キーワード と キーワード リストの作り方について

最初のキーワード リストの作り方と、既存リストの拡張のヒントを紹介します。

キーワードとは、商品やサービスを探すとき検索に使う言葉やフレーズのことです。例えば、次のいずれもがキーワードに使えます。

  • 船 クルーズ 休暇
  • ニューヨークのテニス教室

このように、キーワードには 1 つの言葉、複数の言葉、フレーズのどれもが使えます。検索広告においては、これらはみなキーワードと呼ばれます。

キーワードの選択

検索マーケティング キャンペーンで、まず最も重要な作業がキーワードの選択です。質の高いキーワード リストを作るために役立つヒントをいくつかご紹介します。

  • 自分のビジネスを説明する言葉やフレーズを選ぶ。中心となる概念を絞りこみ、それを使って自分のビジネスを説明します。
  • キーワード調査ツールを使う。広告主様ご自身の言葉でビジネスの説明ができたら、キーワード プランナーを使って、自分では思いつかなかったキーワードをもっと提案してもらいましょう。
  • キーワード プランナーを使う。キーワード プランナーを使うと、キーワード調査が容易になるほか、広告グループとキーワードを効果的に特定できるようになり、キャンペーンのパフォーマンスが向上します。詳細はこちら
  • キーワードのマッチタイプを使う。キーワードのマッチタイプMicrosoft Advertisingを活用すると、検索クエリやその他の入力内容を、指定したキーワードとどの程度厳密に一致させるかが指定できます。詳細はこちら
  • 一般バリエーションを使う。キーワードに一般的なバリエーション(旅行代理店旅行エージェント)やスペル(web sitewebsite)があったら、バリエーションをすべてキーワード リストに登録します。
  • キーワードの重複を避ける。ただし、句読記号(クォーテーションマーク「" "」や感嘆符「!」)が付いただけなどのバリエーションは含めない方がいいでしょう。これらはリストで重複とみなされ、Microsoft Advertisingで自動的に削除されます。重複キーワードについての詳細はこちら。
  • 関連キーワードを広告グループにまとめる。キーワードを関連性のきわめて高いグループごとに整理することでキャンペーンを最適化し、より高い ROI が得られます。なお、広告グループ間でキーワードを重複させないように注意しましょう。2 つ以上の広告グループで同じキーワードを使うと、そのキーワードの検索結果ページに表示される広告をめぐって自分と競合することになります。
  • 除外キーワードを使う除外キーワードまたはキーワード フレーズを使用すると、検索クエリやその他の入力にキーワードが含まれているけれども、ランディング ページのコンテンツとは関係がない場合に、広告が表示されないようにすることができます。除外キーワードの詳細については、こちらを参照してください

キーワードのルール

キーワードの完成度を上げるには、Microsoft Advertisingのポリシー広告とキーワード評価プロセスに留意しましょう。ポリシーに従うことで、キーワードや広告を最速で稼働させられます。ステータスが [無効] または [有効(制限付き)] のキーワードを修正することもできます。

キーワードの登録

キーワード登録の用意ができたらキーワードの追加、編集、削除方法に移動して開始します。

See more videos...