ダウンロードしたスプレッドシートを一括アップロード用に編集する方法

アカウントやキャンペーン全体を変更するために一括ダウンロードしたスプレッドシートを編集する方法について説明します。
注意

この機能は一部のユーザーには提供されません。詳細については、こちらの記事をご覧ください。

複数の Microsoft Advertisingアカウントを管理している場合、一括アップロードを使用すると、任意のキャンペーンまたはすべてのキャンペーンを同時に更新できます。

まず行う必要があるのは、内容を確認して変更を加えたいキャンペーン情報をダウンロードすることです。スプレッドシートのダウンロードの詳細については、こちらの記事をご覧ください。スプレッドシートのダウンロード後は、データの編集、追加、削除を行い、その変更内容を一括でアップロードすることができます。

スプレッドシートの編集方法

編集に関する一般的なヒントexpando image
  • 変更を加える前に、元のスプレッドシートのコピーを保存しておいてください。そうすれば簡単に、以前の設定を確認したり、必要に応じて変更を元に戻したりすることができます。
  • 列の名前を含む行では、変更や削除を行わないでください。
  • [Format Version] 行は、変更や削除を行わないでください。[Name] 列の数値は 5 または 6 である必要があります。
  • 以下は各スプレッドシートで必須の列です。Type (例: Campaign、Ad Group、Keyword)、IDParent IDAccount IDName ([Name] 列の値はフォーマットのバージョンを参照)
  • 不要な列は削除することもできますが、変更が必要な列を削除しないように注意してください。たとえば、キーワードを一時停止できるようにする場合は [Status] 列を必ず含める必要があります。キャンペーンを新規作成できるようにする場合は、すべてのキャンペーンの列を含める必要があります。

    注: 必要な列を誤って削除しないようにするには、不要な列を非表示にします。そうするとスプレッドシートが使いやすくなります。

  • スプレッドシートの行と列は、ダウンロード直後の状態と同じ順序に維持します。
  • オプションの項目の既存値を削除するまたは空にするには、スプレッドシートの適切なセルに "delete_value" と入力します。
  • 追加または編集した行や列には、マークを付けたり強調表示したりする必要はありません。スプレッドシートをアップロードすると、Microsoft Advertisingがそれを現在のデータと比較し、変更点を検出します。このため、変更を確定する前にプレビューすることができます。
エンティティの追加expando image

広告、キーワード、広告表示オプションなどのエンティティを追加する手順は以下のとおりです。

  1. 追加したいエンティティが既に含まれている既存のキャンペーンをダウンロードします。
  2. このエンティティの行を新しいエンティティのテンプレートとして使用し、必要に応じて情報を変更します。

注意

他にも、ダウンロードしたスプレッドシートに新しい行を作成して、必要なすべての列にデータを入力する方法もあります。しかし、最初は既存のキャンペーンの情報をテンプレートとして使用することをお勧めします。

エンティティの削除expando image

広告、キーワード、広告表示オプションなどのエンティティを削除する手順は以下のとおりです。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートから該当する行を検索します。
  2. [Status] 列に Deleted と入力します。

重要

編集したスプレッドシートをアップロードした後は、削除したエンティティを元に戻すことはできません。


スプレッドシートの概要

行は何を表しているのかexpando image

スプレッドシートの各行は、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、除外キーワード、広告表示オプション、ターゲットなど、各種エンティティを表します。スプレッドシート内で表示されるエンティティは、一括ダウンロードのクエリを設定したときに指定したフィルターと出力設定で決定されます (詳細については一括アップロードのためにスプレッドシートをダウンロードするを参照)。

行が具体的にどのような種類のエンティティを表しているかは、ダウンロードしたスプレッドシートの最初の列である [Type] 列に示されます。各タイプとそれに関連する列の詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください (注: このドキュメントではタイプを「Record types」と呼称しています)。

タイプの階層

タイプは、互いに親子構造となっています。たとえば、次の図では "Electronics for Kids" 広告グループが親で、キーワードと広告がその子となっています。また、この広告グループは、あるキャンペーンの子 (または、複数の子のうちの 1 つ) となっています。

親子階層

ダウンロードしたスプレッドシートでは、子のタイプが必ず親のタイプの下に一覧表示されます。この関係は、エンティティの [ID] 列と [Parent ID] 列の値によって明確化されます。アカウント - キャンペーン - 広告グループといった直線的な構造の場合、各エンティティの ID は一意で、その Parent ID が親の ID となります。

