入札単価調整 - 定義

増分入札単価とも呼ばれる入札単価調整では、特定のターゲット顧客に対して入札額を増減させることができます。

説明

増分入札単価とも呼ばれる入札単価調整を使用して、特定のターゲット顧客に対して入札額を増減させることができます。入札単価調整は、性別、年齢、地域などのユーザー属性に対して行うことができます。また、特定の日付や時間に検索を行う顧客を対象にすることができます。

重要である理由

入札単価調整によって、最も重要な顧客に対して広告を表示するチャンスが広がります。これらの顧客をターゲットにすると、コンバージョン率が上昇し、広告キャンペーンの全体的な ROI が向上します。

25 - 34 歳の顧客に広告を表示する確率を高めたいとします。キーワード「靴」の入札額は $1.00 です。25 - 34 歳の年齢グループに対して、20% の入札単価調整を追加します。これで、対象となる年齢の検索ユーザーが「靴」を検索した場合、お客様の入札額は $1.20 となり、お客様の広告が表示される落札確率は高くなります。

追加情報

性別と年齢など、複数の抽出条件に対して入札単価調整を追加する場合、広告をクリックする検索ユーザーに該当する各入札単価調整で支払うことになります。最も望ましい顧客に広告を表示する上で、複数の抽出条件を使用することが役立ちます。しかし、複数の抽出条件を使用すると、広告に対する CPC が上昇する場合があることを理解することも重要です。

詳細について

See more videos...