Google Ads からインポートできるもの

キャンペーン内の大部分の情報は、Google Ads からのインポート時に含まれています。 ここでは、どのような情報がインポートされるのかをご提示し、いくつかの例外についても説明します。
重要
注意

Google Ads パフォーマンス マックス キャンペーンは、スマート ショッピング キャンペーンまたは検索キャンペーンとしてインポートします。 Google 広告キャンペーンの作成時にマーチャント センターアカウントを追加した場合、パフォーマンス マックス キャンペーンはスマート ショッピング キャンペーンとしてインポートされますが、マーチャント センターアカウントがないと、検索キャンペーンとしてインポートされます。 パフォーマンス マックス キャンペーンのインポート方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Google Adsからキャンペーンをインポートする際は、インポート状況の表示、エラー ログの確認のほか、インポート スケジュールの編集、一時停止、削除を行うことができます。 すべての情報がインポートされるわけではありませんが、インポートされない情報が Microsoft Advertisingでサポートされないということではありません。 インポートした後、キャンペーンに問題がないかをご確認いただき、不足している情報があればキャンペーンに追加してください。

インポート時に確認が必要な項目

状況に応じて、インポート時に特に注意が必要になる場合があります。 以下の項目をインポートする場合は、このページに記載されている情報を必ず確認してください。

広告配信 (ネットワーク)expando image

広告配信は、お客様の広告の掲載を希望する場所です。 Google Adsの広告グループがインポートされると、以下のようなマッピングが行われます。

  • ネットワークが [検索ネットワークおよびディスプレイ ネットワーク] の場合、[検索] に設定されます。
  • ネットワークが [Google 検索ネットワーク] の場合、[検索] に設定されます。
詳細については、広告配信についてを参照してください。
注意
  • ネットワークが Google 検索ネットワークで、[検索パートナーを含める] が選択されている場合、Bing はすべての検索ネットワークをターゲットにします。 (Bing、AOL、Yahoo 検索およびシンジケート検索パートナー)
  • シンジケート検索は、特定の国でのみ使用できます。 詳細については、検索ネットワークとはを参照してください。
  • Microsoft Advertisingはコンテンツ ネットワークでの広告サービスを停止しました。
人口統計のターゲット設定 expando image

人口統計ターゲティングをインポートすることで、選択した人口統計範囲に該当する可能性が高い顧客にリーチできます。 Microsoft Advertisingは、親の地位や世帯収入のターゲット設定ではなく、年齢と性別のターゲットのみをインポートすることに注意してください。

Microsoft Advertising は、Google Ads の人口統計ターゲットのほとんどに一致します。 ただし、以下の表で確認できるいくつかの違いがあります。

Google Adsの年齢層 Microsoft Advertising の年齢層
18 歳から 24 歳 18 歳から 24 歳
25 歳から 34 歳 25 歳から 34 歳
35 歳から 44 歳 35 歳から 49 歳
55 歳から 64 歳 50 歳から 64 歳
65 歳以上 65 歳以上
不明 インポートされない
Google Ads 性別グループ Microsoft Advertising 性別グループ
男性 男性
女性 女性
不明 インポートされない
重要

Google Adsの年齢層「45 歳から 54 歳」は、Microsoft Advertisingにインポートされません。

オーディエンス ターゲティングexpando image

オーディエンスは、ターゲットにできる潜在顧客の集合です。 Bing 経由の Web サイト訪問者に、Google 広告からインポートしたオーディエンスを活用してリーチすることで、キャンペーンのパフォーマンスを向上させることができます。

オーディエンス ターゲティングに関してよく寄せられる質問

Google 広告からどのオーディエンス タイプをインポートできますか。 expando image
注意

次の属性を持つオーディエンス リストは、Google 広告からインポートされません。

  • Google アナリティクスで作成されたリマーケティング リスト

以下に、この属性を持たないリストを示します。

Google 広告のオーディエンス タイプ インポートされる情報 インポートされない情報
アフィニティ なし すべてのリスト
アプリ ユーザー なし すべてのリスト
組み合わせリスト: AND、OR、NOT 条件を使用するリスト NOT 条件のみを使用するリスト
顧客リスト なし すべてのリスト
詳細なユーザー属性 なし すべてのリスト
購買意向の強いユーザー すべてのリスト 該当なし
類似オーディエンス Web サイト訪問者に類似したユーザーのリスト (ルールベース リマーケティング リストとも呼ばれる) のうち、Microsoft Advertisingがサポートするもの Web サイト訪問者に基づかない類似ユーザー リスト (顧客リストなど)
Web サイト訪問者 (ルールベース リマーケティング リストとも呼ばれる) 次の種類の一覧:
  • ページの訪問者
  • 別のページも訪問しているページ訪問者
  • 別のページは訪問していないページ訪問者
次の種類の一覧:
  • 特定の日付のページの閲覧者
  • 特定のタグを持つページの閲覧者
  • Microsoft Advertising でサポートされていないパラメータ (タイプやカテゴリ ID など) を使用して作成された
  • 特定の日付ベース

オーディエンスのメンバーとしての期間が 180 日を超える場合は、インポート時に 180 日に切り下げられます。

YouTube 訪問者 なし すべてのリスト
購買意向の強いユーザーを 1 つインポートするときに、そのユーザーが Microsoft Advertisingに存在しない場合はどうなりますか。 expando image
購買意向の強いユーザーを 1 つインポートするときにそのユーザーが Microsoft Advertisingに存在しない場合、その関連付けはすべて親オーディエンスにマッピングされます。 たとえば、「アパレル & アクセサリー/蝶ネクタイ」という 1 つのオーディエンスを含む広告グループまたはキャンペーンをインポートするとします。 「蝶ネクタイ」は Microsoft Advertising でサポートされていないため、「蝶ネクタイ」とのすべての関連付けは、代わりにその親オーディエンスである「アパレル & アクセサリー」にマッピングされます。
購買意向の強いユーザーを複数インポートするとどうなりますか。expando image

同じ購買意向の強いユーザーにマッピングされている複数の関連付けをインポートすると、直接のオーディエンスが存在する関連付けのみがインポートされます。 たとえば、オーディエンスの関連付けを 2 つ含む広告グループまたはキャンペーンをインポートするとします。

  • 1 つ目の関連付けは「アパレル & アクセサリ」との関連付けです。
  • 2 つ目の関連付けは「アパレル & アクセサリ/ちょうネクタイ」との関連付けです。

