入札単価の管理は入札戦略を用いて Microsoft Advertising に任せましょう

拡張クリック単価、クリック数の最大化、コンバージョン数の最大化、目標コンバージョン単価などの入札戦略を使用して、Microsoft Advertising が入札を処理する方法を学びます。

入札戦略では、検索、クリック、コンバージョンのパターンの詳細分析を用いて、Microsoft Advertising で入札単価を管理できます。 効果的かつ自動的に入札していることを確認することができます。 どの入札戦略を使用している場合でも、Microsoft Advertising は常に予算制限を守ります。

Microsoft Advertising の入札単価の管理をどのようにしたいですか?

Microsoft Advertising は、次の種類の入札単価を管理できます。

拡張クリック単価
重要

拡張クリック単価が利用できます:

  • 世界中の検索広告キャンペーンに対応。
  • Microsoft ショッピング キャンペーン が利用できる場所ならどこでも Microsoft ショッピング キャンペーン に対応。

拡張クリック単価 (CPC) は、新しいキャンペーンを作成した場合のデフォルトの入札戦略設定です。 拡張クリック単価で、広告グループとキーワードの入札単価を設定すると、Microsoft Advertising はリアルタイムで入札単価を自動的に調整して、コンバージョンの可能性を高めます。 コンバージョンにつながる可能性が高い検索では入札単価が高くなり、コンバージョンにつながる可能性が低い検索では入札単価が低くなります (上下させるこの変更は、設定した入札単価調整を適用した後に行われます)。 ただし長期的には、平均クリック単価が入札単価を上回らないように努めます。

キャンペーンをまだ最適化していない場合、拡張クリック単価は現在の予算内で、コンバージョンあたりのコストを削減し、総コンバージョン数を増やす必要があります。

注意
  • 最良の結果を得るには、拡張クリック単価をコンバージョン トラッキング (UET タグとコンバージョン目標) と組み合わせて使用することを強くお勧めします。
  • 拡張クリック単価は、サードパーティの入札管理ツールを中断させることはありません。 拡張クリック単価は常に、調整を適用する前に、入札管理ツールによって設定された入札単価を開始点として使用します。

手動 CPC
重要

手動 CPC は、オーディエンス キャンペーンでのみ使用できます。

手動 CPC 入札戦略では、Microsoft Advertising は毎回これらの入札単価を使用します。


手動 CPM
重要

手動 CPM は利用できる場合、Microsoft オーディエンス広告で利用できます。

手動の 1,000 インプレッション (CPM) 入札単価では、表示された 1,000 インプレッションあたりに支払う実際のコストを設定します。 表示されたインプレッションは、広告ピクセルの 50% 以上がユーザーに表示され、広告が少なくとも 1 秒間表示されたときにカウントされます。


手動 CPV

手動の表示単価 (CPV) 入札戦略では、動画広告の表示ごとまたはクリックごとに支払う最高額を設定します。


クリック数の最大化
重要

クリック数の最大化は、検索広告と Microsoft ショッピング キャンペーン でのみ使用できます。

クリック数の最大化では、予算内でできるだけ多くのクリック数を獲得するために、Microsoft Advertising は自動的にリアルタイムで入札単価を設定します。

Microsoft Advertising は常に全体の予算制限を守ります。ただし、クリック数の最大化を使用しながら入札単価をより細かく管理したい場合は、上限 CPC (クリック単価) を設定することもできます。 これは、Microsoft Advertising が個々のクリックごとに特定の金額を超えて請求しないようにするために設定できるオプションの制限です。

クリック数の最大化を使用しているキーワードの入札単価を変更することはできません。 つまり、自動化ルールとサードパーティの入札管理ツールは、これらのキーワードに影響を与えることはありません。 クリック数の最大化を用いると、Microsoft Advertising は入札単価の最適化を完全かつ最終的に管理できるようになります。 とはいえ、設定した (または将来設定する) 入札単価調整は、クリック数の最大化の自動入札を通知するために使用できます。

