ファイルを使ってデータをインポートする

ファイルを使用して、ほかの広告プログラムからキャンペーンをインポートできます。

ほかのオンライン広告プログラムにすでにキャンペーンが存在する場合は、ファイルを使用してそのデータを Microsoft Advertisingにインポートできます。 Microsoft Advertisingへのインポートを準備するために、キャンペーン情報を手動で入力できるインポート テンプレートが用意されています。

インポートするファイルについての注意点

  • Excel、CSV (カンマ区切り値)、または TSV (タブ区切り値) ファイルである必要があります。
  • インポートされる列ヘッダーを認識させるには、Google Adsまたは Microsoft Advertisingの形式である必要があります。
  • 重複するキーワードはインポート時にスキップされます。 たとえば、"Apple" と "apple" は重複と見なされるため、スキップされます。
  • "ギャンブル" や "銃器" などの単語はさらに調査が必要な場合があるため、編集上の審査を受けてインポート時にはスキップされるか、インポート後に編集上の審査を受けます。

Microsoft Advertising テンプレートを使用してファイルを作成する

まず、テンプレートを Microsoft Advertisingからダウンロードする必要があります。その後、データを追加できます。

  1. 上部のメニューで [インポート]、[ファイルからインポート] の順に選択します。
  2. [Download the import template] (インポート テンプレートのダウンロード) を選択します。
  3. テンプレートにキャンペーンのデータを入力します。
  4. [ファイル] を選択し、[名前を付けて保存] を選択します。
  5. インポート テンプレートに名前を付けます。 名前は引用符で囲み、最後に .csv を含めます。 (例: "YourFileName.csv")。 引用符は最終的なファイル名には表示されませんが、Excel によって ".txt" が付加されるのを防ぐために必要です。

Microsoft Advertising にファイルをインポートする

  1. 上部のメニューで [インポート]、[ファイルからインポート] の順に選択します。
  2. 過去 90 日以内にファイルをインポートしたことがある場合は、インポートの [Date/Time] (日時) と [Uploaded file] (アップロード済みファイル) を以下の情報とともに示すテーブルが表示されます:
    列名説明文
    概要 正常にインポートされたエンティティの数と、エラーが発生したエンティティの数を示します。 詳細を表示するには、省略記号 楕円 をクリックします。
    アクションエラーが発生した場合は、確認できるエラー ファイルをダウンロードするためのリンクが表示されます。
  3. [参照] を選択してファイルを開きます。
  4. [Microsoft Advertising format] (Microsoft 広告形式) または [Google format] (Google 形式) を選択します。
  5. [Continue] (続行) を選択します。
  6. [Review column matching] (列の一致の確認) の下のドロップダウン リストを使用して Microsoft Advertisingの列見出しを調整し、インポート ファイルの列見出しと合わせます。
  7. [Continue] (続行) を選択します。
  8. [What to import] (インポートする項目)、[Bids and budgets] (入札単価と予算)、および [Other options] (その他のオプション) で、必要なオプションを選択します。
  9. [インポート] を選択します。
  10. [Import summary] (インポートの概要) で、新たに追加されたエンティティ、更新されたエンティティ、またはインポートできなかった (スキップされた) エンティティを確認します。
  11. キャンペーンの詳細を確認して変更を加えるには、[View imported campaigns] (インポートされたキャンペーンの表示) を選択します。
注意
  • 一致しない列はインポートされません。
  • オプションで、リンク先 URL を編集したり、同じ広告表示オプションを複数のキャンペーン間で共有するよう選択したりできます。
  • ファイルのインポートによって、既存の広告表示オプションを更新または削除することはできません。

別のロケールを使用したファイルのインポート

Microsoft Advertising やオペレーティング システムのヨーロッパ ロケール設定では、小数点とコンマの間にいくつかの不一致があるため、更新されたファイルが Microsoft Advertising からダウンロードしたレポート ファイルに基づいている場合に適用される次の手順をお勧めします。

注意

インポートする前に、列の一致を確認するステップでデータ プレビュー グリッドの数値の小数点区切り記号を確認して、区切り記号が Microsoft Advertising アカウントのロケールと一致していることを確認してください。

Microsoft Advertising とオペレーティング システムの両方がヨーロッパのロケールに設定されている場合、

  1. 小数点を区切り記号として使用してファイルをダウンロードします。
  2. 小数点をコンマに変換する Excel を使用してファイルを開きます。
  3. テキスト (タブ区切り) ファイルとして保存します。これにより、コンマを維持しながらドキュメントを変更できます。
  4. TXT ファイルの名前を TSV に変更します。
  5. ファイルを TSV ファイルとしてインポートします。

Microsoft Advertising のみがヨーロッパ ロケールに設定されている場合は、ローカル オーバーライドを Excel に設定し、上記の手順に従います。

オペレーティング システムのみがヨーロッパ ロケールに設定されている場合は、ファイルを Excel ファイルとして保存します。 Excel はコンマを変更しないため、自由に編集できます。

See more videos...