この広告グループまたはキャンペーンでは 1 つ目の関連付けのみインポートされます。これは、1 つ目の「アパレル & アクセサリ」オーディエンスには直接のオーディエンスがあり、そのままマッピングできるためです。広告グループまたはキャンペーンの他の関連付けはインポートされません。

購買意向の強いユーザーを複数インポートするときに、直接の関連付けが存在しない場合

同じ購買意向の強いユーザーにマッピングされている複数の関連付けがあり、それらをインポートするときに直接の関連付けが存在しない場合、有効かつ入札価格上昇が最も大きい関連付けのみがインポートされ、それが親オーディエンスにマッピングされます。 たとえば、Microsoft Advertisingには存在しない 3 つのオーディエンスの関連付けを含む広告グループまたはキャンペーンをインポートするとします。

  • 1 つ目の「アパレル & アクセサリ/ちょうネクタイ」との関連付けは有効で、かつ 20% の入札価格上昇があります。
  • 2 つ目の「アパレル & アクセサリ/ベルト」との関連付けは有効で、かつ 10% の入札価格上昇があります。
  • 3 つ目の「アパレル & アクセサリ/ブレスレット」との関連付けは一時停止中で、30% の入札価格上昇があります。

この広告グループまたはキャンペーンでは 1 つ目の関連付けのみインポートされます。これは、有効な関連付けのうち、入札価格上昇が最も大きいのが 1 つ目の関連付けであるためです。 この広告グループまたはキャンペーンの他の 2 つの関連付けはインポートされません。

購買意向の強いユーザーを複数インポートするときに、直接の関連付けが存在しない場合はどうなりますか。expando image

同じ購買意向の強いユーザーにマッピングされている複数の関連付けがあり、それらをインポートするときに直接の関連付けが存在しない場合、有効かつ入札価格上昇が最も大きい関連付けのみがインポートされ、それが親オーディエンスにマッピングされます。 たとえば、Microsoft Advertisingには存在しない 3 つのオーディエンスの関連付けを含む広告グループまたはキャンペーンをインポートするとします。

  • 1 つ目の「アパレル & アクセサリ/ちょうネクタイ」との関連付けは有効で、かつ 20% の入札価格上昇があります。
  • 2 つ目の「アパレル & アクセサリ/ベルト」との関連付けは有効で、かつ 10% の入札価格上昇があります。
  • 3 つ目の「アパレル & アクセサリ/ブレスレット」との関連付けは一時停止中で、30% の入札価格上昇があります。

この広告グループまたはキャンペーンでは 1 つ目の関連付けのみインポートされます。これは、有効な関連付けのうち、入札価格上昇が最も大きいのが 1 つ目の関連付けであるためです。 この広告グループまたはキャンペーンの他の 2 つの関連付けはインポートされません。

購入意向の強いユーザーについて、どのオーディエンスが親オーディエンスにマッピングされたのかを確認するにはどうすればよいですか。expando image
インポートが完了した後、購入意向の強いユーザーの関連付けとその親オーディエンスは、[キャンペーンのインポート] ページの [インポートの概要] で確認できます。 インポートに何らかの問題があった場合は、確認の必要があるエラー ファイルと、インポート時に有効だった設定が [ログ] テーブルに表示されます。
オーディエンスが Microsoft Advertisingで利用可能になると、既存の関連付けはどうなりますか。expando image
Google Adsのオーディエンスが Microsoft Advertisingで利用可能になると、再インポート時に自動的に更新が行われます。 たとえば、対象ユーザーの "アパレル & アクセサリー/リボンのネクタイ" にGoogle Ads広告グループが関連付けられているとします。"Bow ties" は、Bingではまだサポートされていない対象ユーザーであるため、その関連付けは親の対象ユーザーである "アパレル & アクセサリー" にマップされます。ただし、"Bow ties" が使用可能になると、Microsoft Advertisingでは既存の関連付けである "アパレル & アクセサリー" が削除され、新しい関連付けである "アパレル & アクセサリー/ リボン の結び付け" が作成されます。
UET タグはどのように関連付けられますか。 expando image

ユニバーサル イベント トラッキング (UET) タグは、顧客が Web サイト上で何をしたかを記録し、その情報を Microsoft Advertisingに送信します。 リマーケティング リストまたはその他のオーディエンスをインポートする場合は、特定の UET タグをそれぞれに関連付ける必要があります。 Microsoft Advertising内に UET タグがまだない場合は、以下のオプションを選択するとタグが自動的に作成されます。

  1. インポート オプションをカスタマイズするときに、UET タグの下で [これまでに Microsoft Advertisingにインポートされたことのないリマーケティング リスト、オーディエンス、コンバージョン目標に以下の UET タグを関連付ける] を選択します。
  2. 既存の UET タグを選択するか、新しいタグを作成します。
  3. タグを作成する場合は、[タグ名] と [タグの説明] を入力します。
注意
  • 広告キャンペーンごとの関連付けは、検索ネットワークのキャンペーンについてのみインポートされます。
  • Microsoft Advertising内の特定のキャンペーンに広告グループごとの関連付けが既に存在する場合、そのキャンペーンごとの関連付けは Google Adsからインポートされません。
入札単価と予算expando image
重要

インポート オプションの [入札単価および入札戦略を更新する] は分割され、[入札単価を更新する] と [入札戦略を更新する] に分かれているので注意してください。 ただし、この変更後も、元の入札設定は変わらず残っています。 設定は、インポート オプションの [入札単価と予算] セクションでいつでも確認し、カスタマイズできます。

Microsoft Advertisingと Google Adsのどちらにも、1 日あたりのキャンペーン支出を制限する機能があります。

Google Ads の入札単価および予算の最小要件は Microsoft Advertising とは異なります。 すべてのデータをできるだけ手間をかけずにインポートするため、最小要件に満たない入札単価と予算は要件を満たすように引き上げられます。 以下の表に、この最小要件を示します。 インポートの設定において、この引き上げを行わないようにすることは可能ですが、最小要件を満たさないキャンペーンはインポートされないので注意してください。