Microsoft ショッピング キャンペーンでクリック数の最大化を使うときのヒント
  • クリック数の最大化を使用するショッピング キャンペーンは、常に最優先とする必要があります。
  • クリック数の最大化を使用する複数のショッピング キャンペーンで、重複する商品オファーを作成するのは避けてください。

コンバージョン数の最大化

コンバージョン数の最大化では、予算内でできるだけ多くのコンバージョン数を獲得するために、Microsoft Advertising は自動的にリアルタイムで入札単価を設定します。

Microsoft Advertising は常に全体の予算制限を守ります。ただし、コンバージョン数の最大化を使用しながら入札単価をより細かく管理したい場合は、上限クリック単価 (CPC) を設定することもできます。 これは、Microsoft Advertising が個々のクリックごとに特定の金額を超えて請求しないようにするために設定できるオプションの制限です。

コンバージョン数の最大化入札戦略を使用するには、コンバージョン トラッキング (UET タグ + アクティブなコンバージョン目標、またはオフライン コンバージョンのいずれか) を設定する必要があります。 パフォーマンスを評価するまで、入札戦略に少なくとも 30 回のコンバージョンを蓄積するのに十分な時間を与えることをお勧めします。

コンバージョン数の最大化を使用しているキーワードの入札単価を変更することはできません。 つまり、自動化ルールとサードパーティの入札管理ツールは、これらのキーワードに影響を与えることはありません。 コンバージョン数の最大化を用いると、Microsoft Advertising は入札単価の最適化を完全かつ最終的に管理できるようになります。 とはいえ、設定した (または将来設定する) 入札単価調整は、コンバージョン数の最大化の自動入札を通知するために使用できます。

注意

この入札戦略タイプは、ポートフォリオ入札戦略を除いて、共有予算を使用するキャンペーンでは使用できません。

以下のコンバージョン数の最大化のためのベスト プラクティスをご覧ください。


目標コンバージョン単価制

1 取得あたりのコスト (CPA) 目標を使用すると、予算と目標の 30 日間の平均 CPA を設定すれば、Microsoft Advertising は自動的にリアルタイムで入札単価を設定してこの平均値をめざします。 目標よりも高いコンバージョンや安いコンバージョンもありますが、Microsoft Advertisingにより平均コンバージョン単価が目標に沿うように入札単価が設定されます。

Microsoft Advertising は常に全体の予算制限を守ります。ただし、目標コンバージョン単価を使用しながら入札単価をより細かく管理したい場合は、上限 CPC (クリック単価) を設定することもできます。 これは、Microsoft Advertising が個々のクリックごとに特定の金額を超えて請求しないようにするために設定できるオプションの制限です。

目標コンバージョン単価入札戦略を使用するには、コンバージョン トラッキング (UET タグ + アクティブなコンバージョン目標、またはオフライン コンバージョンのいずれか) を設定する必要があります。 パフォーマンスを評価するまで、入札戦略に少なくとも 30 回のコンバージョンを蓄積するのに十分な時間を与えることをお勧めします。

目標コンバージョン単価を使用しているキーワードの入札単価を変更することはできません。 つまり、自動化ルールとサードパーティの入札管理ツールは、これらのキーワードに影響を与えることはありません。 目標コンバージョン単価を用いると、Microsoft Advertising は入札単価の最適化を完全かつ最終的に管理できるようになります。 とはいえ、設定した (または将来設定する) 入札単価調整は、目標コンバージョン単価 (目標コンバージョン単価の達成に向けて努力している間) に自動入札を通知するために使用できます。

注意
  • 目標コンバージョン単価は、キャンペーンレベルの目標です。 キャンペーンの目標コンバージョン単価が達成されている間は、個々の広告グループの CPA は異なり、時間の経過とともに変化することがあります。 デバイスが異なれば、CPA も異なる可能性があります。
  • この入札戦略タイプは、ポートフォリオ入札戦略を除いて、共有予算を使用するキャンペーンでは使用できません。

