アカウント トラッキング テンプレートの作成

改良版 URL では、トラッキング情報 (トラッキング テンプレート) とランディング ページ URL が分離されているため、 URL トラッキングの更新と管理を簡単に行うことができます。アカウントごとのオプションで、アカウント トラッキング テンプレートを作成できます。

URL トラッキングを使用すると、訪問者が Web サイトにアクセスした方法を把握し、広告クリックのソースに関する詳細情報を取得できます。トラッキング テンプレートに URL パラメーターを追加するだけで、広告が配信される際に、パラメーターがランディング ページ URL に動的に追加されます。詳細については、「Microsoft Advertising の URL トラッキングとは」を参照してください

検索キャンペーンの場合は、これらのレベルでトラッキング テンプレートを追加できます。

  • アカウント
  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • キーワード
  • サイトリンク表示オプション

Microsoft ショッピング キャンペーン の場合、製品グループ レベルに加えて、アカウント、キャンペーン、広告グループ レベルでトラッキング テンプレートを追加できるようになりました。

アカウントにトラッキング テンプレートを追加することをお勧めします。次に、パラメーターを更新したり、新規追加したりする場合は、1 か所で変更を加えるだけで、そのアカウント内のすべてに適用されます。

  1. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[設定]、[アカウントごとのオプション] の順に選択します。
  2. トラッキング テンプレートの場合、これらの項目のいずれかを入力します。
  3. [保存] を選択します。
注意
  • アカウント レベルでカスタム パラメーターを定義することはできませんが、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、またはサイトリンク表示オプション レベルで定義されたカスタム パラメーターをアカウント トラッキング テンプレートに追加することはできます。詳細については、「カスタム パラメーターを使用できますか?」を参照してください
  • キャンペーン、広告グループ、広告、またはサイトリンク表示オプション レベルでトラッキング テンプレートを作成すると、アカウント トラッキング テンプレートが上書きされます。広告が配信される際、最も下位レベルのトラッキング テンプレートがランディング ページ URL に追加されます。
  • トラッキング テンプレートは最大 2,048 文字まで使用できます。詳細については、「FAQ: 改良版 URL」の「URL の文字制限を変更する」セクションを参照してください。
  • ランディング ページ URL として最終ページ URL を選択するようにしてください。
  • 検索キャンペーンでは、ランディング ページとして最終ページ URL を選択する必要があります。

See more videos...