動的検索広告について

キーワードや広告が Microsoft Advertisingでどのようにして自動生成されるかをご覧ください。

動的検索広告は、Microsoft Search ネットワーク上で検索している顧客が商品やサービスを確実に見つけられるようにするための、効率的でロータッチな方法です。

注意

動的検索広告を利用できる地域は、アルバニア、アンドラ、アルゼンチン、アルバ、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バングラデシュ、ベルギー、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、カナダ、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ国、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、エストニア、フィジー、フィンランド、フランス、仏領ギアナ、仏領ポリネシア、ドイツ、ギリシャ、グアム、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、モルディブ、マルタ、マルティニーク、メキシコ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モントセラト、ネパール、オランダ、ニューカレドニア、ニュージーランド、北マケドニア、ノルウェー、パナマ、パラグアイ、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、タイ、トリニダード・トバゴ、トルコ、バチカン市国、ベトナム、イギリス、米国、ウルグアイ、ベネズエラです。

動的検索広告を使用するメリット

動的検索広告は、Web サイトのコンテンツに基づいて関連性のある検索クエリを自動的にターゲットにし、これらの検索クエリに応じて動的に作成されます。 動的検索広告を使用すると、以下のようなメリットがあります:

  • ターゲット広告と関連性の高い広告を自動的に作成する: Web サイトのコンテンツ、または Web サイトの特定のページまたはカテゴリに基づいて、すべての検索クエリに対して新しく動的に作成された広告。
  • 時間を節約し、ワークロードを減らします: キーワード リストの管理、落ち込みの管理、広告タイトルの更新とカスタマイズを行う必要はありません。
  • 見逃した機会を見つける: 新しいクエリに自動的に適応して、追加のコンバージョンを促進します。

動的検索広告は、以下の 2 つのタイプの広告主に最適です:

  • 大きな Web ページ カタログを掲載していて、商品の組み合わせが頻繁に変わるため、各商品の検索広告の管理が難しい。
  • 検索広告について詳しくないが、今すぐ簡単に試してみたい。

動的検索広告の作成方法

既存の検索キャンペーンまたは新しい検索キャンペーン内で動的な検索広告を有効にするには、次の手順に従います。

既存の検索キャンペーン
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[設定] の順に選択します。
  2. 適切なキャンペーンを選択します。
  3. [動的検索広告] で、[動的検索広告を有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. 以下の手順 5 ~ 7 を完了していることを確認します。
  5. [保存] を選択します。

これで、動的検索広告と動的広告ターゲットを含む [動的] 広告グループをキャンペーンに追加できるようになります。

新しい検索キャンペーン
  1. 左のメイン メニューで、[検索キャンペーン] > [キャンペーン] > [キャンペーンの作成] を選択します。
  2. キャンペーンの目標 ([Web サイトの訪問] など) を選択し、[検索広告] を選択します。
  3. [次へ] を選択します。
  4. キャンペーンの設定の選択では、[動的検索広告を有効にする] を選択します。
  5. Web サイト URL を入力します。 Web サイトのルート ドメインまたはサブドメインを入力することができます。 例えば、contoso.com はルート ドメインで、mysite.contoso.com はサブドメインです。 どちらの URL タイプでも使用できます。
  6. ドロップダウン メニューから Web サイト言語を選択します。
  7. [ターゲット設定ソース] を選択します。
  8. [動的検索広告テキストを有効にする] チェックボックスを選択すると、動的検索広告テキストを有効にできます。 この機能を有効にすると、指定した広告テキストだけでなく、他の広告テキストも自動的に生成されます。 広告の配信時に、人工知能を使用して、使用可能な最も適した広告テキストがこれらのオプションから選択されます。 動的検索広告テキストの詳細については、以下の「広告コンテンツについて知っておくべきこと」をご覧ください。

    注意

    一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。 近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。

  9. 動的広告ターゲットの [動的] 広告グループを作成し、[保存 & 次のステップに進む] を選択します。 詳細については、以下の「動的広告ターゲットについて知っておくべきこと」をご覧ください。 その他の広告タイプやキーワードを含む [標準] 広告グループを必要に応じて作成することもできます。
  10. 動的検索広告を作成し、[保存 & 次のステップに進む] を選択します。
  11. キャンペーンの予算およびその他の設定を選択し、[保存] を選択します。