タイプ ID Parent ID
Account [X] [アカウント X の ID 番号] [マネージャー アカウント W の ID 番号]
Campaign [Y] [キャンペーン Y の ID 番号] [アカウント X の ID 番号]
Ad Group [Z] [広告グループ Z の ID 番号] [キャンペーン Y の ID 番号]

広告表示オプションなどのエンティティでは、親子構造の中で複数の親が存在する場合があります。たとえば、キャンペーンのサイトリンク表示オプションは一意の ID を持ちませんが、代わりに全体のサイトリンク広告表示オプションの ID を継承し、その Parent ID がキャンペーンの ID となります。詳細については、後述の「一括アップロードによるサイトリンク表示オプションの追加」セクションをご覧ください。

注意

各タイプの制限など、タイプの階層の詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください。


一括アップロードによる親と子の同時追加

一括アップロードで新しいキャンペーンや新しい広告グループなどを同時に追加する場合に、新しいキャンペーンのID を使用せずに子の広告グループを親のキャンペーンに関連付ける方法について説明します。これには、以下のように論理参照キーまたは除外キーを使用します。

論理参照キー:

  1. 新しい親キャンペーンの [Campaign] 列に一意の名前を入力します。
  2. 新しい子キャンペーンの [Campaign] 列に同じ名前を入力します。

実際のスプレッドシートは以下のようになります。

TypeIDParent ID...CampaignAd Group
Campaign...生花
Ad Group...生花チューリップの季節
Ad Group...生花ユリの季節

除外参照キー:

  1. 新しい親キャンペーンの ID として、任意の負の数を入力します。
  2. 新しい子の広告グループの ID として、同じ負の数を入力します。

実際のスプレッドシートは以下のようになります。

TypeIDParent ID
Campaign[-1][既存のアカウントの ID 番号]
Ad Group[-1]
Ad Group[-1]
列は何を表しているかexpando image

ダウンロードしたスプレッドシートの列は、Microsoft Advertisingのすべてのデータ ポイントを含みます。特定のエンティティの行について、ほとんどの列は無関係であるため、空になっています。空の列や編集に不要な列は削除してもかまいませんが、以下の列は保持しておく必要があるため注意してください。Type (例: Campaign、Ad Group、Keyword)、IDParent IDAccount IDName

注意
  • 必要な列を誤って削除しないようにするには、不要な列を非表示にします。そうするとスプレッドシートが使いやすくなります。
  • 一括アップロードでは、指標は変更できません。たとえば、列の数値を変更するだけで CTR を上げることはできません。
  • どの列がどのエンティティに関連しているかの詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください (注: このドキュメントではタイプを「Record types」と呼称しています)。

固有のシナリオ

一括アップロードによるサイトリンク表示オプションの追加expando image

サイトリンク表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingでサイトリンク表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。 Microsoft Advertisingは、サイトリンク表示オプション (ここでは「Sitelink Ad Extension」と呼ぶ) 全体を、キャンペーンと広告グループのどちらに関連付けられているかによって、Campaign Sitelink Ad Extension と Ad Group Sitelink Ad Extension のどちらかの親とみなします。Sitelink Ad Extension は、アカウントの子と見なされます。この関係は、ダウンロードしたスプレッドシートでは以下のようになります。

Type ID Parent ID
Campaign [B] [キャンペーン B の ID 番号] [アカウント A の ID 番号]
Sitelink Ad Extension [C] [Sitelink Ad Extension C の ID 番号] [アカウント A の ID 番号]
Campaign Sitelink Ad Extension [D] [Sitelink Ad Extension C の ID 番号] [キャンペーン B の ID 番号]

一括アップロードでサイトリンク表示オプションを新規作成する場合、Sitelink Ad Extension、および Campaign Sitelink Ad Extension と Ad Group Sitelink Ad Extension のいずれかに行を追加する必要があります。さらに、子を親の Sitelink Ad Extension に関連付ける必要があります (Sitelink Ad Extension にはまだ ID がないため)。これには、以下のように除外参照キーを使用します。

  1. 新しい親 Sitelink Ad Extension の ID として、任意の負の数を入力します。
  2. 新しい子 Campaign Sitelink Ad Extension または Ad Group Sitelink Ad Extension の ID として、同じ負の数を入力します。

