Google Ads からキャンペーンを直接インポートする

Microsoft Advertising には Google Ads からキャンペーン全体をインポートできます。 Directional arrow from left to right

すでに Google Ads を使用して Google で広告を掲載している場合は、これらのキャンペーンを Microsoft Advertising にインポートして、 Bing で同じ広告を掲載できるようにすることができます。これはオンライン広告のリーチを拡大する簡単な方法です。

注意

Google Ads からのインポート

  1. 上部のメニューで [ インポート]、[ Google Adsからインポート ] の順に選択します。

    新しい Microsoft Advertising ナビゲーションを使用している場合は、左側のナビゲーション メニューの [インポート] 上でホバーし、 [ Google Ads からインポート] を選択します。

  2. [ Google にサインインする] を選択し、画面の指示に従って、 Google Adsアカウントからキャンペーンをインポートする許可を Microsoft Advertisingに与えます。
  3. [ アカウントの選択] で、 Google Adsからインポートするアカウントを選択し、[ 次へ] を選択します。
  4. インポートする項目の選択や、入札単価、入札戦略、予算の調整、UET タグの関連付けなどを行う場合は、[ 高度なインポート] を選択します。

    カスタマイズが必要ない場合は、インポート名を入力し、スケジュールを設定して、 [インポートの開始] を選択してセットアップを完了します。 Microsoft Advertising でキャンペーンが最大限のパフォーマンスを発揮できるように、インポート設定を微調整し、スケジュールを自動化します。

高度なインポート

上記のステップで [ 高度なインポート] を選択した場合は、インポートする項目の選択や、入札単価、入札戦略、予算の調整、UET タグの関連付けなどを行うことができます。

  1. [どのキャンペーンと広告グループをインポートしますか?] で、 Google Ads からインポートするキャンペーンと広告グループを選択し、 [次へ] を選択します。キャンペーン内のすべての広告グループを選択しても、 [一時停止中の広告グループを表示] チェックボックスがオフになっている場合、キャンペーンにはアクティブな広告グループのみがインポートされます。 [一時停止中の広告グループを表示] を選択して、キャンペーン内のアクティブな広告グループと一時停止中の広告グループをすべてインポートします。

    Google Ads と Microsoft Advertising のアカウントに設定した通貨が一致しない場合は、通貨データを Microsoft Advertising と一致するように変換するか、オプトアウトすることができます。オプトアウトすることを選択した場合は、インポート オプションを使用するか、インポートの完了後に入札単価と予算を手動で調整できます。

  2. [インポートする項目とそれらに設定するオプションを選択してください] で、インポートしてカスタマイズする項目を選択します。 Google Ads アカウントから削除されたアイテムを削除するには、 [インポートするもの] を選択し、 Google Ads[アカウントから削除されたアイテムを削除] を選択します。次に、 [次へ] を選択します。

  3. インポート名を入力してスケジュールを設定し、[ 保存] を選択すれば、準備は完了です。

    スケジュールの設定を [ 自動] のままにした場合は、 Microsoft Advertising内でキャンペーンが最高の効果を上げられるようにスケジュールが自動化されます。

注意

[インポートのスケジュール & 履歴] ページでは、インポートを再度実行したり、インポート スケジュールを変更したり、ログを確認して、どのエンティティが新たに追加、更新されたか、インポートできなかったかを確認できます。グローバル メニューから、 [インポート] > [インポートのスケジュール & 履歴] を選択します。

Google Ads から複数のアカウントをインポートする

注意
  • 現時点では、一度に最大 10 個の Google Adsアカウントをインポートすることが可能です。
  • この機能は、 Google Ads と Microsoft Advertising に複数のアカウントがある場合にのみ使用できます。詳細については、「 追加アカウントの作成」をご覧ください。
  1. グローバル メニューから、マネージャー アカウントに移動します。
  2. 上部のメニューで [ インポート]、[ Google Adsからインポート ] の順に選択します。

    新しい Microsoft Advertising ナビゲーションを使用している場合は、左側のナビゲーション メニューの [インポート] 上でホバーし、 [ Google Ads からインポート] を選択します。

  3. Google Ads アカウントのインポート先となる Microsoft Advertising アカウントを選択します。次に、 [続行] を選択します。
  4. [ Google にサインインする] を選択し、画面の指示に従って、 Google Adsアカウントからキャンペーンをインポートする許可を Microsoft Advertisingに与えます。
  5. Google Ads アカウント名 で、インポートするアカウントを選択します。次に、 Microsoft Advertising アカウント名 の下のドロップダウン メニューを選択し、インポート先の Microsoft Advertising アカウントを選択します。次に、 [続行] を選択します。
  6. [ Google Ads 件のキャンペーンを選択] で、 Google Ads からインポートするキャンペーンを選択し、 [続行] を選択します。
  7. [インポート オプションの選択] で、インポートしてカスタマイズする項目を選択します。 Google Ads アカウントから削除されたアイテムを削除するには、 [インポートするもの] を選択し、 [ Google Ads アカウントから削除されたアイテムを削除] を選択します。次に、 [続行] を選択します。