入札単価および予算の最小値

通貨 検索キャンペーン

最小入札単価

ショッピング キャンペーン

最小入札単価

検索キャンペーンおよびショッピング キャンペーン

1 日あたりの最小予算

アルゼンチン ペソ (ARS) 0.05 0.05 0.05
オーストラリア ドル (AUD) 0.01 0.01 0.05
タイ バーツ (THB) 0.14 0.14 2.00
ブラジル レアル (BRL) 0.01 0.01 0.10
カナダ ドル (CAD) 0.05 0.01 0.05
チリ ペソ (CLP) 5.10 5.10 5.10
コロンビア ペソ (COP) 18.05 18.05 18.05
デンマーク クローネ (DKK) 0.06 0.06 0.06
ユーロ (EUR) 0.05 0.01 (フランス、ドイツ、スペイン、スイス、オーストリア、ベルギー、オランダ、イタリア、スウェーデンのみ) 0.05
香港ドル (HKD) 1.00 1.00 1.00
インド ルピー (INR) 0.50 0.01 0.82
インドネシア ルピア (IDR) 35.00 35.00 480.00
マレーシア リンギット (MYR) 0.01 0.01 0.15
メキシコ ペソ (MXN) 0.14 0.14 0.14
新台湾ドル (TWD) 0.01 0.01 100.00
ニュージーランド ドル (NZD) 0.01 0.01 0.05
ノルウェー クローネ (NOK) 0.06 0.06 0.06
ペルー ヌエボソル (PEN) 0.03 0.03 0.03
フィリピン ペソ (PHP) 0.20 0.20 2.00
ポーランド ズロチ (PLN) 0.01 0.01 0.10
英国ポンド (GBP) 0.05 0.01 0.05
シンガポール ドル (SGD) 0.01 0.01 0.11
スウェーデン クローナ (SEK) 0.07 0.07 0.07
スイス フラン (CHF) 0.05 0.05 0.05
南アフリカ ランド (ZAR) 0.01 0.01 0.10
トルコ リラ (TRY) 1 1 10
アメリカ英語 米ドル (USD) 0.05 0.01 0.05

通貨が異なる場合

Google Adsに設定している通貨と、Microsoft Advertisingアカウントに設定している通貨が異なる場合は、通貨データを Microsoft 広告に合わせて変換するか除外できます。 除外した場合は、入札単価と予算をインポート オプションを使って手動で調整するか、インポートの完了後に手動で調整できます。 アカウントを開設した後に通貨を変更する必要が生じた場合は、新しいアカウントの開設が必要になります。 古いアカウントにキャンペーン、広告グループ、設定がある場合は、古いアカウントからそれらをエクスポートし、新しいアカウントにインポートします。

入札戦略 expando image
重要

インポート オプションの [入札単価および入札戦略を更新する] は分割され、[入札単価を更新する] と [入札戦略を更新する] に分かれているので注意してください。 [入札戦略を更新する] オプションは、新規のインポートおよびスケジュール設定したインポートのすべてにおいて既定で有効になります。 この更新を行わないようにするには、インポート オプションの [入札単価と予算] で [入札戦略を更新する] をオフにします。

一部の入札戦略は Microsoft Advertisingではサポートされません。 このような場合、対象ユーザー キャンペーンの入札戦略は既定で 手動の CPC に設定され、その他のすべてのキャンペーン入札戦略は既定で 拡張 CPC に設定されます。 各インスタンスでは、入札は推奨される金額に設定されます。 このときに設定された入札単価は、Microsoft Advertisingへのインポート後に更新できます。

注意
  • Google Adsのポートフォリオ入札戦略を使用するオーディエンス キャンペーンは、すべて手動 CPC として Microsoft Advertisingにインポートされます。
  • ポートフォリオ入札戦略が検索キャンペーンとショッピング キャンペーンを使用する場合は、ポートフォリオ入札戦略を含むキャンペーンの個数が多い方が採用され、もう一方は個別の入札戦略に変換されます。
  • キャンペーンの両方の種類の個数が同じ場合、Microsoft 広告はショッピング キャンペーンより検索キャンペーンを優先します。
デバイス ターゲティング expando image

カスタマイズを選択しない場合、デスクトップ ターゲットの負の入札単価調整比はインポートされません (-100% に設定された調整比を除く)。 -100% は、デスクトップに実質的に広告を表示しない設定です。

カスタマイズ設定を選択して既定のオプションを変更すれば、入札単価調整比のマイナス値をインポートできます。

動的検索広告expando image
注意

現在、動的検索広告が利用可能な国/地域の一覧と、動的検索広告の作成方法の詳細については、「 動的検索広告」を参照してください。

動的検索広告は、Microsoft Search ネットワークで検索をする顧客が商品やサービスを確実に見つけられるようにするための効率的な方法であり、あまり多くの設定に触れなくても実施することが可能です。

Google Adsからの混合モードのキャンペーンは、動的検索広告とその他のタイプ (拡張テキスト広告など) の両方を含むキャンペーンです。 Microsoft Advertisingが動的検索広告をまだサポートしていない市場の場合は、その他の広告タイプのみ標準広告グループにインポートされます。 その市場で動的検索広告が使用可能になると、動的検索広告は動的広告グループにインポートされ、その他の広告タイプは標準広告グループにインポートされます。 検索キャンペーンには両方の種類の広告グループが作成されます。

動的検索広告に 15 文字を超える表示 URL パスが含まれている場合、広告をインポートするとそのパスは削除されます。 広告のその他の部分については、パスが長すぎない URL も含めて、同じ内容が維持されます。

資産ベースのフィードのインポート

Google AdsからMicrosoft Advertisingにアセットベースのフィードをインポートする場合は、アセットベースのフィードが動的検索広告のページ フィードに自動的に変換されます。 これは次の 3 つの方法で発生する可能性があります。

  • 新しいアセットベースのフィードをインポートする: これを通常のページ フィードとしてインポートします。 ページ フィードの名前は、Google Ads' AssetSet 名と同じままです。
  • Google Ads内で移行されている既存のページ フィードを、同じ名前の資産ベースのフィードにインポートします。
    • 従来のページ フィードの関連付けを保持する場合は、両方のフィードからフィード項目をマージし、レガシ ページ フィードの名前を使用してインポートします。
    • 従来のページ フィードの関連付けを削除すると、 Microsoft Advertising ページ フィードが新しい Google Ads' アセットベースのフィードと一致するようになります。
  • Google Ads内で移行されている既存のページ フィードを、異なる名前の資産ベースのフィードにインポートします。
    • 従来のページ フィードの関連付けを保持する場合は、 Google Ads' ページ フィードとアセットベースのフィードの両方を2 つの異なるページ フィードとしてMicrosoft Advertisingにインポートし、関連付けられている各フィード名を保持します。 どちらのフィードもキャンペーンに関連付けられます。
    • 従来のページ フィードの関連付けを削除すると、 Google Adsアセットベースのフィードが新しいページ フィードとしてMicrosoft Advertisingにインポートされ、キャンペーンに関連付けられます。 従来のページ フィードとキャンペーン間の関連付けはすべて削除されます。
言語ターゲティングexpando image