以下に示す目標コンバージョン単価のベスト プラクティスをご覧ください。


目標インプレッション シェアによる入札

目標インプレッション シェアによる入札では、予算や広告を表示する場所、目標インプレッションシェアを設定します。 次に、Microsoft Advertising は自動的に入札単価を設定します。

Microsoft Advertising は常に全体の予算制限を守ります。ただし、目標インプレッション シェアによる入札を使用しながら入札単価をより細かく管理したい場合は、上限クリック単価 (CPC) を設定することもできます。 これは、Microsoft Advertising が個々のクリックごとに特定の金額を超えて請求しないようにするために設定できるオプションの制限です。


目標広告費用対効果

目標広告費用対効果 (ROAS) を使用して、予算と目標の 30 日間の平均 ROAS を設定すると、Microsoft Advertising は自動的にリアルタイムで入札単価を設定してこの平均に到達します。

Microsoft Advertising は常に全体の予算制限を守ります。ただし、目標広告費用対効果を使用しながら入札単価をより細かく管理したい場合は、上限 CPC (クリック単価) を設定することもできます。 これは、Microsoft Advertising が個々のクリックごとに特定の金額を超えて請求しないようにするために設定できるオプションの制限です。

目標広告費用対効果入札戦略を使用するには、コンバージョン トラッキング (UET タグ + アクティブなコンバージョン目標、またはオフライン コンバージョンのいずれか) を設定し、プラスの収益を追跡させる必要があります。 パフォーマンスを評価するまで、入札戦略に少なくとも 50 回のコンバージョンを蓄積するのに十分な時間を与えることをお勧めします。

目標広告費用対効果を使用しているキーワードの入札単価を変更することはできません。 つまり、自動化ルールとサードパーティの入札管理ツールは、これらのキーワードに影響を与えることはありません。 目標広告費用対効果を用いると、Microsoft Advertising は入札単価の最適化を完全かつ最終的に管理できるようになります。 とはいえ、設定した (または将来設定する) 入札単価調整は、目標広告費用対効果 (目標広告費用対効果の達成に向けて努力している間) に自動入札を通知するために使用できます。

注意
  • 目標広告費用対効果は、キャンペーンレベルの目標です。 キャンペーンの目標広告費用対効果が達成されている間は、個々の広告グループの ROAS 値は異なり、その ROAS 値は時間の経過とともに変化することがあります。 デバイスが異なれば、ROAS 値も異なる可能性があります。
  • この入札戦略タイプは、ポートフォリオ入札戦略を除いて、共有予算を使用するキャンペーンでは使用できません。

キャンペーン入札戦略

入札戦略入札単価は自分で設定するのですか?サードパーティの入札管理ツールを使用できますか?コンバージョン トラッキングが必要ですか?サポートされるキャンペーンの種類
拡張クリック単価はいはい×検索、ショッピング
手動 CPC○はい×オーディエンス
手動 CPM○はい×オーディエンス
手動 CPV○はい×オーディエンス
クリック数の最大化×××検索、ショッピング
コンバージョン数の最大化××○検索
目標コンバージョン単価制××○検索
目標インプレッション シェアによる入札×××検索
目標広告費用対効果××○検索、ショッピング

ポートフォリオ入札戦略を他のキャンペーンと共有します

ポートフォリオ入札戦略は、同じ目標に向かって取り組んでいる複数のキャンペーンすべてにわたる入札を管理します。 キャンペーンでは、独自の入札戦略を設定することもできますし、ポートフォリオ入札戦略を他のキャンペーンと共有することもできます。

ポートフォリオ入札戦略では、コンバージョン、クリック数、目標インプレッション シェア、その他のパフォーマンス目標のどれを最大化するかにかかわらず、同じ戦略を共有するパフォーマンスの低いキャンペーンとパフォーマンスの高いキャンペーンのバランスをとるために、入札単価を自動的に調整します。 ポートフォリオ入札戦略は、予算全体を効率的に使用したい広告主にとって優れたオプションになり得ます。

