トラッキングや URL パラメーターの使用方法

URL パラメーターをトラッキング テンプレートやリンク先 URL に追加するように構成すると、訪問者が Web サイトにアクセスするまでの経緯を把握できます。

リンク先 URL やトラッキング テンプレートに URL パラメーターを追加すると、訪問者が Web サイトにアクセスするまでの経緯を把握できます。 URL パラメーターを使用すると、広告クリックの発生元の情報をトラッキングできます。

変数名とパラメーターは異なる場合がありますが、構造は必ず同一です。

  • パラメーターは、広告がクリックされた際にどのようなデータを戻すかを Microsoft Advertisingに指定するもので、{ } で囲まれます。 選択可能なパラメーターを下の表に示します。
  • そのデータを格納するために定義する変数。 変数名は自由に付けることができますが、この名前は、パラメーターが戻す値を格納する際に Web サイトのスクリプト内で使用されます。 Web サイトのプロブラマーと相談して、適切に命名してください。

これらをすべてまとめると以下のようになります。

www.yourLandingPageURL.com?variable={parameter}

variable={parameter} を複数追加する場合、変数とパラメーターのペアをアンパサンド (&) で区切ります。

使用可能なパラメーター:

リンク先 URL、最終ページ URL、トラッキング パラメーター、カスタム パラメーターexpando image
{CampaignId}
戻される値

広告をトリガーしたキャンペーンの ID。 たとえば、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/{CampaignId} のようになります。 キャンペーン ID が 2410012280 の場合、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/2410012280 となります。

{Campaign}
戻される値

広告をトリガーしたキャンペーンの名前。 たとえば、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/{Campaign} のようになります。 キャンペーン名が Sale の場合、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/Sale となります。

{AdGroupId}
戻される値

広告をトリガーした広告グループの ID。 たとえば、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/{AdGroupId} のようになります。 広告グループID が 2410012280 の場合、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/2410012280 となります。

{AdGroup}
戻される値

広告をトリガーした広告グループの名前。 たとえば、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/{AdGroup} のようになります。 広告グループ名が Clearance の場合、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/Clearance となります。

{TargetId}
戻される値

キーワードの ID ("kwd")、リマーケティング リストまたはオーディエンス リスト ("aud")、動的広告ターゲット ("dat")、商品分割 ("pla")、広告をトリガーしたターゲット地域 ID ("loc")。

ID が複数ある場合は、aud、dat、kwd、pla の順に表示されます。 たとえば、関連付けられているリマーケティング リストが "1234"、キーワードが "5678" の場合、{TargetId} の部分は "aud-1234:kwd-5678" となります。

注: このパラメーターは Bing 上でのユーザーの行動やその他のマイクロソフトのプロパティを表すものであるため、購買意欲の強いユーザーと LinkedIn のプロファイル ターゲティングは、このパラメーターでトラッキングすることはできません。

{MatchType}
戻される値

広告配信に使用されたマッチ タイプ。 これは {BidMatchType} とは異なる場合があります。 たとえば、入札は部分一致で、検索語句は完全一致であるとします。 これにより、最多のクリックにつながったマッチ タイプを把握することができます。

  • e=exact
  • p=phrase
  • b=broad
  • b=拡張一致 (拡張一致は部分一致として処理されます)
{BidMatchType}
戻される値

キーワード入札のマッチ タイプ。 これは {MatchType} とは異なる場合があります。 たとえば、入札は部分一致で、検索語句は完全一致であるとします。 {MatchType} は入札単価、キーワード、ランディング ページの戦略の再調整に役立ちます。

  • be=bidded exact
  • bp=bidded phrase
  • bb=bidded broad
{Network}
戻される値

広告が配信された広告ネットワーク タイプ。

  • o = 所有および運用 (Bing、AOL、Yahoo の検索結果)
  • s = シンジケート (検索パートナー サイトの結果)
  • a = 対象ユーザー (Microsoft Audience Network 配置)
たとえば、リンク先 URL が www.northwindtraders.com/network={Network} であるとします。 お客様のネットワーク (広告配信) が Bing、AOL、Yahoo の検索 (所有および運営) のみの場合、リンク先 URL は www.northwindtraders.com/network=o のようになります。
{Device}
戻される値

クリック発生元によって以下のいずれかのコードが戻されます。 最多のクリックにつながったデバイス タイプがリストに示され、把握できるようになります。 それを広告や入札単価のカスタマイズに利用できます。

  • m=モバイル デバイス
  • t=タブレット デバイス
  • c=デスクトップまたはラップトップ コンピューター
{IfMobile:string}
戻される値

広告がモバイル デバイスで表示された場合の、コロンの右の文字列テキスト (お客様が定義したもの)。 たとえば、パラメーターが {IfMobile:adDisplayedOnMobile} で、広告がモバイル デバイスが表示された場合、サーバー ログに adDisplayedOnMobile と記録されます。