キャンペーンと広告グループの言語

複数の言語をターゲットとすると、1 つのキャンペーン内に複数のグループを作り、Web サイト上に異なる言語で広告を表示することができます。 インポート時に、キャンペーンの言語はサポートする Google Adsのターゲット言語に設定され、広告グループの言語は、キャンペーンの設定を使用するように自動的に設定されます。

Microsoft Advertisingでは、以下の言語がサポートされます。

  • アルバニア語
  • ボスニア語
  • ブルガリア語
  • クロアチア語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • エストニア語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ギリシア語
  • ハンガリー語
  • アイスランド語
  • イタリア語
  • ラトビア語
  • リトアニア語
  • マケドニア語
  • マルタ語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ルーマニア語
  • セルビア語
  • スロバキア語
  • スロベニア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • 繁体中国語
  • トルコ語

再インポート時にターゲット言語の更新を行わないようにするには、インポート オプションの [キャンペーンと広告グループの言語] の選択を解除するだけです。 ただし、Google Adsからターゲット言語をインポートしたときに Microsoft Advertisingキャンペーンに言語が 1 つもなかった場合は、ターゲット言語の更新を行うかどうかの設定にかかわらず、サポートされるターゲット言語がすべてインポートされます。 Google Adsからインポートされたターゲット言語の中に Microsoft 広告でサポートされる言語が 1 つもない場合、そのキャンペーンはインポートされず、「ターゲット言語がサポートされていない」というエラー メッセージでフラグが付けられます。

地域ターゲティング expando image

Google Adsのキャンペーンをインポートすると、インポートされたターゲット地域は自動的に Microsoft Advertising内の同じターゲット地域に設定されます。 ただし、Google Adsのターゲット地域がサポートされないことがあります (小さな市区町村などの場合)。 そのような場合は、Google Adsの地理データに基づいて自動でターゲットを拡大し、周辺の場所 (都道府県など、より広い地域) にマッピングできます。 狭い地域と拡大した地域のどちらも Microsoft Advertisingでサポートされない場合は、どちらのターゲット地域もインポートされません。

たとえば、Google Ads にキャンペーンがあり、ターゲット地域が州/地域/県 B のサポートされていない都市 A に設定されているとします。 このシナリオでは、サポートされている親の場所である state/region/province B に自動的にマップします。 都市 A と州/地域/州 B の両方がMicrosoft Advertisingでサポートされていない場合、どちらの場所ターゲットもインポートされません。

ターゲット地域の拡大を行わないようにする

  1. ページ上部の [キャンペーンのインポート] をクリックします。
  2. [Google Ads からインポート] を選択します。
  3. [Google にサインイン] をクリックします。
  4. インポートする Google Adsのキャンペーンを選択し、[続行] をクリックします。
  5. [インポート オプションを選ぶ] で、[サポートされていないターゲット地域を拡大しない] を選択します。

このオプションを選択すると、サポートされていないターゲット地域はインポートされませんが、キャンペーンは、ターゲット地域がなく、全世界を対象として引き続き実行されるので注意してください。

サポートされていないターゲット地域のみを含むキャンペーンをインポート後すぐに一時停止する

  1. ページ上部の [キャンペーンのインポート] をクリックします。
  2. [Google Ads からインポート] を選択します。
  3. [Google にサインイン] をクリックします。
  4. インポートする Google Adsのキャンペーンを選択し、[続行] をクリックします。
  5. [インポート オプションを選ぶ] で、[インポートされたターゲット地域がいずれもサポートされない場合、キャンペーンを一時停止する] を選択します。

このオプションを選択した場合、サポートされているターゲット地域とサポートされていないターゲット地域の両方を含むキャンペーンは一時停止されず、サポートされているターゲット地域が引き続き有効になります。

インポートされたターゲット地域を確認する

インポートされたターゲット地域はすべて、インポートの概要ページで確認できます。このページでは、サポートされていない各ターゲット地域がサポートされている親地域にどのようにマッピングされたかを確認できます。 インポートに問題があった場合は、インポート エラーをスプレッドシートにダウンロードできます。 サポートされていないターゲット地域が親のターゲット地域にマッピングされた場合、ダウンロードしたスプレッドシート内で警告が示されています。 警告を確認して、サポートされているターゲット地域を維持するか、更新するか、完全に削除するかを決定できます。
除外キーワード リストexpando image

除外キーワードまたはキーワード フレーズは、検索クエリまたは他の入力に含まれるキーワードがランディング ページのコンテンツにとって適切でない場合に、広告を表示しないようにするために使用できます。 除外キーワードの共有リストを使用すると、除外キーワードのリスト全体を複数のキャンペーンに適用できるので、1 つのリストを編集するだけで複数のキャンペーンに変更を加えられます。 [インポート オプションを選ぶ] の下にある [除外キーワード リスト] チェック ボックスをオンにすると、以下のように処理が行われます。

  • からのすべての負のキーワード リスト Google Ads がインポートされます。 同じ名前の除外キーワード リストが Microsoft Advertisingに存在する場合は、そのリストが更新されます。
  • Microsoft Advertisingと Google Adsの両方の除外キーワードが統合されます。
  • Microsoft Advertisingの関連付けは、Google Adsに新しい関連付けがある場合、上書きされます。
ショッピング キャンペーン expando image

Googleのショッピング キャンペーンを Microsoft Advertisingのショッピング キャンペーンにインポートする前に、必ず Microsoft マーチャント センター ストアを作成してください。 その後、インポート時に、作成したストアと、インポートされるショッピング キャンペーンをリンクする必要があります。

既存の Google カタログを使用する場合は、販売先の国の項目に有効な値が設定されていることを確認してください。 Microsoft Advertising は、このフィールドの次の国/地域をサポートしています。

