地域レポートを使って広告トラフィックがどこから来るのかを調べます。

トラフィックがどこから来たのかを知ることで、地域のターゲティング戦略が成功かどうかを検証し、改善の機会を特定できます。 地域レポートはレポート ページとディメンション タブの両方から入手できます。

キャンペーンを 地域別でターゲティングする ように設定したら、地理レポートを使用して、 さまざまな場所での広告の掲載結果を確認します。 この情報は広告活動の焦点をどの場所に絞り込むかを決定するのに役立ちます。

このレポートの 2 つの列から、地域に関する詳細がわかります。

  • 場所の種類: 広告に掲載するのに使用される地域を表示します。顧客の物理的な地域、または顧客が調べていた場所 (関心のある地域) のいずれかです。
  • より具体的な場所: ターゲティングに使用されたより具体的な場所を表示し、広告が表示される場所のより詳細ビューを提供します。 システムとデータ上の制限から、Microsoft Advertising は常に最も詳細な位置情報を受け取れるわけではありません。 たとえば、この列は、都市、州、または国全体が表示される可能性があります。

レポートの読み方

シアトルだけで商品を販売し、キャンペーンにデフォルトのターゲティングオプションを使用しているとします (“対象地域にいる、対象地域を検索している、対象地域に関心を示しているユーザー”)。 地域レポートでは、 100 の広告クリックが場所の種類が “物理的な地域” で、80 広告クリックが “関心のある地域”であることが示されています。

このデータから、地域を検索している多くのユーザー (ユーザーがいる"物理的な地域" を検索) と合わせて、シアトル外から相当多くの人がシアトルのこの例のような企業を検索していることが分かります ("関心のある地域")。 したがって、 関心のあるより多くの潜在顧客にリーチするために、地域のターゲティングを、地域内の他の都市などさらに広い範囲へと拡大できるかもしれません。

クリックと合わせて、インプレッション、インプレッション率 (%)、 クリック率 (%)、コンバージョン、コンバージョン率 (%) の予測データを比較し、各地域における広告のパフォーマンスをよく理解することができます。

地域レポートの作成

  1. 上部のメニューで、[レポート] > [既定のレポート] > [ターゲット] > [地理的所在地] を選択します。
  2. レポートの条件付き書式、日付/時間の範囲、アカウントの範囲、または列に必要な変更を加えます。

See more videos...