重要

動的検索広告を含む検索キャンペーンを作成してから広告の提供が開始されるまでに、最長で 1 週間かかります。

動的広告ターゲットについて知っておくべきこと

  • ターゲットの推奨カテゴリ: Microsoft Advertising Web サイトを分析し、そのコンテンツを分類します。 ターゲットとするカテゴリを選択すると、そこからキーワードと広告が自動的に生成されます。 これは、動的検索広告を特定のテーマを中心としたものにしておきたい場合、または Web サイトの各部で異なる入札単価を設定したい場合に適しています。
  • すべての Web ページをターゲット: Microsoft Advertising キーワードと広告を生成するために、Web サイトのすべてのページのコンテンツを確認します。
  • 特定の Web ページをターゲット: URL、カテゴリ、ページ タイトル、ページ コンテンツに基づいて、ターゲットとする Web サイト上の特定のページを選択します。 これは、Web サイトの各部で異なる入札単価を設定したい場合や、Web サイト内のキャンペーンの目標に関連しない部分をターゲット設定しないようにしたい場合に適しています。
    • 正確な URL: お客様の Web ページの正確な URL を、1 行に 1 つずつ入力するか、貼り付けます。
    • ルール: “contains” 演算子を使用して、特定の単語または特定の文字シーケンスを含む URL、カテゴリ、ページ タイトル、またはページ コンテンツをターゲットにします。 "and" 条件 (例: "food" を含む URL と "delivery" を含む URL) を使用する場合は、指定したすべての条件を満たす Web ページが Web サイトにあることを確認します。
    • "ページ タイトル" は、Web ページ—の一番上に表示されるテキストです。Web サイトのコードでは、この部分のテキストになります:

      <head>
        <title>This is the page title</title>
      </head>
    • "ページ コンテンツ" は、Web ページ—に表示されるテキストです。Web サイトのコードでは、これらのタグの間のテキストになります:

      <body></body>
  • 除外動的広告ターゲット: [動的広告ターゲット] タブには、[除外動的広告ターゲット] を選択するオプションがあります。 除外動的広告ターゲットでは、キャンペーンまたは広告グループ レベルで除外する特定の Web ページをターゲットとすることができます。

    除外動的広告ターゲットを選択するには、左の折りたたみ可能なメニューから、[すべてのキャンペーン] > [動的広告ターゲティング] > [Negative dynamic ad targets] (除外動的広告ターゲット) を選択します。 次に、URL、カテゴリ、ページ タイトル、ページ コンテンツに基づいて除外する Web サイト上の特定のページを選択します。
    • 正確な URL: 除外する Web ページの正確な URL を、1 行に 1 つずつ入力するか、貼り付けます。
    • ルール: 特定の単語または文字列を含む URL、カテゴリ、ページ タイトル、ページ コンテンツを除外するには、"contains" (次を含む) 演算子を使用します。 "and" 条件 (例: "food" を含む URL と "delivery" を含む URL) を使用する場合は、指定したすべての条件を満たす Web ページが Web サイトにあることを確認します。

重要

自動ターゲットをいったん作成すると、その条件を変更することはできなくなります。

広告コンテンツについて知っておくべきこと

  • 広告作成時に、広告のタイトルや広告の説明を記述する必要はありません。 Microsoft Advertising は、適切なキーワードと Web サイトのコンテンツに基づいてこれを動的に生成します。 または、ページフィードを使用して広告見出しを指定することもできます。
  • Web サイトのドメインの後ろに 1 つまたは 2 つのパスを含めることができます。 パスは最終ページ URL とは異なります。 最終ページ URL は、顧客が広告のクリック後に誘導される実際の Web ページ URL です。 パスは、URL の短縮バージョン、または、よりわかりやすくなったバージョンであり、1 つまたは 2 つのサブディレクトリが表示されます。 たとえば紳士服を販売していて、春物セール中のシャツを宣伝している場合、最終 URLは、http://www.contoso.com/content/en/clothesaccessories/spr2017/shirts のようになりますが、パスは contoso.com/SpringSale/Shirts のように簡略化できます。