{IfNotMobile:string}
戻される値

広告がデスクトップ PC、ノート PC、タブレット デバイスのいずれかで表示された場合の、コロンの右の文字列テキスト (お客様が定義したもの)。 たとえば、パラメーターが {IfNotMobile:adNotOnMobile} で、広告がモバイル デバイス以外で表示された場合、サーバー ログに adNotOnMobile と記録されます。

{IfSearch:string}
戻される値

広告が検索ネットワークで表示された場合の、コロンの右の文字列テキスト (お客様が定義したもの)。 たとえば、パラメーターが {IfSearch:adDisplayedOnSearch} で、広告が検索ネットワークで表示された場合、サーバー ログに adDisplayedOnSearch と記録されます。

{IfNative:string}
戻される値

広告が Microsoft オーディエンス広告として表示された場合に URL のコロンの右に追加される文字列テキスト (お客様が定義したもの)。 たとえば、パラメーターが {IfNative:nativeAd} で、広告がオーディエンス広告として表示された場合、サーバー ログに nativeAd と記録されます。

{IfPLA:string}
戻される値

広告がショッピング広告として表示された場合に URL のコロンの右に追加される文字列テキスト (お客様が定義したもの)。 たとえば、パラメーターが {IfPLA:productAd} で、広告がショッピング広告として表示された場合、サーバー ログに productAd と記録されます。

{AdId}
戻される値

表示された広告の数値 ID。

広告 ID は、キャンペーン ページの広告の表で確認できます。 表で [広告 ID] 列が表示されない場合、[]、[広告 ID] の順にクリックします。 次に [OK] をクリックします。

{keyword:default}
戻される値

ユーザーの検索語句と一致したキーワードを置換する値。 URL が有効になるように、キーワード内の空白文字は、"%20" という文字に置き換えられます。

注: 値が置換されると URL が長くなり文字数制限を超えることがあります。その場合にシステムが使用する既定の文字列を指定する必要があります。

既定のテキストの置換はサポートされていないため、URL が無効にならないように空白文字などは含めないようにします。

{msclkid}
戻される値

広告クリックに対する一意の ClickID。 詳細については、「メソドロジーの説明」をご覧ください

{OrderItemId}
戻される値

広告の表示をトリガーしたキーワードの数値 ID。 ショッピング キャンペーンの場合、{OrderItemId} では商品グループ ID が戻されます。

{param1:default}
戻される値

URL 内の {Param1} が、ユーザーの検索語句に一致したキーワードの Param1 設定に置換されます。

注: 値が置換されると URL が長くなり文字数制限を超えることがあります。その場合にシステムが使用する既定の文字列を指定する必要があります。

{param2:default}
戻される値

URL 内の {Param2} が、ユーザーの検索語句に一致したキーワードの Param2 設定に置換されます。

注: 値が置換されると URL が長くなり文字数制限を超えることがあります。その場合にシステムが使用する既定の文字列を指定する必要があります。

{param3:default}
戻される値

URL 内の {Param3} が、ユーザーの検索語句に一致したキーワードの Param3 設定に置換されます。

注: 値が置換されると URL が長くなり文字数制限を超えることがあります。その場合にシステムが使用する既定の文字列を指定する必要があります。

{QueryString}
戻される値

ユーザーが入力した検索クエリ テキスト。

{copy:queryparameter}

{copy} パラメーターは最終ページ URL では動作しますが、リンク先 URL では動作しません。

アプリリンク表示オプション、画像広告表示オプション、サイトリンク表示オプションのいずれかを使用する広告が配信された場合、広告表示オプションのリンク先 URL 内にある {copy} の文字列は、広告の名前解決済みのリンク先 URL から取得された特定のクエリ パラメーターに置換されます。 名前解決済みのリンク先 URL は、広告配信時にその広告で使用された URL であり、広告のリンク先 URL が実際の値に置換された動的テキスト文字列となります。 たとえば、サイトリンク表示オプションのリンク先 URL に {copy:myId} が含まれており、広告の名前解決済みのリンク先 URL に "?myId=123" という文字列が含まれている場合、{copy:myId} の文字列は "myId=123" に置換されます。 広告の名前解決済みのリンク先 URL にはクエリ パラメーターは含まれず、{copy} の文字列がクエリ パラメーターの名前部分に置換されます。 (例: myId=)。

注意

キーワードのリンク先 URL を最終ページ URL にアップグレードしていて、サイトリンク表示オプションの URL をまだアップグレードしていない場合、引き続きサイトリンク表示オプションで {copy} パラメーターが動作します。 その例を以下に示します。