たとえば、2 つの新しい Sitelink Ad Extensions (既存のキャンペーンに関連付けられたものと既存の広告グループに関連付けられたもの) を追加すると以下のようになります。

Type ID Parent ID
Sitelink Ad Extension [-123] [既存のアカウントの ID 番号]
Sitelink Ad Extension [-456] [既存のアカウントの ID 番号]
Campaign Sitelink Ad Extension [-123] [既存のキャンペーンの ID 番号]
Ad Group Sitelink Ad Extension [-456] [既存の広告グループの ID 番号]
一括アップロードによる電話番号表示オプションの追加expando image

電話番号表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingで電話番号表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、電話番号表示オプションの行を検索します。
  2. [Phone number] 列に、お客様の拠点の電話番号を入力します (35 桁以内)。
一括アップロードによる住所表示オプションの追加expando image

住所表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingで住所表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、住所表示オプションの行を検索します。
  2. [Business name] 列に、お客様の事業名を入力します (80 文字以内)。
  3. [Phone number] 列に、お客様の拠点の電話番号を入力します (35 桁以内)。
一括アップロードによる画像表示オプションの追加expando image

画像表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingで、事前に作成した画像表示オプションを更新し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、画像表示オプションの行を検索します。
  2. [Alternative text] 列に、画像表示オプションの表示テキストを入力します (35 文字以内)。
  3. [Description] 列に、画像表示オプションの説明を入力します (100 文字以内)。
  4. [Final URL] 列に、画像表示オプションの最終ページ URL を入力します (2,048 文字以内)。
一括アップロードによるコールアウト表示オプションの追加expando image

コールアウト表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingでコールアウト表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、コールアウト表示オプションの行を検索します。
  2. [Callout text] 列に、お客様の Web サイトの商品やサービスの特徴を説明する追加のテキストを入力します (25 文字以内)。
一括アップロードによるレビュー表示オプションの追加expando image

レビュー表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingでレビュー表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、レビュー表示オプションの行を検索します。
  2. [Text] 列に、信頼できる第三者のソースからの表現を言い換えた引用または正確な引用を入力します (テキストと引用元の合計で 67 文字以内)。
  3. [Source] 列に、レビューの参照元である第三者のソースの名前を入力します (テキストと参照元の合計で 67 文字以内)。
  4. [URL] 列に、レビューの参照元である第三者のソースのランディング ページを入力します (255 文字以内)。URL は "http://" または "https://" で始まり、そのソースと URL は同じ第三者のものである必要があります。
一括アップロードによる構造化スニペット表示オプションの追加expando image

構造化スニペット表示オプションは、広告表示オプションの一種です。Microsoft Advertisingで構造化スニペット表示オプションを作成し、キャンペーンや広告グループに関連付けます。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、構造化スニペット表示オプションの行を検索します。
  2. [Structured Snippet Header] 列に、有効なヘッダーのいずれかを入力します。
  3. [Structured Snippet Values] 列に、ヘッダーの後に表示するアイテムを 3 ~ 10 品、セミコロン区切りで入力します。
一括アップロードによるターゲティングの追加expando image

ターゲティングとは、グループの入札単価を調整して、Microsoft Advertisingユーザーの特定グループのみに広告を表示する機能です。一括アップロードでターゲティングを追加する手順は以下のとおりです。

