertisingスクリプトを使用してアカウントとキャンペーンを自動化する方法を学びます。

Microsoft Advertisingスクリプトは、カスタム条件に基づいてアカウント内のアイテムを自動的に作成または変更、削除するために使用できる JavaScript コードの一部です。手動で変更を加えることなく、アカウント全体で数百(または数千!)の変更を一度に行うことができます。

スクリプトの使用例をいくつか次に示します。

  • 発売または販売にリンクされたキャンペーンをスケジュールします。
  • 広告しているアイテムが在庫切れになったら、広告を自動的に一時停止します。
  • アカウント全体でルールを作成して、その日に 100 回を超えるインプレッションを生成したキーワードについて、その部分一致キーワードの入札単価を 25% 引き上げます。

Microsoft Advertisingスクリプトの使用

スクリプトを使う必要があるのどのような人ですか? expando image

スクリプトは、大規模なキャンペーンや数多くのキャンペーンを管理する人々に最も役立ちます。また、JavaScript でスクリプトの経験があると役立ちます。

重要ポイントとして、Microsoft Advertisingスクリプトはキャンペーンにさまざまな変化をもたらすことができ、さらにスクリプトには [元に戻す] ボタンがないことに注意してください。この顧客調査が大変そうだと感じる場合は、自動化ルールの方が適していることがあります。

Microsoft Advertisingスクリプトを作成して実行する expando image
  1. 上部のメニューで [ツール]、[スクリプト] の順に選択します。 これはすでに作成済みの任意のスクリプトが表示されるメインのスクリプト ページです。
  2. [スクリプトを作成] を選択します。
  3. スクリプトエディターで、スクリプトを入力します。
    1. コピーできるスクリプト例を表示するには、[例] を選択します。
    2. スクリプトの手順については、スクリプトの説明書をご覧ください。コピーできるその他のスクリプトについては、スクリプトコード例をご覧ください。
  4. [保存] を選択します。
  5. [プレビュー] を選択して、このスクリプトが行うすべての変更のリストを表示させます。スクリプトのプレビューはオプションですが、プレビューすることを強くおすすめします。
  6. スクリプトをすぐに実行する場合は、[今すぐスクリプトを実行] を選択します。
  7. ある時刻または複数の特定の時刻にスクリプトを実行する場合は、[スケジュールの作成] を選択します。
注意
  • 複数のアカウントがあり、それらすべてに対してスクリプトを実行したい場合は、マネージャー アカウントからスクリプトを作成する必要があります。 上部のメニューでお客様のアカウント番号を選択し、マネージャーのアカウントを選択します (広告のアカウントではありません)。 上記と同じ手順を経れば、スクリプトがすべてのアカウントに対して実行されます。
  • 他のアカウントマネージャーとアカウントを共有している場合、そのスクリプトを表示したり実行したりできるのは、スクリプトの作成者のみであることに注意してください。
スクリプトを管理する expando image

スクリプトを実行すると、メインのスクリプトページのスクリプトの下に表示されます ( 上部のメニューで [ツール]、[スクリプト] の順に選択します。 ) ここでは、スクリプトがいつ実行されたか、実行にかかった時間、行われた変更の数、失敗した変更の数が表示されます。スクリプトで何を実行したかの詳細については、

  1. [スクリプト履歴] > [概要] > [詳細を表示] を選択します。
  2. [ログの詳細] ページに、スクリプトが行った変更がすべて表示されます。
  3. スクリプトがこれらの変更をどのように行ったか、また発生したエラーとスクリプトに含めたログメッセージを確認するには、[ログ] を選択します。

作成済みのスクリプトを実行するには:

  1. メインの [スクリプト] ページで、以前に作成したスクリプトのリストでスクリプトを検索します。
  2. [実行] を選択するか、[スケジュールの作成] を選択して、スクリプトを特定の時刻または複数の特定の時刻に実行します。
Google Adsで作成したスクリプトを使用できますか? expando image
Google で作成した任意のスクリプトをMicrosoft Advertisingにドラッグできます。[保存] を選択すると、Microsoft Advertisingと互換性を持たせるためにいくつかの変更が自動的に行われます。ただし、次の互換性の問題を修正するには、スクリプトを手動で更新する必要があります。
  • スクリプトが予算セレクターを呼び出した場合、共有予算のみが返されます。キャンペーンの個別予算を取得するには、キャンペーンから直接アクセスする必要があります。
  • スクリプトに ID が含まれている場合は、二重引用符で囲んで文字列に変換する必要があります。例えば、.withIds([1234]) は .withIds(["1234"]) に変更する必要があります。
  • スクリプトがエンティティの getStatsFor() メソッドを呼び出す場合は、getStats() の呼び出しを変更し、セレクターの forDateRange() メソッドを使用して日付範囲を指定する必要があります。
  • スクリプトがキーワードセレクターの withIds() メソッドを呼び出す場合は必ず、キーワード ID の配列のみを渡すようにしてください。Microsoft Advertisingではキーワード ID は一意であるため、広告グループ ID とキーワード ID のペアの配列を渡す必要はありません。
注意

スクリプトが部分一致タイプの除外キーワードを追加する場合、Microsoft Advertisingはそれらをアカウントに追加するときにフレーズ一致タイプに変換します。Microsoft Advertisingは、除外キーワードの部分一致タイプをサポートしていません。


詳細について

スクリプトの詳細に関するドキュメント サイトにアクセスしてください。

See more videos...