広告掲載オーダーの作成方法と編集方法

アカウントで請求のお支払いを設定している場合、広告掲載オーダーを使用して料金をお支払いいただけます。 広告掲載オーダーは、月あたりの支出の上限を設定する契約です。

お客様のアカウントで月額請求のお支払いを設定している場合、広告を配信するには有効な広告掲載オーダーが必要です。 広告掲載オーダーは、一定期間においてアカウントで支出する金額の上限を設定する契約です。 キャンペーン予算を使用して、支出を管理することもできます。料金は使用した分のみ発生します。 たとえば、月間広告掲載オーダーが 5,000 ドルで、請求期間に発生した料金が 4,500 ドルだった場合、広告掲載オーダーの予算から 4,500 ドルのみが差し引かれます。

重要

広告掲載オーダーの予算は広告料金にのみ適用されるため、オンライン サービスに課税される国や地域のお客様は十分にご注意ください。 予算の上限を厳格に設定したい場合は、税額分を考慮して広告掲載オーダーの予算を決定する必要があります。 お客様の事業拠点の税金に関する要件については、税や VAT に関する情報をご覧ください。

広告掲載オーダーの処理

広告掲載オーダーは Microsoft Advertisingで作成できます。また、Microsoft Advertisingアカウント マネージャーに作成を依頼することもできます。 (お客様に代わってアカウント マネージャーが作成した広告掲載オーダーでも、お客様自身の承認が必要となるためご注意ください。)

月額請求でのお支払いについて

月額請求でのお支払いを設定するには、最小要件を満たしており、信用調査に合格する必要があります。 承認されると、[請求 & お支払い] に [広告掲載オーダー] ページが表示されます。 特権管理者と標準ユーザーのみが広告掲載オーダーの作成、編集、承認、キャンセルを行う権限を所有します。 詳細についてはユーザー ロールの説明をご覧ください。

月額請求でのお支払いの詳細については、毎月の請求書発行に関する必要事項をご覧ください。

方法

広告掲載オーダーの管理に関する一般的なタスクのリストを示します。

広告掲載オーダーを作成する expando image

作成した広告掲載オーダーは、開始日から有効になります。 ただし、アカウント マネージャーが代理として作成した場合、開始日に有効化する前にお客様の承認が必要です。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [オーダーを作成]、[広告掲載オーダー] の順に選択してオーダー フォームを開きます。
  4. アカウントを選択します。
  5. [開始日] に開始日を入力します。[終了日] には特定の終了日を入力しますが、日付を指定しなくてもかまいません。[予算] には予算額を入力しますが、無制限に設定することもできます。
  6. オプション: [バックアップの挿入順序] で、終了日を最大 30 日に延長するか、元の挿入順序より小さいバックアップ予算を設定すると、アカウントの一時停止を回避できます。
  7. オプション: [注文書] に、お客様の企業のお支払いシステムがこの広告掲載オーダーをトラッキングするために発行した注文書番号を入力します。
  8. オプション: [オーダー名] は、複数の広告掲載オーダーを管理する場合にトラッキングしやすいように、簡単で識別しやすい名前にすることをお勧めします。
  9. オプション: [メモ] には、この広告掲載オーダーのわかりやすい説明を追加します。
  10. 広告掲載オーダーをさらに追加する場合、[他の広告掲載オーダーを作成] を選択します。
  11. 完了したら [送信] を選択します。
自動広告掲載オーダーを作成する expando image

