Google マーチャント センター の商品を Microsoft マーチャント センター にインポートする

Google マーチャント センター の商品を Microsoft マーチャント センター に簡単にインポートする方法について説明します。
注意

Microsoft ショッピング キャンペーンと製品広告はアルバニアで利用可能です, アンドラ、アルゼンチン、アルバ、オーストラリア、オーストリア、バングラデシュ、ベルギー、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、カナダ、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、フランス領ギアナ、フランス領ポリネシア、ドイツ、ギリシャ、グアム、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、アイスランド インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、 ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、モルディブ、マルタ、マルティニーク、メキシコ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モントセラト、ネパール、オランダ、ニューカレドニア、ニュージーランド、北マケドニア、ノルウェー、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、フィリピン、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、シンガポール、南アフリカ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、バハマ、英国 米国、タイ、トリニダード・トバゴ、トルコ、ウルグアイ、バチカン市国、ベネズエラ、ベトナム。 詳細情報

Google マーチャント センター にショッピング広告をお持ちの場合、Google インポート ツールを使用すれば、ショッピング広告を Microsoft マーチャント センター に簡単にインポートできます。 Google マーチャント センター からインポートする商品を決める各項目の詳細は、こちらからご確認いただけます。

Google マーチャント センター インポート ツールを使用するメリット

  • 時間の節約。 Google Ads と Microsoft Advertisingの 2 つの別々のフィード ファイルを管理する時間を節約できます。
  • 商品のインポートが簡単。 Google マーチャント センター インポート ツールを使用すると、商品を Microsoft マーチャント センター に簡単にインポートできます。
  • 商品フィードを最新状態に維持。 Google マーチャント センター の商品を Microsoft マーチャント センター と同期して、商品情報を最新に保つことができます。 同期は、手動で行うことも、定期インポートにより自動的に実行することもできます。

Google マーチャント センター からインポートする商品を決める各項目の詳細をご確認ください。

Google マーチャント センター の 1 店舗の商品をインポートするにはどうすればよいですか?expando image

新規インポートを開始するには、以下の手順に従ってください。
注: 以前にフィードを作成した場合、またはストアに既存のフィードがある場合は、これらのフィードをインポートに関連付けて、時間と労力を節約できます。

  1. トップメニューから [ツール] > [マーチャント センター]を選択します。
  2. インポート先の Microsoft マーチャント センター の店舗を選択します。
  3. [インポート] タブを選択します。
  4. [新規インポート] を選択します。
  5. お使いの Google アカウントにサインインします。 Google アカウントに既にサインインしている場合、サインインは有効ですので、[続行] を選択します。
  6. [フィードの選択] で、[新規作成] を選択し、[フィード名] を入力し、 [販売国] と [言語] を選択します。
  7. [Create feed] (フィードの作成) を選択します。
  8. Google マーチャント センター からフィードをインポートする先のMicrosoft Advertisingフィードを選択します。
  9. [次へ] を選択します。
  10. インポートの実行タイミングを選択できます。 リストから [今すぐ] を選択して 1 回限りのインポートをすぐに実行するか、毎日、毎週、または毎月、特定の時刻に実行される定期インポートを設定できます。
  11. [URL 内の文字列の検索と置換] を使用して、Google マーチャント センター で使用しているトラッキング メタデータを置換します。 例えば、「Google」というテキストを検索し、「Bing」に置換することで、クリックの属性を正しく設定できます。
  12. 通知設定: 定期的なインポートのスケジュールを作成する場合は、インポートのたびにメールを受信するか、インポートに問題がある場合にのみ電子メールを受信するか、メールをまったく受信しないことを選択できます。 また、定期インポートの [スケジュール名] を追加する必要があります。

    ヒント: 通知は、ストアの設定のファイルの連絡先の詳細に送信されます。 店舗設定のメールアドレスは適宜更新できます。
  13. [次へ] を選択します。
  14. 実行するインポートの概要を確認します。 [スタート] を選択します 1 回限りのインポートを実行する場合は、[インポートの開始] を選択します。定期インポートを設定する場合は、[保存] を選択します。

フィードの詳細を表示するには、[フィード] タブの表から該当するフィード名を選択します。 表示された画面で、フィードの概要フィードの設定を確認できます。 また、インポート プロセスの [インポート オプションの選択] のステップでインポートの詳細を確認することもできます。

複数の店舗を持つ Google アカウントから Google マーチャント センター の店舗を 1 つインポートするにはどうすればよいですか? expando image

新規インポートを開始するには、以下の手順に従ってください。 以前にフィードをインポートしたことがある場合は、時間と労力を節約するために新規フィードをインポートに関連付けることを促すメッセージが表示されます。

