オーディエンスのパフォーマンス データはどこにありますか?

Microsoft Advertisingでオーディエンスのパフォーマンス データを表示できる 2 つの場所を確認してください。

Microsoft Advertisingには、オーディエンスのパフォーマンス データを表示できる 2 つの場所があります。

オーディエンス テーブル: 広告グループ/キャンペーンとオーディエンス間の各関連付けに関するパフォーマンス指標をオーディエンス テーブルに追加できます: インプレッション数、クリック数、CTR、平均 CPM、平均 CPC、平均掲載順位、コンバージョン数、平均 CPA、コンバージョン率、売上、広告費用対効果、支出。列を追加するには、操作バーで [列][Modify columns] (列を修正) の順にクリックします。

レポート。以下の列を含む新しいオーディエンス パフォーマンス レポート:

  • 属性: オーディエンス [ID と名前]、アカウント [ID、番号と名前]、キャンペーン [ID と名前]、広告グループ [ID と名前]、広告 [ID、タイトル]、キーワード、状態 (関連付けの)、入札単価調整、ターゲティング設定、広告配信
  • パフォーマンスの統計: インプレッション数、クリック数、CTR、平均 CPM、平均 CPC、平均 CPA、平均掲載順位、コンバージョン数、コンバージョン率、CPA、アシスト数、アシスト単価、収益、コンバージョンあたりの収益、アシストあたりの収益、広告費用対効果、支出

See more videos...