キャンペーンのパフォーマンスをトラッキングし改善するその他の方法

パフォーマンス レポートの使用や、キャンペーンとランディング ページ最適化の経験を積んだら、より高度なテクニックと機能を試してみます。

パフォーマンス レポートの使用や、キャンペーンとランディング ページの最適化の経験を積んだら、より高度なテクニックと機能を試してみます。ここでは、キャンペーンの調整を保ち、高いパフォーマンスを発揮し、希望する ROI を生み出すためのいくつかの提案を行います。レポートを作成するときに選択すると、ここにリストされているどのレポートでも作成できます。

キーワード品質スコアをトラッキングするexpando image

その理由: 品質スコアは、キーワードがユーザーの検索クエリやその他の入力にどの程度関連しているか、さらに広告とキャンペーンが長期的にどの程度競争力があるかを示します。品質スコアが低いということは、キーワードが一致したときに広告がMicrosoft Search ネットワークに表示される可能性が低いことを意味します。

その方法: キーワードのパフォーマンス レポートに品質スコアと過去の品質スコアを追加します。この情報を使用して、キーワードや広告、ランディング ページを最適化します。

トップと他の列の比較を使用して、広告の位置を改善するexpando image

その理由: 広告が検索結果ページの下部またはサイドバー (広告の位置 5-8) ではなく、上部またはメインラインの位置 (広告の位置 1-4) にある場合、より多くの人に広告が表示される可能性があります。

その方法: アカウントやキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードパフォーマンス レポートを実行するときに、トップ vs. その他属性列を含め、次を行います:

  • Microsoft Search ネットワークのどこに広告が表示されるかを確認する。
  • メインラインの広告と下部またはサイドバーの広告位置にある広告のクリック単価 (CPC) とクリック率 (CTR) を比較する。次に、必要に応じてキーワードの入札単価を最適化して、広告の掲載順位とキャンペーンのパフォーマンスを向上させます。
サイトリンク表示オプションのパフォーマンスをトラッキングするexpando image

その理由: サイトリンク表示オプションは、潜在顧客が探している製品や情報を掲載している Web サイトの特定のページに顧客を誘導することで、CTR とコンバージョンの両方を増やせます。

その方法: Microsoft Advertising   広告表示オプション レポートで、使用しているサイトリンク表示オプションの効果を監視します。

シェア オブ ボイス レポートを実行するexpando image

その理由: インプレッションを増やすことは、広告の掲載順位と CTR を改善し、コンバージョンに影響を与えるための最初のステップです。

その方法: シェア オブ ボイス レポートを実行してキャンペーンの最適化手順を実施することで獲得できるインプレッション数がどれだけ増やせるかの見積もりを取得します。

除外キーワード競合レポートを使用するexpando image

その理由: 入札しているキーワードと意図せずに競合する除外キーワードがある場合、インプレッション数とクリック数が失われ、CTR が低下するおそれがあります。

その方法:

[推奨事項] タブのキーワード提案機能を使用するexpando image

その理由: おすすめの単語やフレーズを追加すると、広告がより頻繁に表示され、CTR とコンバージョン率を向上させることにつながります。

その方法: おすすめの 1 ページ目の入札単価やMicrosoft Search ネットワークのキーワードの月間検索の予測数など、おすすめのキーワードをレビューします。これらの統計は、おすすめのキーワードをキーワード リストに追加するかどうかを決定するのに役立ちます。詳細については、Microsoft Advertisingを使用してキャンペーンのパフォーマンスを向上させるを参照してください。


See more videos...