  1. スプレッドシートで、作業中のキャンペーンの行の下に新しい行を作成します。
  2. [Type] 列に適切なタイプを入力します (以下の表を参照)。
  3. [ID] 列に、このキャンペーンに設定する既存のターゲティングの ID を入力します (1 つのキャンペーンのすべてのターゲットで同じ ID を使用します)。注: この列を空にしておくと、既存のターゲティングはすべて無効になります。
  4. [Parent ID] 列にキャンペーンの ID を入力します (ターゲットはキャンペーンの子となります)。
  5. [Target] 列に、このターゲット タイプに対して適切なターゲットを入力します (以下の表を参照)。注: [Target] 列は、[Parent ID] 列の右側から数十列のところにあります。
  6. [Bid Adjustment] 列に、このターゲットで調整したい入札単価のパーセント値 (正または負) を入力します。各ターゲット タイプの入札単価の調整範囲は、以下の表のとおりです。注: [Bid Adjustment] 列は、[Parent ID] 列の右側から数十列のところにあります。
  7. 必要な場合は、このターゲット タイプに関連する他のターゲティングの列にも情報を入力します (以下の表を参照)。
Type ターゲティングの方法 [Target] 列に入力する内容 入札単価の調整範囲 関連する他の列
Campaign Location Criterion 地域によるターゲティング 郵便番号、都市名、DMA、州、国/地域など -90 ~ +900 Sub Type : City、Metro Area、Country、State、Postal Code
Campaign Radius Criterion 半径を指定した範囲のターゲティング 半径を指定した範囲をターゲティングする場合は、[Target] 列を空にします。 -90 ~ +900 Name : ピンポイントで指定する郵便番号や都市など
Radius: ある地点から含める範囲の単位数
Unit: Miles または Kilometers
Campaign Location Intent Criterion 物理的な場所のターゲティング PeopleInOrSearchingForOrViewingPages、PeopleSearchingForOrViewingPages、PeopleIn のいずれか 適用外 なし
Campaign Age Criterion 年齢のターゲティング EighteenToTwentyFour、TwentyFiveToThirtyFour、ThirtyFiveToFortyNine、FiftyToSixtyFour、SixtyFiveAndAbove のいずれか -90 ~ +900 なし
Campaign DayTime Criterion 広告のスケジュール Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday、Sunday のいずれか -90 ~ +900 From Hour : 開始時刻の時間 (24 時間制)
From Minute: 開始時刻の From Hour の分
To Hour: 終了時刻の時間 (24 時間制)
To Minute: 終了時刻の From Hour の分
Campaign Gender Criterion 性別のターゲティング Male または Female -90 ~ +900 なし
Campaign DeviceOS Criterion デバイスのターゲティング Computers、Smartphones、Tablets のいずれか -100 ~ +900 なし
重要

新しいターゲットの [ID] 列を空のままにする (または一意の数値を入力する) と、このキャンペーンに設定した既存のターゲットが上書きされます。これを避けるには、既存のターゲットと同じ ID 番号を使用します。

一括アップロードによるオーディエンス ターゲティングの追加expando image

オーディエンス ターゲティングを使用すると、広告を関連のあるユーザーにのみ表示できます。一括アップロードでオーディエンスの関連付けを追加する手順は以下のとおりです。

  1. スプレッドシートで、作業中の広告グループまたはキャンペーンの行の下に新しい行を作成します。
  2. [Type] 列に適切なタイプを入力します (以下の表を参照)。
  3. [Parent ID] 列に広告グループまたはキャンペーンの ID を入力します (ターゲットは広告グループまたはキャンペーンの子となります)。
  4. [Audience ID] 列に、このオーディエンス タイプに対して適切なオーディエンス ID を入力します (以下の表を参照)。注: [Audience ID] 列は、[Parent ID] 列の右側から数十列のところにあります。
  5. [Bid Adjustment] 列に、このターゲットで調整したい入札単価のパーセント値 (正または負) を入力します。各ターゲット タイプの入札単価の調整範囲は、以下の表のとおりです。注: [Bid Adjustment] 列は、[Parent ID] 列の右側から数十列のところにあります。
  6. Target Setting を設定する場合は、広告グループ行に戻って [Target Setting] 列を指定する必要があります。[Bid only] に設定する場合は、このセルを空にします。[Target and bid] に設定する場合は、このセルに "Audience" と入力します。
  7. 必要な場合は、このターゲット タイプに関連する他のターゲティングの列にも情報を入力します (以下の表を参照)。
重要

