Microsoft Advertisingアカウントの保護に役立つベスト プラクティス

ここでは、Microsoft Advertisingアカウントの保護に役立つ安全上のヒントをいくつか紹介するとともに、アカウントが侵害を受けた場合に可能な対処についての提案を示します。

マイクロソフトはお客様のセキュリティと安全を非常に重視しており、専門のチームがあらゆる不正行為の抑制と防止支援に取り組んでいます。一方、お客様の側でも、Microsoft Advertisingのアカウント、個人情報、パスワード、インターネットに接続しているデバイスを、迷惑な活動から保護することが不可欠です。問題が発生した場合には、迅速な対処を行うことが、Microsoft Advertisingの資格情報の侵害による被害を最小限に食い止めるために役立ちます。

ここでは、Microsoft Advertisingアカウントの保護に役立つ安全上のヒントをいくつか紹介するとともに、アカウントが侵害を受けた場合に可能な対処についての提案を示します。

サインインに関するベスト プラクティス (Microsoft Advertising) expando image

Microsoft Advertisingへのサインインに現在でもユーザー名とパスワードを使用している場合は、代わりに Microsoft アカウントの使用を開始することをお勧めします。ほかのマイクロソフト製品へのアクセスに使用している Microsoft アカウントでサインインすれば、追加のセキュリティ機能を利用できます。これらの機能を使用すると、他人がお客様のパスワードを入手した場合であってもサインインすることがより困難になります。

  • 2 段階認証を有効にする: 2 段階認証を使用すると、ハッカーがお客様のパスワードを入手したとしてもサインインすることがより困難になり、アカウントの保護に役立ちます。信頼されていないデバイスからサインインする場合は、常にセキュリティ コードの入力を求められます。 2 段階認証の有効化の詳細については、こちらをご覧ください
  • Microsoft Authenticator アプリを使用する: これは、最も効果的にアカウントを保護する方法です。Microsoft Authenticator アプリを使用すると、ユーザーが提供した複数形式の ID を使って 2 段階認証で素早く簡単にサインインできます。異なる形式の ID の例としては、パスワード、指紋、顔認識、PIN などがあります。Microsoft Authenticator アプリをダウンロードしてください。
  • セキュリティ コードで認証する: Microsoft Advertisingの機密情報にアクセスする場合や、変更を行う場合には (たとえばパスワードの変更)、電話またはメール アドレスに送信されたセキュリティ コードの入力を求められます。コードを入力した後、情報にアクセスして管理できるようになります。
メール アドレスとパスワードはユーザーごとに 1 つずつ使用する expando image

複数のユーザーがサインイン情報を共有することがあるようですが、この慣行は以下のようにいくつかの理由からお勧めしません。

  • セキュリティ: 全員で同じサインイン情報を共有していると、特に企業で従業員の入れ替わりがある場合、Microsoft Advertisingアカウントのセキュリティを維持することが難しくなります。
  • プライバシー: メール アドレスを使用してサインインする場合は、そのメール アドレスに個人情報が関連付けられていることに留意する必要があります (たとえば、電話番号と誕生日)。また、同僚が共有を望んでいない可能性が高いマイクロソフト製品 (たとえば、Outlook、Skype、Xbox Live) へのサインインに、このメール アドレスが使用される可能性もあります。
  • 変更履歴: 変更履歴を確認して、誰がアカウントに変更を行ったか、その変更がパフォーマンスにどのような影響を与えたかを調べることが難しくなります。正確な変更履歴を維持するには、それぞれのユーザーが異なるユーザー名またはメール アドレスを使用してサインインする必要があります。
強力なパスワードを作成して、秘密を維持する expando image
  • 強力なパスワードまたは PIN を使用して、企業のルーターとオンライン アカウントを保護します。強力なパスワードとは、大文字と小文字、数字、記号が混ざった長いフレーズや文です。
  • アカウントや、個人データやビジネス データを含むデバイスではそれぞれ一意のパスワードを使用します。
  • パスワードや PIN を同僚に教えてはなりません。
フィッシング詐欺を避ける expando image

サインインする前に、サインインしようとしている Microsoft Advertisingの Web サイトが本物であり、ユーザー名とパスワードの "フィッシング" を試みる、精巧に作られた偽の Web サイトではないことを確認してください。Microsoft Advertisingにサインインしていることを簡単に確認するには、アドレス バーで以下の 3 つの項目を調べてください。

  1. アドレス バーを見て、正規の Microsoft Advertisingのサイト (https://ads.microsoft.com) にアクセスしていることを確認します。
  2. Web アドレスが安全であることを確認します ("http" ではなく "https" で始まっている)。
  3. Web サイトに有効なセキュリティ証明書があることを確認します。
有効なセキュリティ "ルート" 証明書の確認例
コンピューターを防御する expando image
  • 以下のようにコンピューターの防御を強化します。
    • 自動更新によって (または IT 部門の指示に従って)、Web ブラウザーを含むすべてのソフトウェアを最新の状態に保ちます。
    • 正規のウイルス対策ソフトウェアとスパイウェア対策ソフトウェアをインストールします。
    • ファイアウォールは決して無効にしないでください。
    • フラッシュ ドライブは慎重に使用し、企業ネットワークをマルウェアに感染させる可能性を最小限に留めます。
    • コンピューターやデバイスから離れるときは、必ずすべてロックされていることを確認します。
  • 悪意のあるソフトウェアを騙されてダウンロードしないようにします。添付ファイルを開いたり、見慣れないメール、インスタント メッセージ (IM)、テキスト メッセージのリンクをソーシャル ネットワークや不規則に表示されるポップアップ ウィンドウでクリックしたりする前に、慎重に考えてください。同僚からのメッセージであっても、正規のものかどうか判断が付かない場合は、送信者に問い合わせてください。その際、別のデバイスと別のアカウントを使用するのが理想的です。
企業データと金融資産を保護する expando image
  • 機密情報をメール、インスタント メッセージ、またはテキスト メッセージに書き込まないでください。これらは安全ではない可能性があります。
  • 自動決済機関 (ACH) での決済や給与支払いなど、最も機密性の高い取引には、メールや Web 閲覧に使われない専用のコンピューターを使用することを検討してください。
  • 公衆 Wi-Fi ネットワークは、すべてセキュリティ リスクとして扱います。どのデバイスでも、金融取引やその他の機密性のある取引を公衆ワイヤレス ネットワーク上で行ってはなりません。
  • Microsoft Advertisingの安全とセキュリティを維持するために役立つ方法の詳細については、こちらをご覧ください

問題が発生した場合の対処

ラップトップ、スマートフォン、その他のデバイスの盗難や紛失、またはネットワーク セキュリティやアカウントの侵害によって、Microsoft Advertisingアカウントがセキュリティ侵害を受けたと思われる場合は、すぐにサポートに連絡して、デバイスへのログオンに使用しているパスワードをすべて変更してください。

See more videos...