除外キーワード競合とそのレポートについて

「意図的かもしれない」除外キーワード競合

除外キーワード を使って、クリックする見込みのない顧客に対し広告が表示されることを回避できます。ただし既存のキーワードと同一の除外キーワードががると、競合が起こります。

競合の種類:

  • 意図的かもしれない競合:広告主によっては意図的に除外キーワードを競合させて、広告がトリガーされないようマッチタイプの一部をブロックすることがあります。例えば、フレーズ一致キーワードが「ステレオ プラグ」の場合に、完全一致除外キーワード にも「ステレオ プラグ」を設定し、このフレーズだけに一致するようにします。この場合「 3.5 mm のステレオ プラグ」や「金色の ステレオ プラグ」といった商品に限って探している顧客が広告を目にする確率が高くなります。

    このように、意図的に競合させて特定のマッチタイプをブロックし広告のトリガーを防いでいるのであれば、何もする必要はありません。

  • [正しい競合:] その他すべての除外キーワード競合です。こうした競合は、競合する除外キーワードを削除すれば解消できます。

除外キーワード競合レポートを実行する

このレポートから、キーワードと競合しその結果、広告の表示をブロックしている除外キーワードがわかります。どのキーワードが競合しているか、また競合はキャンペーンと広告グループのどちらで起きているのかが把握でき、どの除外キーワードを削除すべきかがわかります。
  1. 上部のメニューで [レポート]、[レポート]、[パフォーマンス]、[除外キーワード競合] の順に選択します。
  2. [表示(時間の単位)][期間][形式]の設定を選択します。
  3. [レポートの対象][すべてのアカウントとキャンペーン]または[特定のアカウントとキャンペーン]を選択します。
  4. 表示させる列を選びレポートに[フィルター]を追加できます。
  5. レポートを[実行] 、または CSV、TSV、 XLSXのいずれかで[ダウンロード]します。

商品の除外キーワード競合レポートの実行

商品の除外キーワード競合レポートから、除外キーワードとそれに対応しているショッピング広告(ショッピング キャンペーンで広告表示がブロックされているもの)がわかります。ショッピング キャンペーンに適用されている除外キーワードの制限が、キャンペーンのパフォーマンスに対し厳しすぎないか評価するのに役立ちます。
  1. 上部のメニューで [レポート]、[レポート]、[ショッピング広告]、[ショッピング除外キーワード競合] の順に選択します。
  2. [表示(時間の単位)][期間][形式]の設定を選択します。
  3. 表示させる列を選びレポートに[フィルター]を追加できます。
  4. レポートを[実行] 、または CSV、TSV、 XLSX のいずれかで[ダウンロード]します。

注意

注: 商品除外キーワード競合レポートには「意図的かもしれない競合」「正しい競合」を表示する[競合タイプ]列はありません。

See more videos...