  • アルバニア
  • アンドラ
  • アルゼンチン
  • アルバ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • バハマ
  • バングラデシュ
  • ベルギー
  • ボリビア
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • カナダ
  • ケイマン諸島
  • チリ
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エルサルバドル
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • フランス領ギアナ
  • フランス領ポリネシア
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • グアム
  • グアテマラ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ホンジュラス
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イタリア
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マレーシア
  • モルディブ
  • マルタ
  • マルチニーク島
  • メキシコ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モンセラット
  • ネパール
  • オランダ
  • ニューカレドニア
  • ニュージーランド
  • 北マケドニア
  • ノルウェー
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • ルーマニア
  • サンマリノ
  • セルビア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • 南アフリカ
  • スリランカ
  • スウェーデン
  • スイス
  • タイ
  • トリニダード・トバゴ
  • トルコ
  • 英国
  • 米国
  • ウルグアイ
  • バチカン市国
  • ベネズエラ
  • ベトナム
URL トラッキング expando image

URL トラッキングは、訪問者が Web サイトにどのようにたどり着いたのかを明らかにするために、Microsoft Advertising内でトラッキング パラメーターを追加し、サード パーティ製のトラッキング ツールやサービスによるデータ解析を可能にするものです。 正確なレポートを得るには、トラッキング テンプレート、カスタム パラメーター、最終ページ URL のサフィックス、utm_source などの設定を確認する必要があります。

キャンペーンで Google Ads utm_source パラメーターを使用している場合、そのパラメーターの値は "Google"、"GoogleAds"、または "googleshopping" や "GoogleAdsIndia" などの近いバリアントである可能性があります。これらの値は "bing" に置き換えられます。たとえば、 http://www.example.com/?utm_source=googlehttp://www.example.com/?utm_source=bing としてインポートされます。

インポートはできないが、Microsoft Advertisingを使用して再作成できる項目

  • 自動化ルール
  • 除外 IP
注意

Google Adsからインポートできるようになりました。

  • 20,000 件のキャンペーン
  • 1,000 万の広告グループ
  • 2,000 万個のキーワード
  • 2,000 万件の広告
  • 550 万件の広告グループレベルとキャンペーンレベルの除外キーワードを組み合わせたもの
  • 1,000 万個の広告グループ製品パーティション
  • 200,000 個の他のすべてのエンティティを組み合わせたもの
  • 300 万件の目標

インポートおよび更新の対象となる項目とその詳細

重要
  • 拡張テキスト広告を、2023 年 2 月 1 日までにレスポンシブ検索広告にアップグレードしてください。 この日付を過ぎると、拡張テキスト広告を新規作成したり、編集したりできなくなります。 詳細については、「レスポンシブ検索広告について」を参照してください。
  • レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザーの詳細については、「レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザーについて」を参照してください。
  • スケジュールされたフィードは引き続き実行され、広告カスタマイザー フィードを使用して拡張された既存のテキスト広告は引き続き配信されます。 パフォーマンスに関するレポートを表示できます。
  • 既存の広告カスタマイザー フィードは引き続き一時停止、実行、削除できます。
  • この変更の詳細については、こちらを参照してください。

初回インポートでも、既存キャンペーンの再インポートでも、転送または更新の対象となったすべての項目を追跡管理することと、単に残っているだけの項目を把握しておくことが重要です。 こうした管理や把握を容易にするために、以下の表を参照し、最初のインポート時に転送される項目と、インポート処理の繰り返し時に Microsoft Advertisingで更新される項目を確認してください。

注意

以下の表は、インポートされる項目をすべて示しているわけではありません。 Microsoft Advertising は、キャンペーンの管理に必要なすべてのデータをインポートし、最適なエクスペリエンスを提供することを目的としています。