キーワードの最終ページ URL (アップグレード済み):

http://www.example.com?a=1&b=desk

キーワードのモバイル URL (アップグレード済み):

http://www.example.com?a=1&b=mob

サイトリンク表示オプションの URL (アップグレードしていない):

http://www.example.com?a=1&{copy:b}

{feeditemid}
戻される値

クリックされた広告表示オプションの ID。

{loc_physical_ms}
戻される値

クリックが発生した物理的な場所の地理的所在地コード。 地理的所在地コードの詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください。

{loc_interest_ms}
戻される値

広告がトリガーされた関心対象地域の地理的所在地コード。 地理的所在地コードの詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください

重要

カスタム パラメーターは、トラッキング テンプレートに追加されている場合は変数を、リンク先 URL に追加されている場合は空の値を戻します。

トラッキング テンプレートのみexpando image

トラッキング テンプレートには、{lpurl} かその他の高度なパラメーターのいずれかを使用してランディング ページの URL を挿入するパラメーターを含む必要があります。 広告がクリックされると、これらのパラメーターにより最終ページ URL が挿入されます。 URL 挿入パラメーターがトラッキング テンプレートに含まれていない場合、ランディング ページの URL は無効になります。

{lpurl}: 基本設定
用途:

実際のランディング ページでタグをトラッキングする。

トラッキング テンプレートの構造:

{lpurl}、疑問符、任意のパラメーター

例:
最終ページ URL:

http://example.com

トラッキング テンプレート:

{lpurl}?matchtype={matchtype}

ランディング ページの URL:

http://example.com?matchtype={matchtype}

{lpurl} 1 つのリダイレクト先とパラメーター
用途:

トラッキング Web サイトへのリダイレクト先が 1 つあり、そこにパラメーターを送信する。

トラッキング テンプレートの構造:

リダイレクト URL、疑問符、url={lpurl}、アンパサンド、任意のパラメーター

例:
最終ページ URL:

http://example.com

トラッキング テンプレート:

http://tracker.com?url={lpurl}&matchtype={matchtype}

ランディング ページの URL:

http://tracker.com?url=http%3A%2F%2Fexample.com&matchtype={matchtype}

{lpurl} 1 つのリダイレクト先とランディング ページのパラメーター (トラッキング テンプレート)
用途:

トラッキング Web サイトへのリダイレクト先が 1 つあり、トラッキング テンプレートを使用してランディング ページにパラメーターを送信する。

トラッキング テンプレートの構造:

リダイレクト URL、疑問符、url={lpurl}、%3F、%26、任意のパラメーター

{lpurl} はトラッキング テンプレートの先頭ではないため、{lpurl} の後に疑問符ではなく "%3F" を追加する必要があります。 また、アンパサンド (&) を "%26" に置換する必要があります。

例:
最終ページ URL:

http://example.com

トラッキング テンプレート:

http://tracker.com?url={lpurl}%3F%26matchtype={matchtype}

ランディング ページの URL:

http://tracker.com?url=http%3A%2F%2Fexample.com%3F%26matchtype={matchtype}

{lpurl} 1 つのリダイレクト先とランディング ページのパラメーター (トラッキング テンプレートを使用しない)
用途:

トラッキング Web サイトへのリダイレクト先が 1 つあり、トラッキング テンプレートを使用せずにランディング ページにパラメーターを送信する。

トラッキング テンプレートの構造:

リダイレクト URL、疑問符、url={lpurl}

リダイレクト URL を使用する場合は、トラッキング テンプレートを評価するときに Bing がすべてのエンコードを {lpurl} 内で実行できるように、ランディング ページのパラメーターを最終ページ URL に格納するのが理想的です。

例:
最終ページ URL:

http://example.com?matchtype={matchtype}

トラッキング テンプレート:

http://tracker.com?url={lpurl}

ランディング ページの URL:

http://tracker.com?url=http%3A%2F%2Fexample.com%3F%26matchtype={matchtype}

注意

{lpurl} はトラッキング テンプレートの先頭に配置することをお勧めします。 そうでない場合、最終ページ URL はエスケープされます。 英数字、および - _ . ! * ( ) の記号以外の文字は、すべてエスケープされます。

高度なパラメーター

リダイレクト先が複数ある場合、およびエスケープありの URL やエスケープなしの URL を使用する場合に向けた、高度なパラメーターもあります。 概要は以下のとおりです。
パラメーター戻される値
{lpurl+2} 2 回エスケープされた最終ページ URL。 ダブル エンコーディングとも呼ばれます。 ランディング ページにたどり着くまでに 2 回リダイレクトされる場合に使用します。
最終ページ URL:

http://example.com

トラッキング テンプレート:

http://a-tracker.com?urlb=http%3A%2F%2Fb-tracker.com%3Furl%3D{lpurl+2}

ランディング ページの URL:

http://a-tracker.com?urlb=http%3A%2F%2Fb-tracker.com%3Furl%3Dhttp%253A%252F%252Fexample.com