自動広告掲載オーダーは連続する広告掲載オーダーであり、設定された頻度で自動更新されます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. [ツール]、[請求 & お支払い] の順に選択します。 メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [オーダーを作成]、[自動広告掲載オーダー] の順に選択してオーダー フォームを開きます。
  4. [シリーズ名] にオーダーのグループを表す名前を入力します。 シリーズ名は 60 文字以内です。
  5. シリーズの終了日を指定するか、または特定回数繰り返した後に終了するかを指定する必要があります。 以下のオプションがあります。
    • シリーズの終了日を指定する。終了日が決まっていれば [終了日] に追加することができます。
    • 終了日を指定しない。シリーズを手動でキャンセルするまで、オーダーが無限に繰り返されます。
    • 特定の回数を繰り返した後に終了する。 回数を 1 ~ 60 の範囲で入力します。
  6. アカウントを選択します。
  7. 既定では作成当日から開始されますが、変更する場合は [開始日] に開始日を入力します。
  8. [頻度] を選択して、シリーズでオーダーを繰り返す頻度を指定します。 頻度は [毎月]、[2 か月ごと]、[四半期ごと]、[毎年] から選択できます。
  9. [終了日] では、[終了日なし]、[終了日を設定]、特定の日付後に終了する [後にシリーズ終了] を選択できます。
  10. [予算] に金額を入力します。 この金額は [シリーズ開始日] に使用されます。
  11. オプション: [注文書] に、お客様の企業のお支払いシステムがこの広告掲載オーダーをトラッキングするために発行した注文書番号を入力します。
  12. オプション: [オーダー名] は、複数の広告掲載オーダーを管理する場合にトラッキングしやすいように、簡単で識別しやすい名前にすることをお勧めします。
  13. オプション: [メモ] には、この広告掲載オーダーのわかりやすい説明を追加します。
  14. 完了後に [送信] を選択すると、オーダーのシリーズが作成されます。
Microsoft Advertising によって作成された広告掲載オーダーの承認または拒否expando image
アカウント マネージャーがお客様に代わって広告掲載オーダーを作成した場合、お客様はそれを承認する必要があります。 レビュー保留中の広告掲載オーダーがあると、メールで通知されます。
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. ステータスが [レビュー保留中] の広告掲載オーダーを検索します。
  4. 広告掲載オーダーの隣の [アクション] 列で [承認] または [拒否] を選択します。
広告掲載オーダーの表示と印刷 expando image
広告掲載オーダーの変更内容のリストなど、広告掲載オーダーの詳細を表示できます。また、広告掲載オーダーを印刷することもできます。
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [アクション] 列で [表示] を選択します。
  4. [広告掲載オーダーの詳細] ページで印刷アイコンの 印刷アイコン を選択します。
広告掲載オーダーの編集expando image

広告掲載オーダーを編集する際、以下のような点に注意します。

  • 開始日は、当日を過ぎると変更できません。
  • 終了日を将来の日付に変更すると、期限が切れた広告掲載オーダーを再開できます。
  • 広告掲載オーダーの予算は、既に使用した予算よりも少ない額に変更することはできません。
  • シリーズ内の特定の広告掲載オーダーを選択して編集することができます。 ただし、その場合は該当する広告掲載オーダーをシリーズから削除し、独立した広告掲載オーダーとします。 その後シリーズに対して行った変更は、新たに独立させたオーダーには適用されません。
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [アクション] 列で [編集] を選択します。 シリーズに属するオーダーを編集する場合、シリーズ内の 1 つのオーダーを編集するか、シリーズ全体を編集するかを確認するメッセージが表示されます。
  4. 広告掲載オーダー (またはそのシリーズ) を適宜変更してから [保存] を選択します。
    変更が承認または拒否されたことを通知するメールが送信されます。
期限が切れた広告掲載オーダーを再開するexpando image

期限が切れた広告掲載オーダーは、終了日を将来の日付に変更するだけで再開できます。 これを行うと広告掲載オーダーが再開され、既存の予算からの引き落としが開始されます。 このため、予算を変更する場合は、それまでの時点で消費された金額よりも大きい金額を設定します。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [アクション] 列で [編集] を選択します。
  4. [終了日] で終了日を将来の日付に変更し、[保存] を選択します。
    変更が承認または拒否されたことを通知するメールが送信されます。
Microsoft Advertising によって追加または編集された広告掲載オーダーの承認または拒否expando image

アカウント マネージャーが広告掲載オーダーを新規追加した場合や既存の広告掲載オーダーを変更した場合、それを承認する必要があります。 レビュー保留中の変更が存在する広告掲載オーダーがあると、メールで通知されます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. 承認が必要な広告掲載オーダーを検索します。 (新しい広告掲載オーダーのステータスは [レビュー保留中]、変更された既存の広告掲載オーダーのステータスは [変更のレビューを保留中] となります)。
  4. 該当する広告掲載オーダーの隣で [承認] または [拒否] を選択します。
Microsoft Advertising によって編集された複数の広告掲載オーダーの承認または拒否expando image

アカウント マネージャーが複数の広告掲載オーダーを新規追加した場合や既存の広告掲載オーダーを複数変更した場合、お客様はそれを承認する必要があります。 レビュー保留中の変更が存在する広告掲載オーダーがあると、メールで通知されます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. 承認または拒否するためにエクスポートする広告掲載オーダーを表から探し、その隣のチェックボックスをオンにします。 (新しい広告掲載オーダーのステータスは [レビュー保留中]、変更された既存の広告掲載オーダーのステータスは [変更のレビューを保留中] となります)。
  4. 表のすぐ上にある [一括操作] を選択してメニューを開きます。 その後、[承認] または [拒否] を選択します。
アカウントをリンクするために広告掲載オーダーを事前承認する expando image