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. インポート先の Microsoft マーチャント センター の店舗を選択します。
  3. [インポート] タブを選択します。
  4. [新規インポート] を選択します。
  5. お使いの Google アカウントにサインインします。 Google アカウントに既にサインインしている場合、サインインは有効ですので、[続行] を選択します。
  6. [Google マーチャント センター アカウントの選択] で、インポートする Google 店舗を選択し、[続行] を選択します。
  7. [フィードの選択] で、[新規作成] を選択するか、インポート先となる既存の Microsoft Advertisingフィード リストからフィードを選択できます。
  8. [次へ] を選択します。
  9. インポートの実行タイミングを選択できます。 リストから [今すぐ] を選択して 1 回限りのインポートをすぐに実行するか、毎日、毎週、または毎月、特定の時刻に実行される定期インポートを設定できます。
  10. [URL 内の文字列の検索と置換] を使用して、Google マーチャント センター で使用しているトラッキング メタデータを置換します。 例えば、「Google」というテキストを検索し、「Bing」に置換することで、クリックの属性を正しく設定できます。
  11. 通知設定: 定期的なインポートのスケジュールを作成する場合は、インポートのたびにメールを受信するか、インポートに問題がある場合にのみ電子メールを受信するか、メールをまったく受信しないことを選択できます。 また、定期インポートの [スケジュール名] を追加する必要があります。

    ヒント: 通知は、ストアの設定のファイルの連絡先の詳細に送信されます。 店舗設定のメールアドレスは適宜更新できます。
  12. [次へ] を選択します。
  13. 実行するインポートの概要を確認します。 1 回限りのインポートを実行する場合は、[インポート] を選択します。定期インポートを設定する場合は、[保存] を選択します。

フィードの詳細を表示するには、[フィード] タブの表から該当するフィード名を選択します。 表示された画面で、フィードの概要フィードの設定を確認できます。

Google マーチャント センター からの定期インポートを管理するにはどうすればよいですか? expando image

Microsoft マーチャント センター の [インポート] タブにある [定期インポート] セクションにアクセスします。 [定期インポート] セクションでは、定期インポートの一覧を確認でき、以下の操作を行えます。

  • すべてフィードまたは選択したフィードのインポートを開始して、商品を更新する。
  • 選択したフィードのデフォルト スケジュールを編集する。
  • 任意の定期インポートを一時的に停止する、または削除する。

インポートを作成すると最初はデフォルト スケジュールが設定されることにご留意ください。 インポート スケジュールを編集する方法としては、インポートに含まれるフィードのインポート スケジュールを個別にカスタマイズする方法と、デフォルト スケジュールが適用されているすべてのフィードのインポート スケジュールを変更する方法の 2 つがあります。

また、定期インポートが設定されている状態で Google マーチャント センター アカウントからサインアウトしても、定期インポートは実行され続けることにご留意ください。 定期インポートを停止するには、該当するインポートを削除する必要があります。

1 つのフィードのスケジュールを変更する

例えば、3 つのフィードが含まれたインポートがあり、 3 つのフィードをすべてインポートするデフォルト スケジュールが、太平洋標準時の月曜日午前8 時に設定されているとします。 これら 3 つのフィードのうち 1 つフィードのインポート スケジュールを変更し、毎日インポートが実行されるようにしたい場合、以下の手順に従ってください。

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. [インポート] タブを選択します。
  3. 変更したいスケジュールが設定されたフィードを見つけます。
  4. [タイミング] 列の鉛筆アイコン 鉛筆アイコンを選択します。
  5. インポートの頻度 (実行タイミング)、曜日時間タイム ゾーンを変更できるフォームが表示されます。

    注: フィードのインポート スケジュールを変更し、そのスケジュールを既定に戻す場合は、この同じフォームで [既定のスケジュールを使用する] の横にあるチェック ボックスをオンにします。
  6. 完了したら、[保存] を選択します。

好きなタイミングでフィードを更新する

次回の定期インポートまで待たずに新しいフィード データを取り込みたい場合、いつでもインポートを開始してフィードを更新できます。 この場合、定期インポートを新たに設定する必要はありません。

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. [インポート] タブを選択します。
  3. 更新したいフィードが含まれているインポートを見つけます。 更新するフィードを個別に選択する場合は、該当するチェックボックスを選択します。すべてのフィードを更新したい場合は、列の一番上にあるチェックボックスを選択します。
  4. [選択したフィードを今すぐインポートする] を選択します。
  5. 確認メッセージが表示されたら、[インポート] を選択します。

デフォルト スケジュールが適用されているすべてのフィードのインポート スケジュールを変更する

デフォルト スケジュールの変更は、デフォルト スケジュールが設定されているフィードにのみ適用されます。 インポート スケジュールがカスタマイズされているフィードは、全体のデフォルト スケジュールを変更しても影響を受けません。 以下の手順に従ってください。

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. [インポート] タブを選択します。
  3. 変更したいデフォルト スケジュールが設定されたインポートを見つけます。
  4. スケジュール名の右側にある鉛筆アイコン鉛筆アイコン を選択します。
  5. インポートの頻度 (実行タイミング)、曜日時間タイム ゾーンを変更できるフォームが表示されます。
  6. 完了したら、[保存] を選択します。

新規フィードを既存の定期インポートに関連付ける

Microsoft マーチャント センター は、Google マーチャント センター に追加された新規フィードを検出します。 [定期インポート] タブには、既存のインポートに関連付けることができるフィードの通知が表示されます。

