顧客のターゲティング方法

さまざまな変数を使用して広告のターゲティングを行うことができ、そのうえで入札金額を増やして広告が表示される可能性を高めることができます。

さまざまな変数を使用して広告のターゲット設定を行うことができます。 入札単価調整を適用して、ターゲット設定した潜在顧客に対する広告の露出を増やすこともできます。

  1. 左側の折りたたみメニューで [キャンペーン] を選択します。
  2. 変更するキャンペーンの名前を選択します。
  3. 地域別のターゲティングを行うには、以下の手順に従います:
    • [地域] を選択します。
    • ターゲットにする、または除外する地域を選択します。 以下の地域をターゲットにして、入札単価調整を変更できます:
      • 選択可能なすべての国/地域
      • 選択した国や地域、州や県
      • 米国内の選択した郡
      • 選択した都市、都市エリア、郵便番号。* 広告の言語と場所のターゲット設定で利用可能な国/地域の完全なリストについては、「広告の言語と地域ターゲティングにより広告の表示対象を絞り込むには」 を参照してください

        *注:

        • すべての郵便番号が厳密な境界内でのターゲティングでサポートされているわけではありません。 対応していない郵便番号をターゲットにすると、半径ターゲット (以下を参照) に変換されます。
        • カナダと英国の郵便番号の場合は、最初の部分 (カナダは最初の 3 文字、英国は最初の 2 から 4 文字) のみが認識されます。 2 つ目の部分を入力すると、半径ターゲティングのみを使用できるようになります。
        • オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、英国の一部の郵便番号の境界は Microsoft 広告の地図で正確には表示されませんが、これらの郵便番号でのターゲティングは正確に機能します。
      • 郵便番号、座標*、ランドマーク、地区を中心とした、指定した半径の範囲。 (注: 半径ターゲット設定を使用して除外は設定できません。)

        * 座標は "[緯度], [経度]" の形式で、度数を 10 進法形式 — で指定して検索できます (例 "44.590,-104.716")。

      重要

      Microsoft Advertisingは指定された地域ターゲティングの設定に従い、ターゲットとされていない地域は除外します。 ただし、地域ターゲティングや除外は常に機能するとは限りません。Microsoft Advertisingでは制御不可能な要因 (顧客のデバイス設定や、GPS の位置情報、IP アドレス、Wi-Fi ネットワーク、Bluetooth に固有の制限など) に影響されるからです。

    • この機能を Smart Mode で使用している場合は、米国とカナダでのみ使用できます。 詳細については、Microsoft Advertising アカウント モードについて知るを参照してください。
    • 広告を表示する対象者を選択します。ターゲット設定した地域いる人、ターゲットの地域に関するページを検索または閲覧している人、またはその両方です。
  4. 他の変数をターゲット設定にするには、左側の折りたたみ可能なメニューからさまざまなページ間を移動できます。
    1. 特定の日または時間帯によるターゲット設定をする場合は、[広告のスケジュール] の設定を調整します。 入札単価調整の増加率は 900% まで、減少率は 90% まで設定できます。 注: 時刻によるターゲティングを行う場合は、[アカウントのタイム ゾーン] または [広告を表示するユーザーのタイム ゾーン] のどちらを基準にするかを選択できます。
    2. [年齢]、[性別]、[デバイス]、[会社]、[業界]、[役職] など、他のキャンペーン ターゲットを調整するには、[人口学的分析] を選択します。
    3. [年齢] と [性別] については、入札単価調整を最大 900% まで、最小 90% まで増減できます。 年齢グループと性別に入札単価調整を適用する場合は、ターゲットにしたユーザー属性に対して広告が表示される頻度が高まりますが、ターゲット以外のユーザー属性に対しても引き続き表示されることにご注意ください。
    4. 企業、業界、職務別にターゲティングを行う場合は、それぞれのターゲット タイプの [Edit target] (ターゲットの編集) を選択します。 企業、業界、職務を検索または参照し、適切な [Target] (ターゲット) を選択します。 ターゲット タイプごとに [完了] を選択します。 最後に、ターゲットごとの入札単価調整を設定します。
    5. デバイスの種類別にターゲットを設定するには [デバイス] を選択します。 デスクトップ (ラップトップを含む) コンピューター、タブレット、またはスマートフォンをターゲットにすることができます。 デバイス タイプ別の入札単価調整は、-100% から +900% の範囲で指定できます。
  5. [保存] を選択します。
注意
  • 広告のコンテンツが、ギャンブル、タバコ、武器、暴力、アルコール、ヘイト スピーチなど、成人向けのテーマを扱っていると判断される場合、18 歳未満の顧客には広告が表示されません。
  • 広告のコンテンツに関係なく 18 歳未満の顧客に対する広告の表示をオプトアウトする場合は、こちらのフォームを送信してください (リンクをクリックした後、まだサインインしていない場合は Microsoft Advertisingにサインインする必要があります)。 同じフォームを使用して、再度オプトインすることもできます。
  • 顧客の年齢を判断するのに、顧客の Microsoft アカウントからの年齢情報が使用されます。

See more videos...