サインアップ:最初の Microsoft Advertisingアカウントを作成する

最初の Microsoft Advertisingアカウントを手に入れて動かす方法について学びます

Microsoft Advertisingでは、サインアップには 3 つのステップがあります:

  1. 最初のアカウントを作成する
  2. キャンペーンをインポートまたは作成する
  3. 請求オプションを設定する

これら 3 つのステップを完了すれば、編集レビューを経た後で、広告は公開できるようになります。3 つすべてのステップを完了することをお勧めしますが、サインアップ中に必要なのは、アカウントの作成のみです。サインアップ後に、キャンペーンをインポートまたは作成し、請求オプションを設定することができます。

サインアップ後は、さらにアカウントを作成することもできます。より多くのアカウントを作成することで、キャンペーンを構造化することもできます。複数の通貨でお支払いをしていただく場合は、このようにする必要があります。詳しくは、アカウントとキャンペーンの構造化に最適な方法をご覧ください。

サインイン方法を決める

Microsoft Advertisingサインアップでは、2 つのオプションがあります。

既存のメールアドレスを使ってアカウントを作成するexpando image
  1. Microsoft Advertising「サインアップ」ページに移動して、既存のメールアドレス (勤務先、学校、Outlook、Gmail、Yahooなどのサービスの個人用メールアドレス) を入力してください。

    Microsoft 製品 (Skype や Xbox LIVE など) にサインインする際に既にお使いのメールアドレスをお持ちの場合は、サインインするだけで切り替えが完了します。このメールアドレスを Microsoft 製品で使ったことがない場合は、新しいアカウントのサインアップをすることができます。

  2. そうでない場合は、アカウントをお持ちではありませんか?の隣にある[今すぐサインアップ!]をクリックして、[次へ] をクリックします。
  3. 以降のウインドウでは、新規アカウントの作成を確認して、[次へ] をクリックします。
  4. パスワードを作成し、[次へ] をクリックします。
  5. 名前苗字を入力して、[次へ]をクリックします。
  6. 入力したメールアドレス宛に Microsoft Advertisingから送られた確認ページに入る必要があります。メールの内容を確認して、プロンプトにコードを入力し、[次へ]をクリックします。
  7. 会社名勤務先電話番号を入力します。事業拠点通貨タイムゾーン主な用途 (事業の促進のためまたは広告代理店の代理でアカウントを使用する場合) を確認してください。
  8. 「Microsoft Advertisingご契約条件」をお読みいただき、同意される場合はボックスをクリックしてください。その後、[アカウントの作成] をクリックします。
  9. Microsoft Advertisingアカウントを作成すると、Google Ads からインポートまたは新規キャンペーンの作成をすることでキャンペーンを設定することができます。このステップは[続行] をクリックしてスキップすることもできます。
  10. 請求とお支払い情報を入力して、[次へ] をクリックします。[スキップ] をクリックすることでこのステップをスキップして、後で請求とお支払い情報を入力することもできます。

これで Microsoft Advertisingにサインインできました!

新しいメールアドレスを作成して、アカウントを作りましょう。expando image
  1. アカウントをお持ちではありませんか?の隣にあるMicrosoft Advertisingサインアップページに移動して[今すぐサインアップ!] をクリックします。
  2. 以降のウインドウでは、[新しいメールアドレスを取得する] をクリックします。
  3. Outlook アカウント作成用にアドレスを入力して、[次へ] をクリックします。(アドレスが既に使用されている場合、他の名前を入力してもう一度お試しください。)
  4. パスワードを作成し、[次へ] をクリックします。
  5. 名前苗字を入力して、[次へ]をクリックします。
  6. 会社名勤務先電話番号を入力します。事業拠点通貨タイムゾーン主な用途 (事業の促進のためまたは広告代理店の代理でアカウントを使用する場合) を確認してください。
  7. 「Microsoft Advertisingご契約条件」をお読みいただき、同意される場合はボックスをクリックしてください。その後、[アカウントの作成] をクリックします。
  8. Microsoft Advertisingアカウントを作成すると、Google Ads からインポートまたは新規キャンペーンの作成をすることでキャンペーンを設定することができます。このステップは[続行] をクリックしてスキップすることもできます。
  9. 請求とお支払い情報を入力して、[次へ] をクリックします。[スキップ] をクリックすることでこのステップをスキップして、後で請求とお支払い情報を入力することもできます。

これで Microsoft Advertisingにサインインできました!

最初のアカウントを作る際に役立ちそうなヒント:

  • メール。これは Microsoft Advertisingからメールを受け取る際に使用されるメールアドレスです。Microsoft Advertisingにサインインする際に現在使用しているものと同じメールアドレスか、別のメールアドレスを使用することもできます。
  • 国または地域。国または地域によって、サインアップの際に利用できる言語オプションが決まります。通常は事業を管理している国または地域です。サインアップでお選びいただく国または地域は、広告が表示される場所、広告が書かれる言語、お支払いに使用される通貨、あるいはレポートのタイムゾーンには影響しません。
  • 言語。お選びいただく言語は、Microsoft Advertisingにサインインする際にご覧になる言語や Microsoft から送信されるメールに影響します。広告で使用される言語には影響しません。
  • 通貨。 アカウントの作成後は、通貨を変えることはできません。通貨は請求オプションに影響することがあるため、慎重にお選びください。ご利用いただけるすべてのお支払い方法は、国と通貨の組合せによって異なります。Microsoft Advertisingの支払い方法の選択をご覧ください。
  • タイムゾーン。これはキャンペーンのデフォルトのタイムゾーンとなるため、ローカルのタイムゾーンをご使用いただくことをお勧めします。タイムゾーンは請求に影響しません。すべての請求は太平洋時間に基づいて行われます。

FAQ

なぜ Microsoft Advertisingは顧客がサインインする際にメールアドレス (Microsoft アカウント) の使用を必須としているのですか?expando image

サインインの際にメールアドレス (Microsoft アカウント) を使うことには 2 つの利点があります:

  • セキュリティ。 Microsoft アカウント は 2 段階認証プロセスを採用することで、お使いの Microsoft Advertisingアカウントの安全と整合性の確保に役立てています。2 段階認証 の使用をお選びいただくと、以前に信頼済みデバイス として認証されたことがないデバイスからアカウントにアクセスする際に、メールアドレスとパスワードに加えて、セキュリティコードの入力を求められます。
  • シンプルなサインイン。お使いの Microsoft 製品すべてにサインインする際に 1 つのアカウントを使うことで、より簡単に接続状態を保つことができます。
Microsoft アカウント とは何ですか?expando image

"Microsoft アカウント" は以前 "Windows Live ID" と呼ばれていたものの新しい名称です。 Microsoft アカウント は Office365、Skype、Hotmail、Messenger、OneDrive、Windows Phone、Xbox LIVE または Outlook.com などのサービスやデバイスにサインインする際に使用するメールアドレスとパスワードの組合せです。既にメールアドレスとパスワードを使用してこれらまたは他のサービスにサインインしている場合は、既に Microsoft アカウント をお持ちです。また、お望みの場合は、お使いの任意のメールアドレス (Gmail や Yahoo など) を使用して新しい Microsoft アカウントを作成することもできます。

See more videos...