  8. インポート名を入力してスケジュールを設定し、[ スケジュール] または [ インポート] を選択すれば、準備は完了です。

  9. 任意: [ インポート オプションを選ぶ] の下で、[ インポート スケジュールを表示] を選択します。
注意

[インポートのスケジュール & 履歴 ] ページでは、インポートを再度実行したり、インポート スケジュールを変更したり、ログを確認して、どのエンティティが新たに追加、更新されたか、インポートできなかったかを確認できます。グローバル メニューから、 [インポート] > [インポートのスケジュール & 履歴] を選択します。

一部の重要項目をインポート後にチェックする

Google Ads のほとんどのアイテムは Microsoft Advertising にシームレスにインポートされます。ただし、キャンペーンが希望どおりに設定されていることを確認するために、インポート後に確認することをお勧めする項目があります。

入札単価と予算expando image

Microsoft Advertising と Google Ads のどちらにも、1 日あたりのキャンペーン支出を制限する機能があります。

Microsoft Advertising には、 Google Ads とは異なる最小入札単価と予算要件があります。すべてのデータを迅速にインポートできるように、デフォルトでは、最小値を満たせないほど低すぎる入札単価と予算が引き上げられます。インポートの設定中に、これらの増加をオプトアウトできますが、デフォルトの最小値を下回るキャンペーンはインポートされません。

ターゲティング オプションexpando image

場所ターゲティングや時間帯ターゲティングなどのターゲティング オプションは、プラットフォームごとに大きく異なります。各プラットフォームのターゲティング設定を必ず確認してください。ある製品で使用されている設定は、他の製品には適切ではない可能性が非常に高くなります。詳細については、 広告が適切な顧客に表示されるようにする方法 を参照してください

除外キーワードexpando image

Microsoft Advertising は部分一致除外キーワードを使用していません。 Google Ads で部分一致除外キーワードを設定した場合、それらは Microsoft Advertising にインポートするときにフレーズ一致除外キーワードとして扱われます。場所のオプションを確認できる場所については、 広告が表示されないキーワード (除外キーワード) を追加する方法 を参照してください。

品質スコアも異なる可能性がある領域です。品質スコアを決定する方法と、キーワードや広告のパフォーマンスを決定する際に品質スコアがどのように使用されるかは、製品によって異なります。ある製品の品質スコアを調べて最適化方法を決定するとき、同じ最適化戦略が他の製品には適用できない可能性があることに注意してください。 Microsoft Advertising 品質スコアの詳細については、 品質スコアと品質インパクトの詳細 をご覧ください。

Google Ads からインポートされるものとされないものについて詳しくは、 Google Ads からインポートできるもの を参照してください

注意
  • Microsoft Advertising が Google Ads のサインイン情報をインポート処理以外の目的で使用することは一切ありません。
  • Google Ads からキャンペーンをインポートするときに制限を超えた場合は、キャンペーンをグループでインポートしてみてください。これにより、インポートの最大制限を超えないようにすることができます。
  • アカウント、キャンペーン、広告グループの制限については、 アカウントやキャンペーンの構成方法 を参照してください
  • 一部の Microsoft Advertising ユーザーは現在、 Google Ads からキャンペーンを直接インポートできません。 Google の 2 段階認証プロセスを使用している場合は、 Microsoft Advertising 用のアプリケーション固有のパスワードを作成する必要があります。何度か試しても直接インポートできない場合は、インポート ファイルを使用してキャンペーンをインポートする手順に従ってください。
  • 更新数レポートには、 Google Ads からフェッチされたすべての既存の項目が含まれます。前回のインポート以降に更新されていない可能性のある項目が含まれるため、実際の更新数よりも高くなる可能性があります。
  • 変更履歴には、 Microsoft Advertisingの実際の更新数がレポートされます。更新されていない項目は除外されるため、上記の更新数よりも少なくなることがあります。
  • スケジュールされたインポートは、最後のインポート以降に Google Ads で変更された項目を取得します。 Google Ads では変更されていないが、 Microsoft Advertising では変更されたアイテムを再インポートするには、 [キャンペーンのインポート] > [スケジュールと履歴のインポート] > [今すぐ実行] を選択します。
  • 単一の Google Ads アカウントを単一の Microsoft Advertising アカウントにインポートすることを強くお勧めします。複数のアカウントを 1 つのアカウントにインポートすると、アカウントごとのキーワード制限を超える可能性が高くなります。

See more videos...