展開されたテキスト広告の切り捨て

検索結果ページの画面サイズと表示形式に応じて、Microsoft Advertising が拡張テキスト広告を切り捨てる方法 について説明します。
重要
  • 拡張テキスト広告を、2023 年 2 月 1 日までにレスポンシブ検索広告にアップグレードしてください。 この日付を過ぎると、拡張テキスト広告を新規作成したり、編集したりできなくなります。 詳細については、「レスポンシブ検索広告について」を参照してください。
  • 既存の拡張テキスト広告の配信は続けられ、またそのパフォーマンス レポートも表示されます。
  • 拡張テキスト広告は、一時停止、有効化、または削除することができます。
  • この変更の詳細については、こちらを参照してください。

画面サイズ、検索結果ページのレイアウト、広告クリエイティブの長さ、広告コピーで使用される文字の幅によっては、 Microsoft Advertising は拡張テキスト広告の広告タイトル、URL、広告テキスト、特定の広告拡張機能が切り捨てられる場合があります。 これは、タイトル、URL、広告テキストがすべて文字制限に近い拡張テキスト広告で発生する可能性が最も高くなります。

以下にMicrosoft Advertising が広告タイトル、URL、広告テキスト、特定の広告拡張機能を切り捨てる際の例を挙げます。 切り捨てが必要な場合は、画面サイズ、検索結果ページ レイアウト、広告コピーに基づいて最適な方法を選択します。

広告タイトル expando image

この例では広告タイトルは以下の構成になっています。

広告タイトル パート 1: 必要なスポーツ データのすべて
広告タイトル パート 2: 野球、フットボール、バスケなど
タイトル全体: 必要なスポーツデータのすべて―野球、フットボール、バスケなど

広告タイトルを切り詰めるとしたら:

  • 広告タイトルパート 2 の単語区切りで切り捨てます。 例: 必要なすべてのスポーツ データ - 野球、サッカー...
  • 広告タイトル パート 2 を完全に削除します。 例: 必要なすべてのスポーツ データ...
URL expando image

この例では URL は以下のような構成になっています。

最終ページ URL: www.ConsolidatedMessenger.com
パス 1: Top4MajorSports
パス 2: PerformanceData
URL 全体: www.ConsolidatedMessenger.com/Top4MajorSports/PerformanceData

URL を切り詰めるとしたら:

  • URL のプレフィックスを削除します。 例: ConsolidatedMessenger.com/Top4MajorSports/PerformanceData
  • パス 1 を省略記号に置き換えます。 例: www.ConsolidatedMessenger.com/.../PerformanceDataまたはConsolidatedMessenger.com/.../PerformanceData
  • パス 2 を削除します。 例: www.ConsolidatedMessenger.com/Top4MajorSportsまたはConsolidatedMessenger.com/Top4MajorSports
  • パス 1 とパス 2 の両方を削除する。 例: www.ConsolidatedMessenger.comまたはConsolidatedMessenger.com
  • URL を切り詰める。 例: www.ConsolidatedMesseng...
広告文 expando image

この例の広告文の全体は以下の通りです。

広告文: 最新のスポーツデータが今すぐ手に入る! 数字の処理はおまかせください。あなたが勝ちます!

広告文の切り詰めの例:

  • 単語区切りで切り捨てます。 例: すぐに利用できるスポーツ データです! 数値を処理しています...
広告拡張機能expando image

横の空きスペースによっては、コールアウト表示オプションや構造化スニペット表示オプションが表示されないことがあります。 スクリーンサイズが小さいと表示されるアイテムが少なくなります。

拡張テキスト広告についての詳細については「拡張テキスト広告 FAQ」を参照してください。

注意

拡張テキスト広告に長い広告タイトル(LAT)コメントを使っている場合、その LAT が広告タイトル パート 2 に置き換わることがあります。

See more videos...