リンクされたアカウントへの請求の引き継ぎをスケジュール設定している場合、広告掲載オーダーを事前承認できるようになりました。

お客様の要請に従ってアカウント マネージャーや Microsoft Advertisingサポートがアカウント リンクを作成した場合、それにはお客様が事前承認可能な広告掲載オーダーが含まれます。 その広告掲載オーダーは、アカウント リンクが承認された場合にのみ、開始日から有効になります。 事前承認された広告掲載オーダーにより、ダウンタイムが解消されるほか、請求担当者が変更されても確実に広告配信を継続できます。

Microsoft Advertising担当者が広告掲載オーダーを作成した場合と同様に、有効化する前にお客様の承認が必要です。 レビュー保留中の広告掲載オーダーがあると、メールで通知されます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. 承認が必要な広告掲載オーダーを検索します。 (新しい広告掲載オーダーのステータスは [レビュー保留中]、変更された既存の広告掲載オーダーのステータスは [変更のレビューを保留中] となります)。
  4. 該当する広告掲載オーダーの隣で [承認] または [拒否] を選択します。
フィルターを使用して広告掲載オーダーを探す expando image

広告掲載オーダー グリッド上部にある [フィルター] メニューでは、オーダー名、アカウント名、アカウント番号、請求先の顧客名、企業名、注文書、メモ、開始日、終了日、予算、残高、通貨、ステータスの 13 項目の中から最大 5 項目を指定して絞り込むことができます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [フィルター] を選択してメニューを開き、[フィルターを作成] を選択します。
  4. 1 つ目のリストで、13 項目のいずれかを選択します。 2 つ目のリストからフィルターを選択します ([を含む]、[を含まない]、[で始まる]、[で終わる]、[と等しい]、[と等しくない])。 3 つ目のボックスでフィルタリング条件を追加します。
  5. 必要に応じて以上の操作を繰り返します。フィルターは 5 項目まで追加できます。
  6. フィルターを保存する場合は、[フィルターを保存] チェックボックスをオンにして、隣のボックスにフィルター名を入力します。
  7. [適用] を選択すると、グリッドにフィルターが適用されます。
広告掲載オーダーのキャンセル expando image
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. [アクション] 列で [キャンセル] を選択します。
    • 独立した広告掲載オーダーの場合、[オーダーをキャンセル] を選択します。
    • 自動広告掲載オーダーの場合、1 つのオーダーをキャンセルするか、シリーズ全体をキャンセルするかを確認するメッセージが表示されます。 [このオーダーのみ] と [シリーズ全体] のいずれかを選択します。

ファイルによる一括タスク

一括編集を使用すると時間を節約できます。 エクスポート処理とインポート処理を利用して、広告掲載オーダーの追加、承認、キャンセル、拒否、編集を 1 つのファイルで — 全て一括で行うことができます。

データをファイルにエクスポートする expando image

広告掲載オーダーが既に存在する場合、データを 1 つのファイルにエクスポートして、すべてのオーダーまたは選択したオーダーを変更することができます。 ファイル内の 1 行が 1 つの広告掲載オーダーを表します。 編集完了後、変更したファイルを Microsoft Advertisingにインポートして戻すことができます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. すべてをエクスポートする場合: 広告掲載オーダーの表のすぐ上にある [エクスポート] を選択します。
    選択した広告掲載オーダーをエクスポートする場合: ファイルにエクスポートする広告掲載オーダーの隣のチェックボックスをオンにし、[エクスポート] を選択します。
  4. データが CSV ファイルとしてエクスポートされるので、これを編集できます。
ファイルのデータを編集する expando image

既存のオーダーのデータをエクスポートした場合、CSV ファイルが存在し、次の順で見出しが含まれています: Order ID、Order name、Account ID、Start Date、End Date、Budget、Purchase order、Notes、Status、DealPointID、Record ID、Order type。 各行の見出しの下のデータは、広告掲載オーダーに対応しています。

6 つのカテゴリ (Order name、Purchase Order、Notes、DealPoint ID、Record ID、Order type) はオプションです。 その他の項目は必須です。

