Microsoft マーチャント センター ストアを作成する

Microsoft Search ネットワーク にフィードを一覧表示する場合は、まず Microsoft マーチャント センター ストアを作成する必要があります。

Microsoft Search ネットワーク にフィードを一覧表示する場合は 、Microsoft マーチャント センター まずストアを作成する必要があります。 作成した店舗は、自動承認されるか、自動却下されるか、または手動審査用にキューに入れられます。 審査には最大 5 日間かかります。承認されるとメールが送信されます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[Merchant Center]、[店舗の管理] (ショッピング カート アイコン) の順に選択します。
  2. [Create store] (店舗の作成) を選択します。
  3. [ストアの詳細] などのストア情報を入力します。 ここで、アグリゲーションサイトをブロックするよう選択することもできます。
  4. また、[ドメイン所有権の検証] でサイトを検証する必要があります。 以下の 2 つの選択肢があります。

    メモ: UET タグを使用してドメインを検証する場合は、Microsoft マーチャント センター の店舗の作成時にそのドメインをオプションとして表示するには、タグに 50 個以上のイベントを登録しなればいけません。

  5. [保存] を選択します。
    ストアの作成が完了すると、ストアのステータス通知ページに移動します。 ストアが自動的に承認または拒否されたか、または手動レビューのためのキューに追加されたかどうかを確認できます。

ストアが承認されると、フィードを作成できます。

店舗作成時の留意点

  • 店舗名は必須です。店舗名を後から変更することはできません。 店舗名はショッピング広告に表示されるため、正確であることが重要です。
  • リンク先 URL が、Bing Web マスター ツール または UET タグを使用して確認されている必要があります。 プロトコル (http:// または https://) で始まるなど、URL の形式規則にも従っていなければなりません。
  • フィードの作成と送信にコンテンツ API を使用するには、テナント URL を取得する必要があります。 詳細情報
  • UET タグを使用してドメインを検証する場合は、Microsoft マーチャント センター の店舗の作成時にそのドメインをオプションとして表示するには、タグに 50 個以上のイベントを登録しなればいけません。

考えられる店舗の却下理由

  • 未確認のドメインの所有権を申請しようとしている。
  • Microsoft Advertising 顧客がアダルト広告の広告主として特定されている
  • Microsoft Advertisingによりショッピング広告に対してサポートされている市場でのプレゼンスの欠如。
  • Web サイト上での “真” のプライバシー ポリシーの欠如。
  • チェックアウトが暗号化されていない (非 SSL)。 SSL 証明書の有効性を検証する必要があります。

複数のストアを作成する

ストアは複数作成できますが、同じ商品を複数のストアで販売することはできません。 たとえば、スポーツ用品を販売する場合、ゴルフ ストアとバスケットボール ストアを作成できます。

ストアが拒否されました。 どうすればよいですか。

上記のガイドラインに違反する店舗は拒否します。 ストア情報とフィードを確認して、ポリシーとガイドラインに準拠していることを確認してください。 お客様が誤ってストアを拒否したと思われる場合は、レビューを要求できます。

レビューを要求する
  1. 上部のメニューで [ツール]、[Merchant Center]、[概要] の順に選択します。 ここでは、ストアまたはフィードの問題に関する情報を表示できます。
  2. ストアまたはフィードの問題を修正するために、適切な変更を行います。
  3. [製品の問題] タブで、[レビューを要求する] を選択します。

メモ: 要求できるレビューはストアごとに 1 つだけです。

See more videos...