{lpurl+3} 3 回エスケープされた最終ページ URL。 トリプル エンコーディングとも呼ばれます。 ランディング ページにたどり着くまでに 3 回リダイレクトされる場合に使用します。
最終ページ URL:

http://example.com

トラッキング テンプレート:

http://a-tracker.com?urlb=http%3A%2F%2Fb-tracker.com%3Furlc%3Dhttp%253A%252F%252Fc-tracker.com%253Furl%253D{lpurl+3}

ランディング ページの URL:

http://a-tracker.com?urlb=http%3A%2F%2Fb-tracker.com%3Furlc%3Dhttp%253A%252F%252Fc-tracker.com%253Furl%253Dhttp%25253A%25252F%25252Fexample.com

{unescapedlpurl}エスケープされない最終ページ URL。
{escapedlpurl}エスケープされた最終ページ URL。 英数字、および - _ . ! * ( ) の記号以外の文字は、すべてエスケープされます。
{escapedlpurl+2}2 回エスケープされた最終ページ URL。 リダイレクトが連続する場合に便利です。
{escapedlpurl+3}3 回エスケープされた最終ページ URL。 リダイレクトが連続する場合に便利です。
URL 挿入パラメーターの後に追加される文字expando image

上の例のように、URL 挿入パラメーターの後に追加される内容は、トラッキング テンプレートを配置した位置によって異なります。 以下の規則に従わないと、お客様の Web サイトや第三者のシステムが URL パラメーターから情報を適切に保存することができません。

パラメータートラッキング テンプレートの位置後に続く文字
{lpurl}先頭?{lpurl}?
{lpurl}先頭以外%3F{lpurl}%3F
{lpurl+2}先頭以外%253F{lpurl+2}%253F
{lpurl+3}先頭以外%25253F{lpurl+3}%25253F
{unescapedlpurl}任意の場所?{unescapedlpurl}?
{escapedlpurl}任意の場所%3F{escapedlpurl}%3F
{escapedlpurl+2}任意の場所%253F{escapedlpurl+2}%253F
{escapedlpurl+3}任意の場所%25253F{escapedlpurl+2}%253F

Microsoft Advertising が、トラッキング テンプレート内の疑問符をアンパサンドに置換します。または、最終ページ URL に疑問符が既に含まれている場合は、適切にエスケープされた形のアンパサンドに置換します。

最終ページ URL のみexpando image
パラメーター 戻される値
{ignore} 最終ページ URL のトラッキング要素を無視して、Web サイトのクローリングの負荷を軽減します。 最終ページ URL または最終モバイル ページ URL でのみ使用できます。
たとえば、最終ページ URL が http://www.example.com/product?p1=a&/p2=b&p3=c&p4=d で、URL 内の疑問符に続くトラッキング情報がランディング ページでも変わらない場合、トラッキング情報の前に {ignore} を挿入して、その後の文字列はすべて純粋にトラッキング情報であることを示します。 この場合、URL は http://www.example.com/product?{ignore}p1=a&p2=b&p3=c&p4=d のようになります。

{ignore} を使用する場合の注意事項を以下に示します。

  • {ignore} は、他のパラメーターの中に埋め込むことはできません。
  • 広告がクリックされたときに第三者が最終ページ URL の任意の部分を変更できるようにする場合、最終ページ URL で {ignore} を使用する必要があります。
Microsoft ショッピング キャンペーン のみexpando image

Microsoft ショッピング キャンペーン でショッピング広告を使用して広告を配信する場合、BiddableAdGroupCriterion の DestinationUrl に以下の動的テキスト文字列を含めることができます。 文字列では大文字/小文字が区別されます。また、前後を波かっこで囲む必要があります。

パラメーター 戻される値
{CriterionId} ショッピング広告で使用される Microsoft ショッピングの商品グループの識別子。 : ショッピング キャンペーンの場合、{CriterionId}{OrderItemId} と同等です。
{OrderItemId} ショッピング広告で使用される Microsoft ショッピングの商品グループの識別子。 : ショッピング キャンペーンの場合、{OrderItemId}{CriterionId} と同等です。
{product_channel} 広告がクリックされた商品が販売されたショッピング チャンネルのタイプ (オンラインまたはローカル)。
{product_country} 広告がクリックされた商品が販売された国。 US、UK など。
{ProductId} 広告をトリガーした商品の数値 ID。 この値は Microsoft マーチャント センター のカタログのもので、ショッピング広告で使用されます。
{product_language} Merchant Center データ フィード内で指定されている商品情報の言語。 EN、FR など。
{seller_name} 商品の販売者に関連付けられている値。広告主がアグリゲーターかどうかによって、フィードから取得された販売者名か店舗名となります。

See more videos...