ご利用限度額とは何ですか? どのように機能しますか?

後払い基準額アカウントに、クレジット カードでのお支払いをご希望ですか? お支払い方法によって課金されるタイミングが異なることを理解していただくため、ご利用限度額と月次請求日についてご説明します。

請求限度額とは、この金額に達した場合に広告費用の請求がトリガーされるように設定した金額です。 請求限度額に達した時点か毎月の請求日を迎えた時点のいずれか早い時点で、メインのお支払い方法で課金されます。 次のグラフで例をご紹介します: 最初の 30 日間では、請求金額はご利用限度額の 50 ドルを大幅に下回っているため、月次請求日にお客様のメインのお支払い方法に対して請求します。 次の 30 日間では、月次請求日の数日前にご利用限度額に達したため、その時点でお客様のメインのお支払い方法に請求します。

請求限度額のしくみ

月次請求日

月次請求日は、お客様がMicrosoft Advertisingに新規登録した日です。 月次請求日にメインのお支払い方法で請求されますが、例外が 1 つあります。

ご利用限度額

ご利用限度額は最初は低く (例えば、お客様のアカウントが米国ドルで請求される場合、ご利用限度額は 50 ドルから開始します) 、お客様がお支払いを正常に行うと、自動的に高くなります。 増額幅は、お客様の通貨などの要素によって異なります。 また、お支払いに問題があった場合は、Microsoft Advertisingが請求限度額を自動的に減額します。

例: お支払いの時期

10 月 22 日に Microsoft Advertising を新規登録し、米国ドルで請求される後払いアカウントをお持ちであると 仮定します。 新規の顧客の場合、ご利用限度額は規定では 50 ドルに設定されており、月次請求日は毎月 22 日です。 10 月 22 日から 11 月 21 日までに 47.50 ドルを使用した場合、 その金額を 11 月 22 日の最初の月次請求日に請求します。 11 月下旬にキャンペーンが始まり、12 月 7 日までに 50 ドルの請求が完了します。 12 月 8 日に、お客様のお支払い方法に請求します。 さらに 2 回ご利用限度額に達したため、弊社はご利用限度額を 100 ドルに増額しました。

重要

インドのお客様の場合: Reserve Bank of India (別名 India E-Mandate) の新しい規定により、ご利用のクレジット カードのアカウントへの追加日が 2021 年 4 月 1 日以降の場合、お支払いが実行されない可能性があります。 この場合は、次のことをお勧めします。

Microsoft Advertising は、 2022 年 9 月 30 日に有効なカード データの保存を制限するインド準備銀行からのディレクティブに対処するために、ポータルから保存されているすべてのカード情報を削除します。 この指令により、Microsoft Advertising およびその他のオンライン マーチャントが、インドに所在する顧客のカード情報を保存できなくなります。

2022 年 10 月 1 日より、トークン化のためにカードの詳細を追加し、Microsoft Advertisingの支払い方法を確認してアカウントに資金を追加するか、残高を決済する必要があります。

トークン化は、機密性の高いクレジット カード番号をランダムに生成された文字列に変換するプロセスです。 このトークン ID は、実際のカード情報の代わりに格納されます。 これにより、カード情報が保護され、データ侵害が発生した場合に使用できなくなります。

Microsoft Advertising トークンの生成に同意する必要があります。 カードトークン化に同意しない場合、カード情報は保持できず、各取引の前に支払い方法を再入力する必要があります。 定期的な支払いを設定している場合は、拒否される可能性もあります。その場合は、手動で支払いを行う必要があります。

限度額の設定について

Microsoft Advertising がお支払い方法に請求できる金額の上限を、設定できます。 例えば、ご利用限度額が 2,500 ドルで、クレジットカードへの請求が 2,000 ドルを超えないようにする場合、ご利用限度額を設定できます。

お客様は、現在のご利用限度額よりも高いご利用限度額を設定できます。ただし、Microsoft Advertising がお客様のアカウントに対して定義したご利用限度額に達すると、弊社はお客様に請求を継続します。 ご利用限度額が上昇し、お客様のご利用限度額を超えた場合は、ご利用限度額に達した時点で請求いたします。

重要

ご利用限度額は広告費のみを反映しています。 税金は含まれていません。 オンライン サービスへの課税がある国/地域にお住まいのお客様は、広告費に別途税金を計上する必要があります。 そのため、限度額の 2,000 ドルを例にとると、ご利用限度額に達した時点で、弊社は 2,000 ドルと該当する税金を請求します。 お客様の国/地域における税金の詳細については、税や VAT に関する情報 を参照してください。

例: ご利用限度額以上の制限を設定する

例えば、現在のご利用限度額が 50 ドルで、長期的なご利用限度額が 2,500 ドルであると仮定します。 限度額を 2,000 ドルに設定することもできます。しかし弊社は、時間の経過とともにご利用限度額を引き上げ、上限の 2,000 ドルに達するまで、ご利用限度額に達した時点で請求し続けます。

請求限度額

ご利用限度額を確認

スーパー管理者または標準ユーザーのみがご利用限度額を調整できます。 ユーザー ロールの詳細については こちら を参照してください。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. ご利用限度額を確認するには、メイン メニューから請求の概要を選択します。

制限を設定

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. メイン メニューで [請求設定] を選択します。
  4. [毎回の料金を制限] の横のチェック ボックスをオンにして、お支払い上限額を入力します。
  5. [保存] を選択します。
注意
  • 料金が請求限度額や制限を多少上回ることがあります。 クレジット カードの利用限度額を超過しないようにするには、制限を利用限度額よりも少し低く設定します。
  • 新たに設定した制限がシステムに保存されるまで、約 1 時間かかります。
  • 経常収支を下回る制限を設定した場合、残高全額が課金されます。 その後、制限 (または制限よりも多少多い額) が課金されます。 制限を設定する前に残高を減らす必要がある場合は、口座残高分をお支払いいただけます。
  • 後払いオプションを限度額から毎月の請求に変更した場合、請求限度額の制限は削除されます。

See more videos...