詳細情報: ポートフォリオ入札戦略: パフォーマンス目標の達成に向けた自動入札

キャンペーンの入札戦略を設定します

入札戦略はキャンペーンレベルで設定できます。 キャンペーンの入札戦略を変更するには:

  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[概要] の順に選択します。
  2. 表で、編集するキャンペーンの名前を選択します。
  3. 左側のメニューから、[設定] を選択します。
  4. [入札戦略] から、使用する戦略を選択します。
  5. [保存] を選択します。
注意

入札戦略を有効にしてから 2 時間以内に、入札単価の自動変更が開始されます。 ただし、最適に入札するのに十分なデータを構築するには、入札戦略を最大 2 週間実行する必要があります。 最初の 2 週間の間に、入札戦略の設定、キャンペーン予算、コンバージョン設定の変更—、または広告グループやキーワードの追加または削除が行われると—、この期間が長くなる可能性があります。

コンバージョン数の最大化、目標コンバージョン単価のベスト プラクティス

  • 要件: [コンバージョン数の最大化] または [目標コンバージョン単価] を有効にするには、次のキャンペーンを行います。
    • コンバージョン トラッキング (UET タグ + アクティブなコンバージョン目標、またはオフライン コンバージョンのいずれか) を設定する必要があります。 パフォーマンスを評価するまで、入札戦略に少なくとも 30 回のコンバージョンを蓄積するのに十分な時間を与えることをお勧めします。
    • ポートフォリオ入札戦略内を除き、共有予算を使用することはできません。
  • コンバージョン数の最大化と目標コンバージョン単価が最適に機能するようにする方法: コンバージョン数の最大化や目標コンバージョン単価が機能するには時間が必要です。 最良の結果を得るには、次のタイムラインを頭に入れて置いてください。
    1. セットアップ: 30 日 — 過去 30 日間に少なくとも 30 件の変換を行うことをお勧めします。 目標コンバージョン単価を設定するときは、過去 30 日間の実際の CPA に基づいて目標を設定することがお勧めです。 新しいキャンペーンの場合は、アカウントのパフォーマンスに基づいて目標を設定することをお勧めします。
    2. 学習期間: 1 ~ 2 週間 — Microsoft のプラットフォームでは、通常、キャンペーンを知るために 2 週間が必要です。 学習期間がリセットされる可能性があるため、この期間中に予算やコンバージョン目標を変更することは避けてください。 この 2 週間に基づいて入札戦略のパフォーマンスを評価しないことをお勧めします。
    3. キャンペーンの実行: 2 ~ 4 週間 — 学習期間の 2 ~ 4 週間後にキャンペーンを実行してから (学習期間が最初に戻ってしまう可能性があるため、予算やコンバージョン目標の変更を避ける)、入札戦略のパフォーマンスの評価を開始します。 パフォーマンスを評価するときは、コンバージョン目標ウィンドウを念頭に置いてください。
    4. 評価と調整: 前進 — 学習期間からのキャンペーンのパフォーマンス集計を見直し、必要に応じて調整します。 目標コンバージョン単価の場合、調整額は上下 20% 以内に保つことをお勧めします。
  • コンバージョンのタイミング: 関連するクリックから 7 日を超えてコンバージョンが発生した場合、コンバージョン数の最大化と目標コンバージョン単価で有効な入札を行う方が難しくなります。 大部分のコンバージョンが関連するクリックから 7 日を超えて発生する場合は、コンバージョン数の最大化や目標コンバージョン単価を使用しないことをお勧めします。
  • オフライン コンバージョン: オフライン コンバージョンを毎日アップロードしない場合、またはアップロードできない場合は、[コンバージョン数の最大化] または [目標コンバージョン単価] を使用しないことをお勧めします。 最良の結果を得るには、変換から 2 日以内にオフライン コンバージョンをアップロードしてください。

注意

広告について専門家のアドバイスが必要ですか? 個人 Microsoft Advertising コンサルタントとの無償セッションをスケジュールする

See more videos...