検索キャンペーンに関してインポートおよび更新の対象となる主なエンティティ

キャンペーンexpando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
キャンペーン名: Microsoft Advertisingのキャンペーン名は大文字小文字を区別しません。 「Coffee Sales」という名前のキャンペーンと「coffee sales」という名前のキャンペーンを Google Adsからインポートまたは再インポートすると、キャンペーン名の重複エラーが表示されます。 ただし、「coffee sales」という名前のキャンペーンが既に存在するアカウントに「Coffee Sales」という名前のキャンペーンをインポートすると、2 つは同じキャンペーンと見なされて更新処理が行われます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
キャンペーン ラベル 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
予算額 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
予算タイプ 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
入札戦略: 一部の入札戦略は Microsoft Advertisingではサポートされません。 入札戦略がサポートされない場合、キャンペーンの入札戦略は拡張 CPC に設定され、入札単価は Microsoft 広告が推奨する金額に設定されます。 このときに設定された入札単価は、Microsoft Advertisingへのインポート後に更新できます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
開始日と終了日: Google Adsは開始日と終了日をキャンペーンごとでサポートしますが、Microsoft Advertisingは広告グループごとでのみサポートします。 これは、Microsoft Advertisingに存在する広告グループの期間が、インポートしたキャンペーンごとの期間によって上書きされることを意味します。 また、インポートしたキャンペーンの終了日が過ぎていた場合、そのキャンペーン内の広告グループの終了日は 2050 年 1 月 1 日に設定されるので注意してください。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
状態 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
トラッキング テンプレート 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
カスタム パラメーター 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
タイム ゾーン: キャンペーンの最初のインポート時に、アカウントごとに設定されているタイム ゾーンが使用されます。 その後、タイム ゾーンは変更されません。 緑色のチェック マーク
キャンペーン タイプ 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
販売先の国 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
注意
  • 広告グループおよびキャンペーンの更新は、前回のインポートと Google Ads内の現在の内容を比較して取得されます。 対象の項目が 2016 年 3 月 21 日以降に Microsoft Advertising オンライン インポートによって作成された場合は、更新が取得されます。 その日以前にインポートされた広告グループおよびキャンペーンは更新されません。 更新されるのではなく、新しい項目または重複する項目が作成されます。
  • 広告グループおよびキャンペーンが、Microsoft 広告エディターのバージョン 11.25 以降を使用するインポートで作成されていた場合は、更新が取得されます。 ローカルにダウンロードされた項目、または Microsoft 広告エディターの古いバージョンでインポートされた項目は更新されません。 更新されるのではなく、新しい項目または重複する項目が作成されます。
  • Google Ads内のキャンペーン名が、Microsoft Advertising内の既存のキャンペーン名と一致する場合、その 2 つのキャンペーンはインポート処理中に統合されます。
広告グループexpando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
広告グループ名: Microsoft Advertisingの広告グループ名は大文字小文字を区別しません。 「Coffee Sales」という名前の広告グループと「coffee sales」という名前の広告グループを Google Adsからインポートまたは再インポートすると、広告グループ名の重複エラーが表示されます。 ただし、「coffee sales」という名前の広告グループが既に存在するキャンペーンに「Coffee Sales」という名前の広告グループをインポートすると、2 つは同じ広告グループと見なされて更新処理が行われます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
広告グループのラベル 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
状態 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
開始日と終了日: Google Adsは開始日と終了日をキャンペーンごとでサポートしますが、Microsoft Advertisingは広告グループごとでのみサポートします。 これは、Microsoft Advertisingに存在する広告グループの期間が、インポートしたキャンペーンごとの期間によって上書きされることを意味します。 また、インポートしたキャンペーンの終了日が過ぎていた場合、そのキャンペーン内の広告グループの終了日は 2050 年 1 月 1 日に設定されるので注意してください。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
媒体 (広告配信): 広告配信は、広告を掲載する場所を表します。 Google Adsの広告グループがインポートされると、以下のようなマッピングが行われます。
  • ネットワークが [検索ネットワークおよびディスプレイ ネットワーク] の場合、[検索] に設定されます。
  • ネットワークが「ディスプレイ ネットワーク」の場合は、インポートされません。
  • ネットワークが「Google 検索ネットワーク」の場合、「検索」に設定されます。
緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
入札戦略: 広告グループはキャンペーンの入札戦略を使用します。 明示的に手動 PCP に設定されている広告グループは、手動 CPC としてインポートされます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
料金モデル 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
広告のローテーション: Google Adsのキャンペーンに基づいて設定されます。
  • 「クリック重視で最適化」および「コンバージョン重視で最適化」は、「クリック重視で最適化」にマッピングされます。
  • 「均等にローテーション」および「無期限でローテーション」は、「均等にローテーション」にマッピングされます。
  • 開始日と終了日はインポートされません。
緑色のチェック マーク
入札 緑色のチェック マーク
言語: Google Adsのキャンペーンの言語に基づいて設定されます。 複数の言語がある場合は、市場シェアが最も大きい言語が選択されます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
ネイティブ入札単価調整 緑色のチェック マーク
トラッキング テンプレート 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
カスタム パラメーター 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
注意
  • 広告グループおよびキャンペーンの更新は、前回のインポートと Google Ads内の現在の内容を比較して取得されます。 対象の項目が 2016 年 3 月 21 日以降に Microsoft Advertising オンライン インポートによって作成された場合は、更新が取得されます。 その日以前にインポートされた広告グループおよびキャンペーンは更新されません。 更新されるのではなく、新しい項目または重複する項目が作成されます。
  • 広告グループおよびキャンペーンが、Microsoft 広告エディターのバージョン 11.25 以降を使用するインポートで作成されていた場合は、更新が取得されます。 ローカルにダウンロードされた項目、または Microsoft 広告エディターの古いバージョンでインポートされた項目は更新されません。 古いバージョンを使用してインポートされた広告グループおよびキャンペーンは更新されません。 更新されるのではなく、新しい項目または重複する項目が作成されます。
  • Google Ads内のキャンペーン名が、Microsoft Advertising内の既存のキャンペーン名と一致する場合、その 2 つのキャンペーンはインポート処理中に統合されます。
キーワードexpando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
キーワード テキスト 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
マッチ タイプ: キャンペーンの最初のインポート時にマッチ タイプがインポートされます。 その後、マッチ タイプは更新されません。 緑色のチェック マーク
入札 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
入札戦略: キーワードは広告グループの入札戦略を使用します。 明示的に手動 CPC に設定されているキーワードは、手動 CPC としてインポートされます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
状態 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
パラメーター 1 緑色のチェック マーク
パラメーター 2 緑色のチェック マーク
パラメーター 3 緑色のチェック マーク
最終ページ URL 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
モバイルの最終ページ URL 緑色のチェック マーク
トラッキング テンプレート 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
カスタム パラメーター 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
標準テキスト広告expando image
注意

Microsoft Advertisingは、Google Adsからの標準テキスト広告のインポートをサポートしなくなりました。 ただし、2017 年 8 月 3 日以前に標準テキスト広告をインポートし、再インポートの対象に設定している場合は、ステータスの変更 (一時停止/一時停止の解除) 情報が Google Adsからインポートされます。

拡張テキスト広告expando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
タイトル パーツ 1: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 30 文字です。 Google Ads では「広告見出し 1」と呼ばれます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
タイトル パーツ 2: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 30 文字です。 Google Adsでは「広告見出し 2」と呼ばれます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
タイトル パーツ 3: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 30 文字です。 Google Adsでは「広告見出し 3」と呼ばれます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
説明文: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 90 文字です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
説明文 2: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 90 文字です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
パス 1: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 15 文字です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
パス 2: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 15 文字です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
URL カスタム パラメーター 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
トラッキング テンプレート 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
最終ページ URL: Microsoft Advertisingでは、URL 内のホストについて最大 35 文字という制限があります。 たとえば、「http://www.edu.bing.co.uk/pages/one」という URL の場合、ホストは「www.edu.bing.co.uk」で、35 文字を超えることはできません。 Google Ads では、URL 内のホストが 35 文字を超えることも可能です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
広告ラベル 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
注意

拡張テキスト広告がインポートされない場合は、インポート オプションの [フィード] セクションで [広告カスタマイザー フィード] が選択されていることを確認してください。 その後で、もう一度インポートを試します。

ショッピング広告expando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
状態 緑色のチェック マーク
プロモーション 緑色のチェック マーク
広告ラベル 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
レスポンシブ検索広告expando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
最終ページ URL: Microsoft Advertisingでは、URL 内のホストについて最大 35 文字という制限があります。 たとえば、「http://www.edu.bing.co.uk/pages/one」という URL の場合、ホストは「www.edu.bing.co.uk」で、35 文字を超えることはできません。 Google Ads では、URL 内のホストが 35 文字を超えることも可能です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
広告見出し: テキストと表示位置の両方がインポートされます。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
パス: Microsoft Advertisingと Google Adsともに最大 15 文字です。 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
説明文 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
モバイル URL 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
トラッキング テンプレート 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
最終ページ URL サフィックス 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
カスタム パラメーター 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
注意

有効にできるレスポンシブ検索広告には、広告グループごとに 3 つという制限があることに注意してください。 レスポンシブ検索広告 Google Adsのインポートで問題が発生した場合:

  • 古いレスポンシブ検索広告を手動で一時停止または削除して、他の有効な広告用のスペースを確保します。
  • インポート オプションで、[Google Adsアカウントから削除されている項目を削除する] を選択します。
レスポンシブ検索広告の詳細については、こちらを参照してください
ラベルexpando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
ラベル名 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
ラベルの色 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
ラベルの説明文 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク

