最終ページ URL トラッキングの設定方法

各クリックの詳細については、最終ページ URL またはトラッキング テンプレートにトラッキング パラメータを追加してください。

Web サイトのページを見ている訪問者が、どのようにして移動してきたか分かっていますか?Bing の広告から来たのでしょうか?どんなキーワードがきっかけでサイトに来たのでしょうか?トラフィックを起こしたのはどのキャンペーンなのでしょうか?URL トラッキングを使用すると、これらの質問をはじめ多くの質問の答えを得ることができます。これを行うには、最終ページ URL にトラッキング情報を追加する必要があります。

変数名とパラメーターは変更できますが、構造は常に同じです。

  • 最終ページ URL
  • 広告がクリックされたときに返されるデータをMicrosoft Advertisingに通知する {} で囲まれたパラメータです。選択肢となる特定のパラメーターは、下の表に記載されています。
  • そのデータを格納するために定義する変数。変数の名前は自由ですが、パラメーターが返す値を格納するために Web サイトのスクリプトで使用されている名前でなければなりません。Web マスターが、使用する適切な名前を定義する手助けをしてくれます。

例を見てみましょう。

広告をトリガーした検索クエリをトラッキングしたい場合は、太字のテキストを広告の最終ページ URL に追加するだけです。

http://www.contoso.com?MyQueryStringVariable={QueryString}

上の例では、

  • http://www.contoso.com が最終ページ URL です。
  • パラメータ {QueryString} は下の表から来るもので、検索ユーザーが入力した検索クエリを返すようにMicrosoft Advertisingに指示します。
  • MyQueryStringVariable がそのデータを保存するのに定義する変数です。

すべてまとめると次のようになります。

www.yourDestinationURL.com?variable={parameter}

また、一部のパラメーターは条件付きであることに注意してください。例えば、{IfMobile:string} は、広告がモバイルデバイスに表示された場合にのみ、指定された文字列を返します。この構造を使えば、URL はこのようになります。

http://www.contoso.com?WhereDisplayed={IfMobile:adDisplayedOnMobile}{IfNotMobile:adNotDisplayedOnMobile}.

広告に URL トラッキングを追加する方法

  1. トラッキングや URL パラメーターの使用方法のリストから何をトラッキングするかを決定する
  2. 左側の折りたたみメニューで [すべてのキャンペーン]、[ 広告と&広告表示オプション ]、[広告表示オプション] の順に選択します。
  3. 既存の広告を選択するか、新しい広告を作成します。
  4. [最終ページ URL] テキストボックスに、次の形式で URL を入力します。www.yourDestinationURL.com?variable={parameter}

    文字列では大文字と小文字が区別されず、開始と終了の中括弧を含める必要があります。また広告のタイトルやテキスト、表示 URL で使用することはできません。

    variable は定義する名前です。これは、パラメータが返す値を識別するために会社の Web サイトスクリプトで使用される変数の名前でなければなりません。

    parameterパラメーターのリストから取得され、広告がクリックされたときにどのデータを返すかをMicrosoft Advertisingに具体的に指示します。

  5. [保存] を選択します。
注意

Microsoft ショッピング キャンペーンでは、フィード ファイルのリンク列にトラッキング情報を追加します。詳細は、フィード ファイルの作成方法をご参照ください。

どのマッチ タイプが広告をトリガーしたかを特定する
{MatchType}
URL の例:www.contoso.com?myMatchVariable={MatchType}
広告が完全一致によってトリガーされたとします。変数 myMatchVariable が文字 "e" に設定され、その結果 URL は www.contoso.com?myMatchVariable=e になります。検索ユーザーがその広告をクリックすると、 www.contoso.com?myMatchVariable=e に移動します。

サイトのスクリプトは、その情報を利用して、これが完全一致であったことを記録できます。この情報をトラッキングすると、特定のマッチ タイプの入札単価を増減させたり、そのマッチ タイプを完全に削除したりする可能性があります。これにより予算が使われるのを防ぎ、より効率的または費用効果の高い方法で支出できるようになります。

さまざまなデバイス(モバイル、タブレット、デスクトップ)から広告がクリックされた回数を追跡する
{Device}
URL の例:www.contoso.com?myDeviceIndicator={Device}
例えば、広告はモバイル デバイスに表示され、モバイル デバイスからクリックされます。したがって、変数 myDeviceIndicator が"m"に設定されます。ユーザーは www.contoso.com?myDeviceIndicator=m に導かれます。Web サイト分析ツールは myDeviceIndicator 値をキャプチャし、それをモバイル クリックの集計に追加します。特定のキーワードがモバイル デバイスからの多くのクリックをトリガーしていることがわかり、それに応じて広告とランディング ページの両方を最適化することを選択します。
広告をトリガーした検索クエリとマッチ タイプの両方を記録する

トラッキングパラメータを 2 つ含む最終ページ URL は次のようになります。

http://www.DestinationURL.com?TrackingParameter1&TrackingParameter2

{QueryString} と {MatchType}
この例は、複数のクエリ パラメーターを使用する方法を示します。返された複数の値をトラッキングするには、パラメーターをアンパサンド (&) で区切るだけです。ここで、変数 "queryText" は、広告をトリガーしたユーザーが入力した検索クエリに設定され、さらに変数 "match" は広告をトリガーしたマッチ タイプを示す"e" または "p"、"b"、"c" に設定されます。

検索ユーザーが「緑茶に関する本」を検索し、フレーズ一致キーワード「緑茶」があるとします。 ユーザーは、 www.contoso.com?queryText=books about green tea&match=p に誘導されます。Web サイトのスクリプトには、変数 queryText が「緑茶に関する本」に設定され、 match が "p" に設定されていることが記録されます。 この共同情報から、問題を特定します。緑茶に関する本は販売していません(飲み物自体を販売しているだけです)。したがって、マッチタイプを完全に変更するか、除外キーワード「本」を含める必要があるかどうかを検討します。

See more videos...