キーワードの重複について

句読点がキーワードの重複につながる理由について説明します。

キーワードは、別のキーワードと同じ場合に重複とみなされます。句読点だけが異なっている場合も同様です。これをキーワードの正規化と言い、このプロセスではキーワードや顧客からの問い合わせ内容から句読点やアクセント記号などの余分な文字を削除します。Microsoft Advertisingでは正規化後に重複するキーワードを追加できますが、キーワードのカバー範囲は変わりません。

たとえば、キーワードの 1 つとして bike-repair と入力し、さらに bike repair を追加したとします。2 番目の入力 (bike repair) は、重複として印が付けられます。誰かが bike-repair を検索すると、Microsoft Advertisingでは自動的にハイフンを削除し、検索クエリ bike repair の広告を表示します。この場合、どちらのバリエーション (bike repair または bike-repair) を使用しているかに関わらず、ご自身の広告も表示されます。

以下は、Microsoft Advertisingが検索または除外対象としている、余分な文字の一覧です。以下のいずれかの文字を使用している場合、これらの文字を使用していない同様のキーワードがあるときは、重複しているキーワードまたは元のキーワードを問題なく削除することができます。これにより、パフォーマンスを落とさずにキーワードの管理を簡素化することができます。「キーワードの追加、編集、削除方法」を参照してください。

二重引用符 (") アンパサンド (&) ハイフン (-)
アスタリスク (*) パーセント記号 (%) かっこ (( ))
ブラケット ([ ]) 波かっこ ({ }) ピリオド (.)
コンマ (,) 疑問符 (?) スラッシュ記号 (/)
バックスラッシュ (\) コロン (:) セミコロン (;)
感嘆符 (!) アポストロフィ (')、ただし "'s"、"'t" などは除く 山かっこ (< >)
正符号 (+) 番号記号 (#) 等号 (=)
縦棒 (|) 下線 (_) チルダ (~)
アット マーク (@) ドル記号 ($) キャレット (^)
アクサン グラーブ (`)
 

キーワードの正規化はキーワード リストの管理時間短縮に役立ちますが、このアプローチによって特定の特殊なキーワードのパフォーマンスが制限される場合があります。そのため、Microsoft のオークション プロセスには、正規化の拡張ロジックが組み込まれています。Microsoft が使用している正規化のカテゴリは以下のとおりです。

正規化カテゴリ 正規化プロセス
ストップ ワード 削除されないワード: is、a、what、the、and、at、to、of、in、or、about、for、with、on、from、by、've (例: should've)、an
特殊文字 アクセント (é) は削除されません。
アポストロフィ ワードの最後のアポストロフィは削除されません。"'t" はすでに残されていることに注意してください。

 

注意
  • 正規化では、大文字小文字を区別しません。bike repairBike Repair は、同じフレーズとして扱われます。大文字を含むキーワードを入力しても、大文字は単純に小文字に変更されます。
  • マッチング目的で、重複するキーワードを正規化後に広告グループに追加することができます。キャンペーンへの悪影響はありませんが、レポートに両方のキーワードが使われる場合があります。これらのキーワードのいずれかがクリックされると、通常は入札単価が一番高い 1 つのキーワードのみが、クリックをレポートします。
  • 正規化では、ワードの単数形複数形を重複として扱いません。たとえば、bikebikes は、別のキーワードになります。キーワードの複数形と単数形を両方とも使用したい場合は、個別に入札してください。同様に、正規化によるワード内またはワード間のスペース、または名前に含まれているアポストロフィへの影響はありません。たとえば、bikerepairbike repair は重複していません。
  • キーワードを作成する際は、「Microsoft Advertisingポリシー」に準拠していることを確認する必要があります。

See more videos...