適切なインポート オプションを選択することによって、Microsoft Advertisingへの最初のインポート時にどの項目をインポートするかと、再インポート時にどの項目を更新するかを指定できます。 以下に、インポートの目的と、その目的を達成するために選択する必要のあるオプションを示します。

インポートの目的 選択する必要のあるインポート オプション
新しいラベルをインポートし、既存ラベルは更新する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [ラベル] を選択します。
新しいラベルをインポートし、既存ラベルの更新は無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] で [ラベル] を選択します。 [既存アイテムへの更新] では [ラベル] の選択を解除します。
新しいラベルは無視し、既存ラベルの更新をインポートする。 [既存アイテムへの更新] で [ラベル] を選択します。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] では [ラベル] の選択を解除します。
新しいラベルを無視し、既存ラベルの更新も無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [ラベル] の選択を解除します。
注意

Google Adsでラベルを削除した場合、[既存アイテムへの更新] で [ラベル] を選択していれば、そのラベルはインポート時に削除されます。

広告カスタマイザー フィードexpando image
項目 Google Adsからのインポート 再インポート時の更新
フィード名 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
フィード属性 (名前と型) 緑色のチェック マーク 緑色のチェック マーク
注意

広告カスタマイザー フィードは、キャンペーンレベルや広告グループ レベルではなく、アカウント レベルでのみインポートできます。

検索キャンペーンに関してインポートされる広告表示オプション

アカウント レベルのアプリ拡張機能expando image
  • アプリ プラットフォーム
  • アプリ ストア ID
  • アプリのバージョン
  • 表示テキスト
  • リンク先 URL
  • デバイス設定
  • スケジュール
アカウント レベルのイメージ拡張機能expando image
  • End date (終了日)
  • メディア
  • スケジュール
  • Start date (開始日)
アカウント レベルのプロモーション拡張機能expando image
  • 通貨コード
  • 割引率変更機能
  • 最終ページ URL サフィックス
  • 言語
  • 割引金額
  • 行事
  • 金額を超える注文
  • 割引率
  • プロモーション コード
  • プロモーションアイテム
  • プロモーション終了日
  • プロモーションの開始日
キャンペーン レベルのアプリ拡張機能expando image
  • アプリ プラットフォーム
  • アプリ ストア ID
  • アプリのバージョン
  • 表示テキスト
  • リンク先 URL
  • デバイス設定
  • スケジュール
キャンペーンごとの電話番号表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 電話番号
  • 国コード
  • 呼び出し専用です
  • 通話追跡が有効になっていますか
  • フリーダイヤル追跡番号が必要
  • デバイス設定
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
キャンペーンごとのコールアウト表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • テキスト
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
キャンペーン レベルの画像拡張機能expando image
  • End date (終了日)
  • メディア
  • スケジュール
  • Start date (開始日)
キャンペーンごとの住所表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 会社名
  • 住所
  • 番地 2
  • 市区町村名
  • 都道府県コード
  • 郵便番号
  • 国コード
  • 電話番号
  • 緯度
  • 経度
  • マップ アイコン:
    インポート時に空の文字列に設定します。
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
キャンペーンごとの価格表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 価格フィードの種類
  • 価格修飾子
  • 言語
  • 通貨
  • 商品アイテムヘッダー: 最初の 8 個までインポート
  • 商品アイテムの説明: 最初の 8 個までインポート
  • 商品アイテムの価格: 最初の 8 個までインポート
  • 商品アイテムの最終ページ URL: 最初の 8 個までインポート
  • 商品アイテムのモバイルの最終ページ URL: 最初の 8 個までインポート
  • カスタム パラメーター
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
キャンペーン レベルのプロモーション拡張機能expando image
  • 通貨コード
  • 割引率変更機能
  • 最終ページ URL サフィックス
  • 言語
  • 割引金額
  • 行事
  • 金額を超える注文
  • 割引率
  • プロモーション コード
  • プロモーションアイテム
  • プロモーション終了日
  • プロモーションの開始日
キャンペーンごとのサイトリンク表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 表示テキスト
  • 説明 1
  • 説明 2
  • デバイス設定
  • 最終ページ URL
  • モバイル用の最終ページ URL
  • トラッキング テンプレート
  • カスタム パラメーター: 最初の 3 つまでインポートされます。
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
キャンペーンごとの構造化スニペット表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • ヘッダー
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
広告グループ レベルのアプリ拡張機能expando image
  • アプリ プラットフォーム
  • アプリ ストア ID
  • アプリのバージョン
  • 表示テキスト
  • リンク先 URL
  • デバイス設定
  • スケジュール
広告グループごとのコールアウト表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 広告グループ名
  • テキスト
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
広告グループレベルの画像拡張機能expando image
  • End date (終了日)
  • メディア
  • スケジュール
  • Start date (開始日)
広告グループレベルのプロモーション拡張機能expando image
  • 通貨コード
  • 割引率変更機能
  • 最終ページ URL サフィックス
  • 言語
  • 割引金額
  • 行事
  • 金額を超える注文
  • 割引率
  • プロモーション コード
  • プロモーションアイテム
  • プロモーション終了日
  • プロモーションの開始日
広告グループごとのサイトリンク表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 広告グループ名
  • 表示テキスト
  • 説明 1
  • 説明 2
  • デバイス設定
  • 最終ページ URL
  • モバイル用の最終ページ URL
  • トラッキング テンプレート
  • カスタム パラメーター
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール
広告グループごとの構造化スニペット表示オプションexpando image
  • キャンペーン名
  • 広告グループ名
  • ヘッダー
  • Start date (開始日)
  • End date (終了日)
  • スケジュール

適切なインポート オプションを選択することによって、Microsoft Advertisingへの最初のインポート時にどの項目をインポートするかと、再インポート時にどの項目を更新するかを指定できます。 以下に、インポートの目的と、その目的を達成するために選択する必要のあるオプションを示します。