現時点では、一部のユーザーはキャンペーンごとにオーディエンスの関連付けを設定することはできません。

Association type オーディエンスの分類 [Audience ID] 列に入力する内容 入札単価の調整範囲 関連する他の列
広告グループ/キャンペーンのリマーケティング リストの関連付け リマーケティング リスト リマーケティング リストの ID -90 ~ +900 Audience : リマーケティング リストの名前
広告グループ/キャンペーンのカスタム オーディエンスの関連付け カスタム オーディエンス カスタム オーディエンスの ID -90 ~ +900 Audience : カスタム オーディエンスの名前
広告グループ/キャンペーンの動的リマーケティング リストの関連付け 動的リマーケティング リスト 動的リマーケティング リストの ID -90 ~ +900 Audience : 動的リマーケティング リストの名前
広告グループ/キャンペーンの購買意向の強いユーザーの関連付け 購買意向の強いユーザー 購買意向の強いユーザーの ID -90 ~ +900 Audience : 購買意向の強いユーザーの名前
広告グループ/キャンペーンの類似リマーケティング リストの関連付け 類似リマーケティング リスト 類似リマーケティング リストの ID -90 ~ +900 Audience : 類似リマーケティング リストの名前
広告グループ/キャンペーンの除外リマーケティング リストの関連付け リマーケティング リスト リマーケティング リストの ID 適用外 (除外) Audience : リマーケティング リストの名前
広告グループ/キャンペーンの除外カスタム オーディエンスの関連付け カスタム オーディエンス カスタム オーディエンスの ID 適用外 (除外) Audience : カスタム オーディエンスの名前
広告グループ/キャンペーンの除外動的リマーケティング リストの関連付け 動的リマーケティング リスト 動的リマーケティング リストの ID 適用外 (除外) Audience : 動的リマーケティング リストの名前
広告グループ/キャンペーンの除外する購買意向の強いユーザーの関連付け 購買意向の強いユーザー 購買意向の強いユーザーの ID 適用外 (除外) Audience : 購買意向の強いユーザーの名前
広告グループ/キャンペーンの除外類似リマーケティング リストの関連付け 類似リマーケティング リスト 類似リマーケティング リストの ID 適用外 (除外) Audience : 類似リマーケティング リストの名前
一括アップロードによる Microsoft オーディエンス広告の入札単価調整expando image

Microsoft オーディエンス広告の参加レベルは、キャンペーンごとや広告グループごとの入札単価調整によって設定されます。一括アップロードでオーディエンス広告の入札単価を調整する手順は以下のとおりです。

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、該当するキャンペーンまたは広告グループの行を検索します。
  2. [Bid Adjustment] 列に、オーディエンス広告の入札単価の調整範囲を入力します (指定できる範囲はパーセント値で -100 ~ +900)。
一括アップロードでの Microsoft ショッピング キャンペーンの追加expando image

Microsoft ショッピング キャンペーンを使用すると、Microsoft マーチャント センター の店舗からオンラインで商品広告を提供しやすくなります。

重要

一括アップロードで Microsoft ショッピング キャンペーンを作成するには、以下の行を追加する必要があります。

  • 新規キャンペーン。以下のように作成します。
    1. [Type] 列に Campaign と入力します。
    2. [Parent ID] 列にキャンペーンのアカウントの ID を入力します。
    3. [Campaign] 列にショッピング キャンペーンの一意の名前を入力します。
    4. [Time Zone] 列にお客様の会社やキャンペーンのターゲットのタイム ゾーンを入力します。タイム ゾーンとして使用可能な値のリストについては、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください。
    5. [Budget] 列にキャンペーンの 1 日当たりの利用額を入力します。
    6. [Budget Type] 列に DailyBudget と入力します。
    7. [CampaignType] 列に Shopping と入力します。
    8. [Priority] 列に 0、1、2 のいずれかの値を入力します。この設定は、2 つ以上のキャンペーンが同一の Microsoft マーチャント センター の店舗からカタログ フィードを使用するイベントで、どの Microsoft ショッピング キャンペーンが広告を提供するかを決定するために使用されます。数値が大きい方が優先されます。
    9. [COUNTRY_CODE] 列に、Microsoft マーチャント センター の店舗を設定したときに選択した国/地域に対応する国コードを入力します。現時点では、以下の国コードをサポートしています。AU (オーストラリア)、GB (英国)、DE (ドイツ)、FR (フランス)、US (米国)。
    10. [Store ID] 列に Microsoft マーチャント センター の店舗の ID を入力します。
  • 新しい広告グループ。以下のように作成します。
    1. [Type] 列に Ad Group と入力します。
    2. [Parent ID] 列に広告グループのキャンペーンの ID を入力します。
    3. [Campaign] 列にショッピング キャンペーンの名前を入力します。
    4. [Ad Group] 列に広告グループの一意の名前を入力します。
    5. [Pricing Model] 列に、CPC (クリック単価) または CPM (インプレッション単価) のいずれかを入力します。
    6. [Search Network] 列に On と入力します。
    7. [Content Network] 列に Off と入力します。
    8. [Language] 列に、Microsoft マーチャント センター の店舗の国/地域に対応する言語コード、およびキャンペーンの COUNTRY_CODE の設定を入力します。言語コードとして使用可能な値のリストについては、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください。
  • 1 つまたは複数の Ad Group Product Partitions。

