スマートショッピング キャンペーンについて

スマートショッピング キャンペーンを使って自動でショッピング キャンペーンを最適化し、より高い収益値でコンバージョンに至りそうな顧客に的を絞ります。
注意
  • 一部のユーザーにはまだこの機能は提供されていません。近日中にご利用いただけるようになりますので、—しばらくお待ちください。
  • スマートショッピング キャンペーンはすべてのショッピング キャンペーン市場で利用できます。詳細については、「Microsoft Advertising で広告はどこに表示されますか?」を参照してください。

スマートショッピング キャンペーンを使うと、自動でショッピング キャンペーンを最適化し、より高い収益値でコンバージョンに至りそうな顧客に的を絞ることができます。スマート ショッピングは、従来型のショッピング キャンペーン、自動入札機能、ターゲティングを併用することで、その顧客に適した広告を適したタイミングで—大規模に提供できます。

ビジネス目標とターゲットを設定すると、入札単価とショッピング広告の配信を自動調整するコンテキストが得られるため、キャンペーンを最適化できます。これが収益増加と広告費用対効果 (ROAS) の目標の達成に役立ちます。

同じ商品群の場合、スマートショッピング キャンペーンは通常のショッピング キャンペーンより優先されることに注意してください。

スマートショッピング キャンペーンを使用する理由

より高い収益値でコンバージョンに至りそうな顧客にリーチする

スマートショッピング キャンペーンでは、コンバージョン値の最大化 (Microsoft Advertisingで入札単価をリアルタイムに自動設定し、予算内で合計コンバージョン値を最大化する) と自動ターゲティングを使用し、広告費用対効果の目標を定義するオプションを使用して全体の収益を最大化します。

自動キャンペーンで最適化をはかる

スマートショッピング キャンペーンは、顧客のシグナルに基づいて入札単価と広告配信を自動化し、よりパーソナライズされたショッピング エクスペリエンスを作成するのに役立ちます。

キャンペーンの作成と管理を簡単にする

ショッピング キャンペーンは商品フィード、UET タグ、ビジネス目標さえあれば始められます。それらが用意できたら、予算とターゲティング オプションを設定するだけでショッピング キャンペーンの最適化を開始できます。

留意事項

  • スマートショッピング キャンペーンではローカル在庫広告を有効にできますが、既存のローカル在庫広告キャンペーンをスマート ショッピング キャンペーンに変換することはできません。
  • 商品フィードや既存キャンペーンのインポートには Google インポートが使えます。
  • スマートショッピング キャンペーンのレポートにアクセスできます。このレポートは、Microsoft Advertising内の既存のショッピング広告のレポートのサブセットです。レポートには検索語句、ネットワーク、オーディエンス データは含まれません。

はじめる前に

  1. UET タグを作成し、Web サイトに追加します。スマートショッピング キャンペーンには、変動収益データをトラッキングするために必要な追加コードが必要です。スマート ショッピング キャンペーンを作成する前に必ず作成し、Web サイトに追加してください。

    メモ: 変動収益が必要であるため、リンク先 URL またはイベント コンバージョン目標も必要になります。「UET タグを作成して追加する方法の詳細」。

  2. に商品フィードを送信するか、既存のフィードを使います。スマート ショッピング アセットの一括アップロードには、一括アップロード用のスプレッドシートも使えます。少なくとも 30 日に一度は必ずデータをアップロードしてください。フィード ファイルの詳細については、こちらを参照してください

スマート ショッピング キャンペーンを設定する

  1. 左側のペインのツリー ビューで、新しいキャンペーンを作成したいアカウントを選択します。
  2. データ ビューで、[キャンペーンの追加] ドロップダウン メニュー > [スマート ショッピング キャンペーンの追加] の順に選択します。
  3. 編集ペインで、適切な情報を入力します。

関連記事

入札戦略で Microsoft Advertising による入札の管理を行なう

Microsoft Advertising ポリシー

ローカル インベントリ広告とは

インポートされる情報

See more videos...