キャンペーンを自動化して時間を節約する

時間を節約し、間違いを避ける: Microsoft Advertising を使用すると、特定のパフォーマンス データまたは日付と時刻に基づいてキャンペーンに自動的に変更を加えることができます。

キャンペーンでは常にいくつかの監視が必要になりますが、Microsoft Advertising を使用して自動的に実行できる多くのタスクがあります。 自動化ルールを使用する方法の例をいくつか次に示します:

  • ブラックフライデーや年始のセールなどの特別なイベントのキャンペーンの開始や停止を行います。
  • クリック数とコンバージョン数が多いキャンペーンの予算を増やします。 同様に、平均クリック単価 (CPC) に基づいて、費用がかかりすぎるキャンペーンの予算を自動的に減らすことができます。

わずか数ステップで自動化ルールを作成できます:

  1. 左側の折りたたみメニューから、[すべてのキャンペーン] を選択します。
  2. ページ メニューから、[キャンペーン][広告グループ][広告 & 表示オプション]、または [キーワード] を選択します。
  3. 選択したキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. [自動化] を選択します。
  5. 実行したいアクションを選択します (たとえば、[... のときキャンペーンを一時停止する])。
  6. 省略可能: アクションをトリガーする状況 (たとえば、CPC > $5.00) を指定します。 ルールごとに最大 5 つまでそのようなトリガーを設定できます。
  7. ルールを実行する頻度を指定します。
  8. ルールの実行時にメール送信を希望するかどうかを選択します。
  9. 省略可能: ルールがすぐに実行された場合の動作のプレビューを表示する場合は、[プレビュー] を選択します。

    たとえば、CTR に基づいて予算を自動的に増やすルールを作成する場合、[プレビュー] を使用して、どの予算がどの程度変更されるかを確認できます。

  10. [保存] を選択します。

自動化ルールを使用するシナリオは他にもたくさんあります。 さらにいくつか例を示します

注意

キーワード入札自動化ルールと入札単価調整はそれぞれ、独立して機能します。 両方の抽出条件がキーワードの入札単価を満足している場合、両方が適用されます。

See more videos...