[Billing Summary] (請求の概要) に関する詳細

[Billing Summary] (請求の概要) では、請求に関するすべての情報にアクセスでき、請求の統合、お支払い基準額の限度の設定、前払い資金の追加などの請求タスクを管理できます。

[Billing Summary] (請求の概要) を使用すれば、請求に関する情報の確認とタスクの実行をすべて 1 か所で行うことができます。 このページでは、アカウント タイプと関係なく主に以下のことを実行できます。

  • 未払いの金額 (後払いアカウント) または利用可能な残高 (前払いアカウント) を確認する。
  • テーブルにフィルターを適用して、探している書類を見つける。 日付、書類 ID、およびその他の条件でフィルターを適用する。
  • 請求書類の PDF バージョンを確認およびダウンロードする。

アカウント別のビュー

[Billing Summary] (請求の概要) にはその他の情報とタスクも表示されますが、表示される項目は、複数のアカウントを表示しているか、1 つのアカウントのみを表示しているかによって異なります (後払い基準額、毎月の請求書発行、または前払い)。 以降のセクションでは、これらの異なるアカウント ビューで表示および実行できる内容について説明します。アカウントの設定に最もよく一致するセクションをご覧ください。

複数のアカウントexpando image

複数のアカウントを使用している場合、表示および実行できる内容は以下のとおりです。

  • 後払いアカウントすべての合計未払い額 (後払い基準額および毎月の請求書発行)、前払いアカウントすべての合計残高など、すべてのアカウントの請求に関する情報の概要を確認する。 合計は通貨別に分けられています。
  • アカウント名と番号をクリックして、個々のアカウントの請求に関する詳細を表示する。
  • 請求書、明細書、支払いレシート、貸方/借方伝票など、請求書類の PDF バージョンを確認およびダウンロードする。
  • 統合請求を設定すると、同じ通貨を持つすべての請求書が 1 つに結合されます。 (毎月の請求書発行による請求にのみ適用。)
  • 請求にキャンペーンの詳細を含めるかどうかを選択する。 (毎月の請求書発行による請求にのみ適用。)
[Billing Summary] (請求の概要)
後払い基準額アカウントexpando image

[Billing Summary] (請求の概要) で後払い基準額アカウントを選択すると、ページの上の方にタイルが表示され、アカウントの未払い額と、毎月の請求日とお支払い基準額に関する情報が示されます。 ここでは、お支払い基準額に限度を設定できます。

[Billing Summary] (請求の概要) - 後払い基準額アカウント
毎月請求書を発行するアカウントexpando image

毎月請求書を発行するアカウントを選択すると、未払い額 (マイクロソフトから請求されている金額) と、現在の残高 (まだ請求対象になっていない金額) が表示されます。

請求書の統合を選択した場合は、その情報への参照が要約とテーブルに表示されます。

[Billing Summary] (請求の概要) - 毎月請求書を発行するアカウント
前払いアカウントexpando image

[Billing Summary] (請求の概要) で前払いアカウントを選択すると、アカウント残高が表示され、残高が少なくなっている場合は資金を追加できます。

[Billing Summary] (請求の概要) - 前払いアカウント

[Billing Summary] (請求の概要) についての注意点

[Billing Summary] (請求の概要) を確認および使用する際に注意が必要なことがいくつかあります。

  • テーブルにフィルターを適用しても、ページの一番上の概要に表示される金額は変更されません。
  • 請求、クレジット、またはお支払いが [Billing Summary] (請求の概要) に表示されるまで、最長で 4 時間の遅延があります。
  • テーブルは請求書類を反映しており、書類に付随する借方と貸方の伝票すべてを参照していないので、テーブルと概要との間で合計額に小さな相違が生じることがあります。 たとえば、一部の国/地域では、Microsoft Advertisingは広告費用に対して税金を徴収します。 前払いアカウントの場合、これらの税額は前払いの金額から差し引かれます。 ページの一番上に表示される概要の前払い残高はこれらの税額を差し引いて表示されますが、テーブルの明細項目には追加した資金の合計額が表示されます。
  • [Billing Summary] (請求の概要) の設定を変更できるか、項目の参照のみができるかは、ユーザー ロールによって決まります。 また、一部の請求関連のタスク (クレジット カードの変更など) は、ユーザー ロールとは関係なく、請求先の関係者のみが実行できます。 ユーザー ロールの詳細については、こちらをご覧ください。
注意

アカウント所有者は、請求先顧客ではなくても常に請求書類にアクセスできます。 アカウントにリンクされている ダイレクト マネージャー は、 Microsoft Advertising 課金ドキュメントにアクセスできる場合とアクセスできない場合があります。 これはすべて、支払いを担当するユーザーによって異なります。

  • アカウント所有者が請求先顧客の場合: アカウント所有者と すべての直属のマネージャー は、課金ドキュメントを表示できます。
  • 直接マネージャーが請求先顧客の場合: 課金ドキュメントを表示できるのは、アカウント所有者と支払いを担当する直属のマネージャーだけです。 アカウントの他の直属のマネージャーは、課金ドキュメントを表示できません。 2 番目のシナリオでは、この制限は意図的に設けられています。 まれなケースですが、複数の広告代理店が顧客の Microsoft Advertisingアカウントにリンクしていて、1 社の広告代理店がお支払いの責任を持っている場合に、この制限が生じる可能性があります。
  • アカウントに直接マネージャーと別の請求先顧客が含まれている場合:請求先顧客でもあるアカウント所有者または直接管理者のみが課金ドキュメントを表示できます。 アカウントの他の直属のマネージャーや請求先顧客は、課金ドキュメントを表示できません。