インポートの目的 選択する必要のあるインポート オプション
新しい広告表示オプションをインポートし、既存オプションは更新する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [広告表示オプション] を選択します。
新しい広告表示オプションをインポートし、既存オプションの更新は無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] で [広告表示オプション] を選択します。 [既存アイテムへの更新] では [広告表示オプション] の選択を解除します。
新しい広告表示オプションは無視し、既存オプションの更新をインポートする。 [既存アイテムへの更新] で [広告表示オプション] を選択します。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] では [広告表示オプション] の選択を解除します。
新しい広告表示オプションを無視し、既存オプションの更新も無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [広告表示オプション] の選択を解除します。
注意
  • Google Adsでのスケジュールの更新は、既存スケジュールを削除して新規スケジュールを追加する操作と同じものとして処理されることに注意してください。 [既存アイテムへの更新] で広告表示オプションを選択している場合、Google Adsでスケジュールを更新または削除すると、そのスケジュールはインポート時に Microsoft Advertisingから削除されます。
  • インポートの際は、Google Adsで削除した広告表示オプションはインポート時に Microsoft Advertisingから削除されないことに注意してください。

キャンペーンに関してインポートされるターゲティングと除外

キャンペーンの広告のスケジュール設定expando image
  • 時間から
  • 分から
  • 時間へ
  • 分へ
  • 入札単価調整:
    Par 範囲: -90% から +900%
キャンペーンと広告グループの除外キーワードexpando image
  • マッチ タイプ:
    部分一致は、フレーズ一致としてインポートされます。
  • キーワード テキスト
キャンペーンと広告グループの除外 Web サイトexpando image
  • キャンペーンのプレースメントの除外:
    Google Ads からキャンペーン プレースメントの除外をインポートするには、[高度なインポート オプション] で [ウェブサイトの除外] を選択します。
キャンペーンの地域ターゲットexpando image
  • 地域:
    Google Ads の地域がマッピングできない場合、Microsoft 広告はその親地域を使用して、インポート時に警告を表示します。 親地域もない場合は、インポート時にエラーを表示します。
  • 入札単価調整
キャンペーンのデバイス ターゲットexpando image
モバイルとタブレット
  • 入札単価調整:
    Google Ads を使用すると、-100% から +900% になります。 Microsoft Advertising では、-100% から +900% の値を入力でき、-100% は広告を表示しないことを意味します。
キャンペーンの除外地域ターゲットexpando image
  • 地域
    Google Ads の地域をマッピングできない場合は、インポート時にエラー メッセージが表示されます。

適切なインポート オプションを選択することによって、Microsoft Advertisingへの最初のインポート時にどの項目をインポートするかと、再インポート時にどの項目を更新するかを指定できます。 以下に、インポートの目的と、その目的を達成するために選択する必要のあるオプションを示します。

インポートの目的 選択する必要のあるインポート オプション
キャンペーンと広告グループの新しいターゲットをインポートし、既存ターゲットは更新する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [ターゲティング] を選択します。
キャンペーンと広告グループの新しいターゲットをインポートし、既存ターゲットの更新は無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] で [ターゲティング] を選択します。 [既存アイテムへの更新] では [ターゲティング] の選択を解除します。
キャンペーンと広告グループの新しいターゲットは無視し、既存ターゲットの更新をインポートする。 [既存アイテムへの更新] で [ターゲティング] を選択します。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] では [ターゲティング] の選択を解除します。
キャンペーンと広告グループの新しいターゲットを無視し、既存ターゲットの更新も無視する。 [まだ Microsoft 広告にインポートされていないアイテム] と [既存アイテムへの更新] の両方で [ターゲティング] の選択を解除します。
注意

Google Adsでの更新は、既存ターゲットを削除して新規ターゲットを追加する操作として処理されることに注意してください。 [既存アイテムへの更新] で [ターゲティング] を選択している場合、Google Adsでターゲットを更新または削除すると、そのターゲットはインポート時に Microsoft Advertisingから削除されます。

Microsoft ショッピング キャンペーンに関してインポートの対象となる主なエンティティ

広告グループの商品分割expando image
  • キャンペーン名
  • 広告グループ名
  • 状態
  • 除外されます
  • 親ノード ID
  • 製品の条件
  • 製品の値
  • 入札
  • トラッキング テンプレート
  • カスタム パラメーター
商品スコープ キャンペーンの条件expando image
  • キャンペーン名
  • 製品条件 1
  • 製品値 1
  • 製品条件 2
  • 製品の値 2
  • 製品条件 3
  • 製品値 3
  • 製品条件 4
  • 製品の値 4
  • 製品条件 5
  • 製品の値 5
  • 製品条件 6
  • 製品の値 6
  • 製品条件 7
  • 製品の値 7

Performance Max キャンペーンのインポート

Google Ads Performance Max キャンペーンをインポートすると、スマート ショッピング キャンペーンまたは検索キャンペーンのいずれかに自動的に一致します。 これは、Google Adsキャンペーンの作成時にマーチャント センターアカウントを追加したかどうかに基づいています。 マーチャント センターアカウントを使用すると、パフォーマンス 上限キャンペーンがスマート ショッピング キャンペーンとしてインポートされます。マーチャント センター アカウントがないと、検索キャンペーンとしてインポートされます。

Microsoft Advertising は、ほとんどの Google Ads Performance Max キャンペーン アイテムと一致します。ただし、次の表で確認できる違いがいくつかあります。

Google Ads Microsoft Advertising: スマートショッピングキャンペーン Microsoft Advertising: 検索キャンペーン
資産グループ 広告グループ 動的広告グループ
資産グループ—資産:
  • イメージアセット
  • テキストアセット
  • ビデオアセット
アセットはまだインポートされません。 これらのアイテムの—インポートは近日公開予定です。 イメージ広告はマルチメディア広告としてインポートされ、テキスト広告は動的検索広告としてインポートされます。
動画広告はまだインポートされません。 このアイテムの—インポートは近日公開予定です。
対象ユーザーのシグナル 対象ユーザーのシグナルはまだインポートされません。 このアイテムの—インポートは近日公開予定です。 対象ユーザーのシグナルはまだインポートされません。 このアイテムの—インポートは近日公開予定です。
入札戦略:
  • 目標コンバージョン単価を省略可能にしてコンバージョンを最大化する
  • 目標 ROAS を使用してコンバージョン値を最大化する

入札戦略の詳細については、こちらをご覧ください。

Max コンバージョンはまだインポートされません。 このアイテムの—インポートは近日公開予定です。

メモ: [最大コンバージョン値] をインポートします。

最大コンバージョン値を除くすべての入札戦略がサポートされています。

—[コンバージョンの最大化] の値がターゲット ROAS としてインポートされ、デフラート値が 150% になることは心配しないでください。

最終的な URL 展開 最終的な URL 拡張はまだインポートされません。 このアイテムの—インポートは近日公開予定です。 自動ターゲットを使用して、最終的な URL 拡張をカバーします。
リスト グループ 製品グループ 適用外

See more videos...