どのような予算オプションがありますか?

予算は、広告に費やしたい 1 日あたりの額です。 適切な選択は、目標と、支出の監視方法によって異なります。 キャンペーンごとに予算を選択しますか、それともすべてを 1 か所で管理しますか?

広告キャンペーンを送信する前に、キャンペーンの予算額を設定し、予算タイプを選択する必要があります。 ご心配なく、予算額と予算タイプはいつでも変更できます。 予算の変更は、通常 1 時間程度で有効になります。

Microsoft Advertisingを使用する場合、広告の 1 つがクリックされたときにのみ支払いが発生するため、まずクリック数とクリック単価 (CPC) の観点でキャンペーン予算を検討することをお勧めします。 つまり、クリックを毎日何回獲得したいと思っているか、また、1 回のクリックが自分にとってどれくらい価値があるか、ということです。

キャンペーン広告で 1 日 50 回のクリックを獲得したいと考え、それぞれが最大で $.40 の CPC の価値があると判断したとします。 $.40 に 50 を掛けると、1 日あたり $20 の予算は良い案のようです。 キャンペーンの [設定] タブでいつでも予算を変更できることを覚えておいてください。

2 つの予算タイプが利用できます。

予算タイプ 詳細
日額 - 標準

Microsoft Advertisingでは、キャンペーンでターゲティングする商品やサービス、および対応するユーザー検索の 1 日間の提供状況に基づいて、最適化されたパフォーマンスが得られるように支出を調整できます。

共有 - 標準

複数のキャンペーンで共有予算を使用します。 Microsoft Advertisingは、キャンペーンでターゲティングする商品やサービス、および対応するユーザー検索の 1 日の使用状況に基づいて、最適なパフォーマンスが得られるように予算を使用します。 詳細については、「複数のキャンペーンの予算を共有」をご覧ください

重要

1 日あたりの限度額は目標です。実際の費用は増減する可能性があります。 変動が起きる要因はいくつかあります。たとえば、曜日によるトラフィック量の変化、クリック詐欺の自動検出と払い戻し (クリックから数時間以内に資金がキャンペーンに戻される可能性がある) などがあります。 Microsoft Advertisingは、変動を予測して自動的に補正を行います。通常は、1 日あたりの制限を 100% 以上超過することがないように調整されます。


複数のキャンペーンでの予算タイプの重要性

適切な予算タイプは、何を重視するかで決まります。 どちらの予算タイプにも同様のメリットがありますが、Microsoft Advertisingは複数のキャンペーンでの費用の使い方を自動的に調整するため、共有予算の方が柔軟性があります。 双方のメリットを確認しましょう。 以下のことができます。

  • 1 日に使用する最大額を設定する。
  • 祝日シーズンや特別プロモーションなど、変化する市場状況を生かす。
  • 1 か月にわたって予算を頻繁に変更する。
  • 日々の予算を監視する。
  • 1 日を通してインプレッションを必要に応じて均等に分散させる。

それでも適切な予算タイプを判断できない場合は、それぞれを試して、広告がどのように機能するかを確認してください。 予算タイプはいつでも切り替えることができます。 また、予算の限度額に達した場合の動作については、必ず把握しておいてください (詳細については、「一日の予算の限度額に達した場合はどうなりますか?」を参照してください)。

共有予算の詳細については、「複数のキャンペーンの予算を共有」をご覧ください


予算の計算方法と使用方法

1 日の予算の設定は目標に過ぎないので、実際の支出額は予算を上回ったり下回ったりする可能性があります。 これは、選択する予算タイプに関係なく、常に Microsoft Advertisingで 1 か月あたりの予算が計算されてから、月全体の実際の予算限度額が計算されるためです。 日額予算タイプは、予算が 1 か月全体に分散され、初日に使い果たされないようにするのに役立ちます。

1 日あたりの予算を 1 か月あたりの予算に変換する計算は次のとおりです。

1 か月あたりの予算 = 1 日あたりの予算 x 30.4 (1 か月あたりの平均日数)

たまたま月の途中で 1 日あたりの予算を変更した場合、現在の 1 か月あたりの限度額は、その月のそれまでの費用に、1 日あたりの予算額にその月の残りの日数を掛けたものを加えたものとして計算されます。 以下のようになります。

1 か月あたりの予算 = それまでの費用 + (1 日あたりの予算 x 残りの日数)

万一、キャンペーンの費用が 1 か月あたりの限度額を超えた場合、Microsoft Advertisingでは月末に超過分が払い戻されます。


パフォーマンスの推定を把握する

キャンペーンの作成中に予算を設定すると、キーワードと設定に基づいて、推定パフォーマンス指標が表示されます。

推定月間クリック数

説明: これは、キーワード、ターゲティング、予算設定を考慮して、顧客が毎月広告をクリックすると予想される回数です。

重要である理由: クリックは支払いの対象です。 通常、検索結果ページや検索ネットワーク上の Web サイトでの顧客による広告のクリックが含まれます。 クリックは、スパイダー、ロボット、テスト サーバーなど、他のソースで発生する場合もあります。

ヒント: 低品質または無効なクリックではなく、標準品質のクリックに対して料金を支払います。

詳細: クリックをモニターする:良いものと悪いものの見分け方

推定月間インプレッション

説明: これは、キーワード、ターゲティング、予算設定を考慮して、顧客が毎月広告を目にすると予想される回数です。

重要である理由: 顧客を Web サイトに誘導しているのか、コンバージョンを追跡しているのか、単にメッセージを発信しようとしているのかに関係なく、広告が表示された回数の追跡が必要になります。

推定月間費用

説明: これは、キーワード、ターゲティング、予算設定を考慮して、この広告グループに毎月使用する予定の推定合計金額です。

詳細情報: 予算の限度額に達した場合はどうなりますか?

推定平均位置

説明: 推定平均位置は、検索結果ページに広告が表示される可能性が高い場所です。 状況によりますが、位置 1 - 4 は検索結果ページの上部に表示され、位置 5 - 10 は他の場所 (たとえば、下部やサイドバー) に表示されます。

重要である理由: 最初の検索結果ページに表示される広告は、より多くクリックされる傾向があります。

詳細: 検索結果ページの一番上に広告が表示されるようにする


予算タイプを変更する

  1. 左側のメイン メニューから、[すべてのキャンペーン] を選択します。
  2. ページ メニューから、[キャンペーン] を選択します。
  3. 表で、編集するキャンペーンの名前を選択します。
  4. ページ メニューから、[設定] を選択します。
  5. [キャンペーン予算] で、[1 日あたりの予算オプション] を選択します。
  6. 適切な予算タイプを選択します。
  7. 変更内容を [保存] します。

See more videos...