効果的な動的検索広告のためのヒント

設定
  • 入札単価は、類似のキーワード カテゴリに対する完全一致以外の入札単価の金額に近い額で設定します。
  • 動的広告ターゲットごとに別々の広告グループを作成します。
  • 関連する検索をできるだけ多く捕捉できるように、より狭いターゲットに加え、[すべての Web ページをターゲット] 広告グループを作成します。
  • 自動ターゲットで参照されているドメインまたは URL 内に NoIndex タグが存在しないことを確認します。
  • キャンペーン、広告グループ、広告がすべて同じ言語で設定されていることを確認します。 また、キャンペーン、広告グループ、広告に対して設定されている言語がドメインの言語と一致している必要があります。
自動ターゲット
  • サイト内のコンバージョンにつながらない部分を除外します。
  • [Web ページのターゲット カテゴリ]— を使って様々な自動ターゲットを設定すると、適切なものを見つけることができます。
  • [すべての Web ページ] の自動ターゲットを使用する広告グループ内の広告には、より汎用的な説明文と URL パスを使用します。
  • メイン ドメインの URL から自動ターゲットを作成します。 他のページにリダイレクトされる URL を使用して自動ターゲットを設定しないでください。
  • キャンペーンの作成時に指定するドメイン アドレスは、そのキャンペーンに対する自動ターゲットの作成に使用したのと同じドメイン アドレスである必要があります。
  • 自動ターゲットには "http://www" や "https://www" は 含めない ことをお勧めします。
  • [特定の Web ページをターゲットとする] では、"and" 条件 (例: "food" が含まれるページと "delivery" を含む URL) を使用する場合は、指定したすべての条件を満たす Web ページが Web サイトにあることを確認します。
  • サイト内の正確な URL をターゲット設定する場合は、Web ページの標準的 URL を使用していることを確認してください。 それ以外の場合、自動ターゲットは Web サイト カバレッジを構築しません。 Web サイト カバレッジは、ルールの対象となるページ (正確な URL など) によって表される Web サイトの割合です。 標準的な URL がわからない場合は、Web マスターにお問い合わせください。 指定していない場合、Bing はその特定の Web サイトにインデックスを作成する方法を決定します。
最適化
  • 他のキャンペーンに対する一時停止中のキーワードおよび現在の除外キーワードを、除外キーワードとして動的検索広告グループに追加します。
  • 広告表示オプションを使用して広告をより目立たせます。
  • リマーケティング リストを使用して、Web サイトを以前に訪問したことがある顧客にターゲットを絞ります。
  • 除外を追加して、広告が特定の地域、検索ネットワーク内の特定の Web サイト、または特定の IP アドレスに表示されないようにします。
  • 動的検索広告はトラフィックの増加につながるため、予算を超過しないよう常に気を配ってください。
レポート
  • 自動ターゲットのパフォーマンスを把握して、入札単価調整をどこでするのがよいかを確認するために、[動的検索広告自動ターゲット] レポートを実行します。
  • 既存のカテゴリのパフォーマンスを確認するか、ターゲット設定に適した新しいカテゴリを見つけるには、[動的検索広告カテゴリ] レポートを実行します。
  • 検索語句に対して広告がどのような成果を上げているかを確認するには、[動的検索広告語句] レポートを実行します。 このデータを使用して、コンバージョンを生み出す除外キーワードを見つけることができます。

動的検索広告に関する一般的な質問

Web サイトにどのようなコンテンツが含まれているかは、どのようにして判断しているのですか? また、Web サイトの特定の部分が検出されていないと思われる場合はどうすればよいですか?expando image

お客様の Web サイトのコンテンツは、Bing の Web クローリング テクノロジにより分析されます。 Bing のインデックスに含まれるすべての Web ページがクローリングの対象になります。 Web サイトの一部が Web クローラーにより検出されていない可能性がある場合は、考えられる理由とその解決方法について、こちらの Bing Webmaster 記事をご覧ください。

動的検索広告は、既存の広告表示オプションや広告表示オプション (自動) と一緒に使用できますか?expando image

はい、動的検索広告は標準のテキスト広告と同様に、すべての既存の広告表示オプションおよび広告表示オプション (自動) と一緒に使用できます。

リマーケティング リストは動的検索広告と一緒に使用できますか?expando image

はい、リマーケティング リストは動的検索広告を含む広告グループに関連付けることができます。 リマーケティング リストの詳細については、こちらをご覧ください

トラッキング テンプレートとカスタム パラメーターを動的検索広告に追加することはできますか?expando image

はい、トラッキング テンプレートとカスタム パラメーターは、キャンペーン、広告グループ、広告、自動ターゲット レベルでサポートされています。 トラッキング テンプレートの詳細については、こちらをご覧ください

See more videos...