  • Order ID は、新規オーダーの場合はシステムが生成します (そのため、このセルは空のままにします)。 既存のオーダーの場合、Order ID はエクスポート ファイルに記載されています。
  • Account ID は、広告掲載オーダーが適用されるアカウント番号を指定します。
  • Start date は、オーダーが有効化された場合の開始日です (承認待機中)。 MM/DD/YYYY 書式で入力する必要があります。
  • End date は、オーダーの有効期限日です。 MM/DD/YYYY 書式で入力する必要があります。
  • Budget は、オーダーの金額です。
  • Status は、オーダーに対して必要なアクションを表します。 各行には、次のいずれかの状態のみを指定できます。
    • active は、新しい注文の追加、既存の注文の変更、既存の注文の承認、または承認プロセスの一環として既存の注文に対する送信された変更の承認を行っていることを意味します。
    • canceled: 有効なオーダーをキャンセルすることを意味します。
    • declined: 承認プロセスの一部として新規オーダーを拒否することを意味します。
    • changecanceled: 承認プロセスの一部として既存のオーダーの変更が送信され、それをキャンセルすることを意味します。
    • changedeclined: 承認プロセスの一部として既存のオーダーの変更が送信され、それを拒否することを意味します。
注意

ファイル内の必須項目を省略すると、インポート処理中にアップロードされず、エラーが発生します。

ファイルからインポートする expando image

エクスポートされたオーダー データの変更が完了したら、Microsoft Advertisingにインポートして戻します。 インポート ファイルをゼロから作成する場合は、以下の指示に従います。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. 広告掲載オーダーの表のすぐ上にある [インポート] を選択します。
  4. メニューが表示されます。[ファイルからインポート] と [インポート履歴] のいずれかを選択できます。 [ファイルからインポート] を選択します。
  5. CSV、TSV、XLSX の形式のファイルをアップロードする場合は [ファイルを選択] を選択し、ファイルを指定してから [続行] を選択します。
    (エクスポート機能を使用せずに) ファイルをゼロから作成する場合は、[インポート テンプレートをダウンロード] を選択します。 データを適切にインポートできる CSV 形式のファイルが提供されます。
  6. インポートするデータの概要をプレビューできます。 [変更を適用] を選択するとインポートが開始されます。
  7. インポート処理が完了すると、インポートされた内容の概要とスキップされた更新が表示されます。
注意

ファイル内の必須項目を省略すると、インポート処理中にアップロードされず、エラーが発生します。

インポート履歴を確認する expando image

インポート ファイルやエラー ログなどのインポート履歴は、インポート履歴ページでいつでも確認できます。

  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。
  3. 広告掲載オーダーの表のすぐ上にある [インポート] を選択します。
  4. メニューが表示されます。[ファイルからインポート] と [インポート履歴] のいずれかを選択できます。 [インポート履歴] を選択します。
  5. 過去のインポート処理を確認する場合: ファイル名を選択するとファイル内のデータが表示されます。
  6. エラー ログを確認する場合: インポートが失敗した場合、[エラー ファイル] の下に [エラー ファイルをダウンロード] リンクが表示されます。 このリンクを選択すると、ファイルが表示されます。

広告掲載オーダーのステータス

広告掲載オーダーのステータスは、広告掲載オーダーをスムーズに実行 (有効) するために有用であり、ユーザーの注意を引く必要がある場合 (レビュー保留中など) にも役立ちます。

広告掲載オーダーのステータスを確認する方法 expando image
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [広告掲載オーダー] を選択します。

ステータス列は最後から 2 列目です。

IO ステータス列

広告掲載オーダーのステータスのリストを以下に示します。

有効: 承認済みの広告掲載オーダーが既にあり、広告を実行する準備が整っています。

開始前: 既に承認済みでまだ開始日を迎えていないオーダーがあります。

レビュー保留中: Microsoft Advertisingがお客様のアカウント用に作成したオーダーのうち、承認または拒否の決定が必要なものがあります。

変更レビュー保留中: Microsoft Advertisingが既存のオーダーに加えた変更のうち、承認または拒否の決定が必要なものがあります。

キャンセル済み: ユーザーまたは Microsoft Advertisingが作成したオーダーをキャンセルしました。 キャンセルされたオーダーは、再び有効化することはできません。

拒否済み: Microsoft Advertisingまたはユーザーが作成したオーダーが拒否されました。 新しいオーダーを送信するか、Microsoft Advertisingアカウント マネージャーまたはサポートに問い合わせにお問い合わせください。

使用済み: 残高がすべて消費され、オーダーが無効化されました。

期限切れ: オーダーが終了日を過ぎて無効化されました。

See more videos...