請求に関するタスク

請求書類をダウンロードする expando image
  1. [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. [請求の概要] で、表から 1 つまたは複数のドキュメントを選択してから [ドキュメントをダウンロード] を選択します (表にドキュメントが表示されていない場合、ドロップダウン リストの日付範囲を変更すると過去のドキュメントが表示されます)。
  3. zip ファイルを開くかコンピューターに保存します。
お支払い基準額に限度を設定する (後払い基準額アカウント)expando image

後払い基準額アカウントで、お支払い方法に対する請求金額に限度を設けることができます。 お支払い基準額の仕組みの詳細については、「ご利用限度額とは何ですか? どのように機能しますか?」をご覧ください

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. メイン メニューで [請求設定] を選択します。
  4. [毎回の料金を制限] の横のチェック ボックスをオンにして、お支払い上限額を入力します。
  5. [保存] を選択します。
注意
  • 料金が請求限度額や制限を多少上回ることがあります。 クレジット カードの利用限度額を超過しないようにするには、制限を利用限度額よりも少し低く設定します。
  • 新たに設定した制限がシステムに保存されるまで、約 1 時間かかります。
  • 経常収支を下回る制限を設定した場合、残高全額が課金されます。 その後、制限 (または制限よりも多少多い額) が課金されます。 制限を設定する前に残高を減らす必要がある場合は、口座残高分をお支払いいただけます。
  • 後払いオプションを限度額から毎月の請求に変更した場合、請求限度額の制限は削除されます。
統合請求をセットアップする (毎月請求書を発行するアカウント) expando image

毎月の請求書のサイズを最小限に抑えますか? 統合請求を使用すれば、同じ通貨と言語で毎月請求書が発行されるすべてのアカウントが、1 つの請求書に結合されます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [請求設定] を選択します。
  3. [統合請求書] の横の [類似の請求を 1 つの毎月の請求書に統合] のチェック ボックスをオンにします。
  4. 完了したら [保存] をクリックします。

統合請求書は、次の請求期間にお送りします。

キャンペーンの詳細を請求書に含める、または請求書から削除する (毎月請求書を発行するアカウント) expando image

毎月の請求書をキャンペーン別に分けて表示する必要がない場合は、請求書をさらに簡略化して短縮できます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. メイン メニューで [請求設定] を選択します。
  3. [キャンペーンの詳細] をオンにして、完了したら [保存] を選択します。
資金を追加する (前払いアカウント) expando image

資金はいつでも手動で追加できます。 また、定期循環払いを設定することもできます。 自動再入金の詳細については、こちらをご覧ください

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. [現在の残高] タイルで [請求の概要]、[入金] の順に選択します。
  4. [入金] フォームで、指示に従って操作します。 指示の内容はお支払い方法によって異なります。
  5. [今すぐ支払う] を選択します。
毎月の請求書をメールで受信する expando image

毎月請求書を発行するアカウントを使用している場合は、登録されているお支払い担当の連絡先に請求書がメールで送信されます。 連絡先の情報が最新であることを確認してください。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[ 請求と&お支払い ] の順に選択します。
  2. 複数のアカウントをお持ちの場合、メニュー上部のアカウント セレクターからアカウントを選択します。
  3. メイン メニューで [請求設定] を選択します。
  4. 編集する SAP ID を検索します (詳細が表示されていない場合は、矢印をクリックすると表示されます)。
  5. [アカウントお支払い担当を追加] を選択し、担当者のメール アドレス、姓、名、電話番号 (および国/地域コード) を追加します。
  6. 完了したら [保存] をクリックします。
Microsoft Advertisingで毎月の請求書を表示するexpando image

請求書は通常、毎月の第 2 営業日までに前月の請求に対して発行されます。 請求書が生成された後、[Billing Summary] (請求の概要) で請求書を確認できるようになります。

月末に請求の通知を受け取る expando image

毎月末にメールで請求の通知を受け取ることを選択できます。 前払いアカウントを使用している場合は、その月のお支払い内容を要約する明細書が [Billing Summary] (請求の概要) に発行されます。 後払い基準額アカウントを使用している場合は、[Billing Summary] (請求の概要) へのリンクを含む通知を受け取り、リンク先で前月に行ったお支払いの内容を確認できます。 毎月請求書を発行するアカウントを使用している場合は、[Billing Summary] (請求の概要) へのリンクを含む通知を受け取り、リンク先で請求書を確認できます。

  1. 上部のメニューで [ツール]、[設定]、[メールの設定] の順に選択します。
  2. アカウントが 1 つだけの場合は、[料金のアラート] でスイッチをオンにするとメールで通知されます。 アカウントが複数ある場合は、スイッチのオン/オフ ボタンでメニューを開き、通知メールを 1 つ、複数、またはすべてのアカウントで受け取るように設定します。
  3. 完了したら [保存] をクリックします。

料金の通知の変更は、次の請求サイクルに適用されます。

重要

[Billing Summary] (請求の概要) で表示および実行できる内容は、ユーザー ロールによって決まることに注意してください。 ユーザー ロールの詳細については、こちらをご覧ください。

See more videos...