Microsoft Advertising の URL トラッキングとは

トラッキング パラメーターとサード パーティ トラッキングツールを使用して、訪問者が Web サイトにどうやってたどり着いたかを検索します。 Microsoft Advertising でトラッキングを設定するには、4 つの異なる方法があります。

URL トラッキングは、訪問者が Web サイトにどのようにたどり着いたのかを明らかにするために、Microsoft Advertising内でトラッキング パラメーターを追加し、サード パーティ製のトラッキング ツールやサービスによるデータ解析を可能にするものです。 広告が配信される際、トラッキング パラメーターがランディング ページ URL に動的に追加されます。 このランディング ページ URL は Web サーバーに記録され、これにより Adobe や Google アナリティクスなどのサードパーティのトラッキングツールがデータを解釈することができます。

Microsoft Advertising で URL トラッキングを設定するには、5 つの方法があります。

  1. UTM タグの自動タグ付け: 自動タグ設定チェックボックスを選ぶと、テキスト広告、キーワード、Microsoft ショッピング キャンペーン、画像表示オプション、サイトリンク表示オプションのランディング ページ URL に 5 つの UTM タグが追加されます。 詳細情報: 自動タグ付けを設定する方法
  2. Microsoft Click ID の自動タグ付け: コンバージョン トラッキングを目的として、Microsoft クリック ID の自動タグ設定を個別に有効にすることもできます。 詳細情報: どうやってコンバージョン目標を作成しますか?
  3. 最終ページ URL トラッキング: 最終ページ URL に URL パラメーターを手動で追加します。 このオプションを使うと、パラメーターを更新するたびに広告は編集の審査を通る必要があります。 詳細については「最終ページ URL トラッキングの設定方法」を参照してください。
  4. トラッキング テンプレート: ランディング ページとして最終ページ URL を選択し、トラッキング テンプレートに URL パラメーターを追加します。 すべての URL (広告、キーワード、サイトリンク表示オプション) に適用されるように、アカウントレベルでトラッキング テンプレートを追加することをお勧めします。 詳細については「アカウント トラッキング テンプレートの作成」を参照してください。
  5. カスタム パラメーター: ランディング ページとして最終ページ URL を選択し、特定のデータ ポイントをトラッキングするためにカスタム パラメーターを定義してから、カスタム パラメーターをトラッキング テンプレートに追加します。 詳細については「カスタム パラメーターを使用できますか?」を参照してください。
注意

UTM タグと Microsoft クリック ID の自動タグ設定は 2 つの個別の機能です。 これらの機能を一緒に使うには、両方が同時に有効である必要があります。

アカウントで、使用したいトラッキング パラメーターを組み合わせて使用することができます。 広告が配信される際に URL トラッキング オプションが機能する仕組みは以下のとおりです。

  • Microsoft Advertising は最下位レベルのトラッキング テンプレートまたは最終ページ URL からパラメーターを渡します。
  • 自動タグ設定は、URL パラメーターの後ろに、UTM タグまたは Microsoft クリック ID を URL の最後に追加します。

See more videos...