  1. 通知バナーから、[既存の定期インポートに追加] を選択します。
  2. Microsoft マーチャント センター へのインポートに関連付けられていない Google マーチャント センター フィードのリストを含む新しいページが表示されます。 ドロップダウン リストを使用して、既存のインポートにフィードを割り当てることができます。 (なお、1 つの地域につき 1 つのフィードしか割り当てることができません。 例えば、米国に 2 つのフィードを割り当てようとすると、エラーが表示されます。)
  3. 完了したら、[保存] を選択します。

定期インポートを一時的に停止する

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. [インポート] タブを選択します。
  3. 一時的に停止したいインポートを見つけます。
  4. スイッチを左にスライドさせます。これにより、すべてのフィードの定期インポートが一時的に停止します。 (インポートを再開するには、同じスイッチを右にスライドするだけです)。

定期インポートを削除する

定期インポートを削除しても、フィードの商品は削除されません。 定期インポートだけが削除されます。

  1. トップ メニューから、[ツール] > [Merchant Center] の順に選択します。
  2. [インポート] タブを選択します。
  3. 削除したいインポートを見つけます。
  4. [デフォルト スケジュール] の右側に [このスケジュールを削除する] と書かれたリンクがあるので、 そのリンクを選択します。
  5. 削除確認ダイアログ ボックスが表示されます。 [削除] を選択します。
インポート エラーに対するトラブルシューティングexpando image

Google マーチャント センター からインポートする際にエラーが発生した場合、Microsoft マーチャント センター からエラーを修正する方法をご案内します。 Microsoft マーチャント センター のよくある不具合に対する対処法のリストもお役立てください。

ドイツ向け配送情報expando image
  • ドイツ市場をターゲットとする商品をインポートする際に、各商品に配送情報が関連付けられていない場合、Google マーチャント センター の店舗の送料設定に基づくドイツ市場向け配送情報もインポートされます。
  • 商品に複数の配送オプションがある場合、送料が最も安いものが適用されます。
  • Google マーチャント センター の店舗の配送情報をインポートするには、管理者権限を持つ Google マーチャント センター アカウントでログインする必要があります。
ご留意事項expando image
  • Google マーチャント センター インポート ツールを使用する前に、Microsoft マーチャント センター で店舗を作成する必要があります。
  • Google マーチャント センター インポート ツールは、保留中のオファーや不承認のオファーを含め、Google マーチャント センター からすべてのオファーをインポートします。
  • Microsoft Advertising がサポートする Microsoft ショッピング キャンペーンの市場を対象とする Google マーチャント センターの商品だけがインポートされます。 サポートされている言語と市場は、以下のとおりです。

    アルバニア語: アルバニア
    ボスニア語: ボスニア・ヘルツェゴビナ
    ブルガリア語: ブルガリア
    クロアチア語: クロアチア
    チェコ語: チェコ共和国
    デンマーク語: デンマーク
    オランダ語: オランダ
    英語: アルバ、オーストラリア、バハマ、バングラデシュ、ブルネイ、カナダ、ケイマン諸島、キプロス、ドミニカ、フィジー、ギリシャ、グアム、ガイアナ、ハンガリー、インド、インドネシア、アイルランド、マレーシア、モルディブ、モンゴル、モンテネグロ、モントセラト、オランダ、ネパール、新 ジーランド、パプアニューギニア、フィリピン、サンマリノ、セルビア、シンガポール、スロバキア、南アフリカ、スリランカ、タイ、トリニダード・トバゴ、英国、米国、ベトナム
    エストニア語: エストニア
    フィンランド語: フィンランド
    フランス語: アンドラ、ベルギー、フランス、フランス領ギアナ、フランス領ポリネシア、ハイチ、ルクセンブルグ、マルティニーク、モナコ、ニューカレドニア
    ドイツ語: オーストリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグ、スイス
    ギリシャ語: キプロス、ギリシャ
    ハンガリー語: ハンガリー
    アイスランド語: アイスランド
    イタリア語: イタリア、サンマリノ、バチカン市国
    ラトビア語: ラトビア
    リトアニア語: リトアニア
    マケドニア語: 北マケドニア共和国
    マルタ語: マルタ
    ポーランド語: ポーランド
    ポルトガル語: ブラジル、ポルトガル
    ノルウェー語: ノルウェー
    ルーマニア語: ルーマニア
    セルビア語: モンテネグロ、セルビア
    スロバキア語: スロバキア
    スロベニア語: スロベニア
    スペイン語: アルゼンチン、ボリビア、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、パナマ、パラグアイ、ペルー、プエルトリコ、スペイン、ウルグアイ、ベネズエラ
    スウェーデン語: スウェーデン
    トルコ語: トルコ
注意

ノルウェー市場については、ブークモール方言 (nb-NO) にのみ対応し、ニーノシュク (no-NO) には対応していません。

  • インポートした商品は、30 日後に期限切れとなります。 システム上で最新の状態を維持するためには、少なくとも 30 日ごとに商品をインポートする必要があります。

See more videos...