    注意

    Ad Group Product Partition は、Microsoft Advertisingの中で「商品グループ」として参照される場所です。広告グループと商品グループは 1 対 1 で対応します。Microsoft Advertisingで商品グループを既に作成していた場合、これを属性に応じて異なるレベルに分割することができます (詳細については商品グループを理解し使用するを参照)。分割した部分は、一括アップロード時に Ad Group Product Partitions として参照されます。

    • [Type] 列に Ad Group Product Partition と入力します。
    • 商品分割グループのツリー構造のルートとなる Ad Group Product Partition は次のようになります。
      1. [ID] 列に一意の除外番号を入力します (前述のとおり、これは除外参照キーになります)。
      2. [Sub Type] 列でこの Ad Group Product Partition のサブ分割を作成する場合、Subdivision と入力します (この Ad Group Product Partition を細分化しない場合は Unit と入力します)。注: Subdivision には少なくとも 2 つの Units を含む必要があります。
      3. [Ad Group] 列に広告グループの名前を入力します。
      4. Subdivision は以下のようになります。
        1. [Product Condition 1] 列に All と入力します。
        2. [Product Value 1] 列は必ず空にします。
        3. [Parent Criterion ID] 列は必ず空にします。
      5. Unit は以下のようになります。
        1. [Product Condition] 列と [Product Value] 列は、ショッピング キャンペーンの分岐の方法を識別するために使用します。これらの列は、カタログ フィード ファイルで設定 した、ブランド、状態、商品カテゴリ、商品タイプ、カスタム ラベルなどのオプションの項目を参照します。詳細については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントの「商品カテゴリ」リストをご覧ください。注: 必ず [Product Condition 1] および [Product Value 1] から開始し、必要に応じて 2、3、4 というように数字を大きくします。
        2. [Parent Criterion ID] 列に、この Unit の Subdivision と同じ負の数を入力します。
    • Ad Group Product Partition は、最大 7 レベルまで細分化できます。
      • 各サブ分割行に、[Parent Criterion ID] 列のルート分割の ID 番号を入力します。
      • 各構造の分岐の末端は必ず Ad Group Product Partition であり、[Sub Type] 列に "Unit" が含まれている必要があります。
      • 各 "Unit" の Ad Group Product Partition では、[Is Excluded] 列が "TRUE" でない限り、入札単価 ([Bid] 列の値) が指定されている必要があります。
    • Ad Group Product Partitions の設定に関する技術情報 (および Microsoft ショッピング キャンペーンの一般的な情報) については、こちらの Microsoft Advertising API のドキュメントをご覧ください。
重要

一括アップロードを使用して商品広告自体を追加することはできません。新しい Microsoft ショッピング キャンペーンをアップロードしたら、それを Microsoft Advertisingで編集して商品広告に追加する必要があります。

一括アップロードによる Microsoft Click ID の自動タグ設定の有効化expando image

お客様の URL に Microsoft Click ID (MSCLKID) を追加すると、コンバージョン トラッキング データの精度を上げることができます。一括アップロードで Microsoft Click ID の自動タグ設定を有効化する手順は以下のとおりです。

  • ダウンロードしたスプレッドシートで [MSCLKID Auto Tagging Enabled] 列を検索し、この設定を有効にしたい各アカウントのセルに "TRUE" と入力します。
注意

この設定は、ダウンロードしただけでは有効化されません。ダウンロードしたスプレッドシートでは、この設定が有効化されていても、[MSCLKID Auto Tagging Enabled] 列のセルは空になっています。


スプレッドシートのアップロードの準備

必要な変更をすべて行ったら、スプレッドシートをアップロードします。注意が必要な点がいくつかあります。

  • スプレッドシートを保存する際には以下のことに注意します。
    • [ファイルの種類] で [Unicode テキスト] を選択します。
    • 指定するファイル名は、末尾に ".csv" を付けて引用符で囲みます (例: "YourFileName.csv")。引用符は最終的なファイル名には含まれません。この引用符は、Excel がファイル名に ".txt" を追加するのを防止するためです。—
  • ファイル サイズは 100 MB 以下、行数は 400 万行以下にする必要があります。
  • データはこちらの記事で定義された制限を超過しないようにする必要があります。

スプレッドシートをアップロードする方法の詳細については、編集したスプレッドシートをアップロードするをご覧ください。

See more videos...