日付範囲ごとにパフォーマンスを比較するには、どうすればよいですか?

期間比較レポートを使用して、日付範囲ごとにパフォーマンスを比較する方法について説明します。

レポートの実行、またはピボット テーブルの作成をすることなく、アカウントの概要ページやキャンペーン ページでキャンペーンの経時的な変化を確認したいですか?期間比較レポートでは、1 つのページで 2 つの異なる日付範囲を比較できます。

3 つの方法で比較できます。それぞれの機能を説明する例は、次のとおりです:

  • 前の期間: 現在、日付の範囲として今週を選択している場合、前の期間の例は先週になります。
  • 前年の同期間: 現在、日付範囲として今週を選択している場合、前年の同期間は、前年の現在の日付範囲となります。例えば、当期が 2016 年 4 月 10 日から 2016 年 4 月 16 日である場合、前年同期間は 2015 年 4 月 10 日から 2015 年 4 月 16 日となります。
  • カスタム: それ以外の期間を選択して比較することもできます。この期間は、過去 3 年以内で今日を含まない限り、任意の範囲と長さにできます。

期間比較レポートをオンにする


  1. 上部のメニューで [ツール]、[アカウント]、[アカウントの概要] の順に選択します。 あるいは、左の折りたたみメニューから、[すべてのキャンペーン] > [キャンペーン] > [キャンペーン] を選択します。
  2. 日付範囲を選択します (または日付の選択を選択します)。
  3. [比較] トグルで、[オフ] を選択します。
  4. [前の期間][前月][前年]、または [カスタム] を選択し、その後 [適用] を選択します。
  5. 表中の各パフォーマンス指標の横にあるプラスを選択すると、比較を確認できます。

    以下のサブ列が表示されます:

    • 当期 (mm/dd/yy - mm/dd/yy)
    • 比較期 (mm/dd/yy - mm/dd/yy)
    • 変化 (当期 - 比較期)
    • 変化 % ((当期 - 比較期) / 比較期 x 100%)
  6. 表中の各パフォーマンス指標の横にあるマイナスをクリックすると、比較が終了します。
注意

すべてのサブ列と比較データの並べ替え、フィルター処理、ダウンロードできます。

期間比較レポートをオフにする


  1. 上部のメニューで [ツール]、[アカウント]、[アカウントの概要] の順に選択します。 あるいは、左の折りたたみメニューから、[すべてのキャンペーン] > [キャンペーン] > [キャンペーン] を選択します。
  2. 日付範囲を選択します (または日付クリッカーを選択します)。
  3. [比較] トグルで、[オン] を選択します。

See more videos...