ラベルで何ができますか?

ラベルを使用して、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードを重要度に基づいてグループ分けする方法を学んでください。

ラベルを使用すると、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードを、重要度に基づいてグループ分けできます。その後、ラベルのフィルタリングとラベルに関するレポートを実行し、自分にとって最も意味のあるデータを取得できます。

ラベルを使用するメリット

ラベルを使用すると、以下の操作を行うことができます。

  • レポートを実行し、"2019 年ホリデー シーズン" と "2020 年ホリデー シーズン" のパフォーマンスをキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードにわたって比較する
  • レポートを実行し、ブランド名を含む広告やキーワードを、一般名称を使用している広告やキーワードと比較する
  • "Microsoft Advertisingからの提案" というラベル付きのキーワードについて、素早くフィルタリングしてパフォーマンスを表示する
  • 自動化ルールを作成して、"CPA 入札" というラベルが付いているキーワードへの入札単価を変更する

重要なのは、何ができるかはお客様次第であるということです。ラベルの意味と、ラベルをキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードに適用する方法は、お客様が決定します。

マネージャー アカウント レベルのラベルとアカウント レベルのラベルexpando image

マネージャー アカウント レベルのラベルは、そのマネージャー アカウントより下の任意のアカウント レベルで適用できます。また、そのうちのいずれかのアカウント内でキャンペーン レベル、広告グループ レベル、広告レベル、キーワード レベルでこれらのラベルを適用することもできます。

マネージャー アカウントへのアクセス (階層/マネージャー アカウント リンク経由のアクセスも含む) ができるユーザーは、だれでもラベルのマネージャー アカウント内でそれらのラベルを表示し、管理できます。代理店が単一の広告アカウントにリンクした場合、上記のユーザーはそのアカウントより上のマネージャー アカウント レベルのラベルを表示できません。

重要
  • アカウント レベルで他のマネージャー アカウントのラベルを使用することはできません。
  • アカウント レベルのラベルは、そのアカウントまたはそのアカウントより下のアカウント レベルでのみ使用できます。
ラベルの作成方法expando image
  1. 上部のメニューで [ツール]、[ラベル] の順に選択します。
  2. [ラベルの追加] を選択します。
  3. [ラベル名] フィールドで、わかりやすい一意の名前を入力します。
  4. オプション:カラー ピッカーを選択して、ラベルの色を選択します。完了したら、カラー ピッカーの外側で任意の場所を選択します。
  5. ラベルの [説明文] を入力します。
  6. [保存] を選択します。
ラベルの適用方法expando image
マネージャー アカウント レベルのラベル
  1. トップ メニューから、[ツール] > [アカウント] を選択して、[アカウントの概要] に移動します。
  2. 上部のメニューで [ツール]、[ラベル] の順に選択します。
アカウント レベルのラベル
  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン] を選択します。
  2. 左側のページ メニューから、[キャンペーン][広告グループ][広告と広告表示オプション]、または [キーワード] を選択します。
  3. 上部のメニューで [ツール]、[ラベル] の順に選択します。
注意
  • 表の右側の列には、各ラベルが付いているキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの数が表示されます。
  • たとえば、ラベルに 16 個の広告がある場合は、数字 16 を選択して [広告] タブに移動すると、このラベルが付いている広告のみ表示されます。
[ディメンション] タブでラベル データを表示するexpando image
マネージャー アカウント レベルのラベル
  • 上部のメニューで [レポート]、[ディメンション]、[ラベル]、[アカウント] の順に選択します。
アカウント レベルのラベル
  • 上部のメニューで [レポート]、[ディメンション]、[ラベル] の順に選択し、[キーワード]、[広告]、[広告グループ]、[キャンペーン] のいずれかを選択します。
注意

他の [ディメンション] 表とは異なり、ラベルのリストの下には要約した [ラベルなし] 行が表示されます。この行には、表中のラベルに関連付けられていないアイテムのパフォーマンス データがすべて表示されます。フィルターを適用していない場合、[ラベルなし] 行は、ラベルのないすべてのアイテムを表します。たとえば、10 個中 3 つのラベルでフィルタリングした場合、この行はこれら 3 つのラベルがないすべてのアイテムを表します。これは、ラベルのグループを比較するための便利な方法となります。

See more videos...