Microsoft Advertising エディター の利用開始

Microsoft Advertising エディター を使用する際に毎回必要な 3 つの基本ステップを説明します: ダウンロード、更新、キャンペーン データの投稿。

Microsoft Advertising エディター を使って簡単に利用開始できます。ダウンロード、インストールをして、利用を開始しますMicrosoft Advertising Editor。サインインをするたびに毎回 3 つの基本的なステップを実行します:Microsoft Advertisingから [変更を取得] (またはアカウントデータのダウンロード) し、Microsoft Advertising エディターのキャンペーンに変更を加えてから、変更をMicrosoft Advertisingに[投稿] (アップロード) して戻します。

Microsoft Advertisingからアカウントを取得します。

インストールの他に、最初のステップとして、Microsoft Advertisingアカウントからキャンペーン データを取得 (またはダウンロード) します。ユーザー名とパスワードを入力後、どのキャンペーンを取得するか選択するようダイアログが表示されます。複数アカウントのある代理店は、特定の 1 つのキャンペーンのみを取得できます。複数アカウントがある場合には、データの取得に数分かかることがありますのでご注意ください。

Microsoft Advertisingから現在のキャンペーンデータを取得するときにはいつでも、ツールバーの [変更を取得] ボタンを使用します。その後変更し、その変更をMicrosoft Advertisingに[投稿] して戻すことができます。

Microsoft Advertising エディター にサインインする際には、この手順を毎回行います。つまり、アカウントを取得し、キャンペーンに変更を加え、変更が完了したら投稿します。

キャンペーンに変更を加える

作業の開始新しいキャンペーンを作成するか、既存のキャンペーンをYahoo または Google Ads から簡単にインポートすることができます。

  • 新しいキャンペーンを作成するには、データ ビューから、[キャンペーンの追加]を選択します。各キャンペーンで、左ペインの [管理] タブに移動する必要があります。ここでは広告グループ、広告、キーワードも管理することができます。
  • キャンペーンをインポートするには、まず CSV ファイルにデータをエクスポートします。例えば Yahoo を使っている場合、キャンペーンをスプレッドシートにエクスポートし、ファイルをコンピューターに保存します。[インポート] > [ファイルからインポート]を選択します。Microsoft Advertising エディター のウィザードの誘導に従ってデータ インポートの終了まで進みます。
  • 特に Google Ads では、CSV ファイルからキャンペーン データをインポートすることができますが、Google Ads アカウントにサインインし、Microsoft Advertising エディター に残りの作業をさせることで、データをインポートすることもできます。詳細については「Microsoft 広告エディターによるインポートとエクスポート」を参照してください。

キャンペーンの管理。Microsoft Advertising エディター には、簡単にキャンペーンを管理するためのツールが多数あります。

  • それぞれのアイテムを個別に更新する、またはそれらを一度に更新するために複数のアイテムを選択することができます。編集ペインでフィールドをアップデートして、選択した項目に変更を加えます。
  • 左ペインは、キャンペーン全体を移動する、または広告グループなどの特定の項目にドリルダウンするのに役立ちます。
  • 検索とフィルター処理は、更新したいものを素早く見つけるのに役立ちます。詳細については「詳細検索とフィルター処理」を参照してください。

例。例えば、広告を常に関連のあるようにし、検索結果の最初のページに表示されるようにしたいとします。入札単価を更新する必要があるでしょう。Microsoft Advertising エディター の入札単価予測ツールを使用して、個別にまたは一括で入札単価をレビューします。

  1. 左ペインの [管理] タブで、[キーワードとターゲティング] > [キーワード]の順に選択します。
  2. 入札単価を取得したいキーワードを選択します。
  3. [入札単価の見積もり] > [入札単価見積もりの取得] の順に選択して、最適な 1 ページ目、メインライン位置、最適位置の入札単価を調査します。
  4. [1 ページ目の入札単価予測を適用] を選択して、キーワードに適用する入札単価のタイプを選択します。

    メモ:Microsoft のリサーチに基づけば、すべてのキーワードに対して最低 0.30 ドルの入札単価を設定するのがお勧めです。最低入札単価がわずか $0.05 ですが、このように低い入札単価のキーワードは、通常、同じキーワードの他の広告主からの入札単価に競り勝つことができません。その結果、広告が表示されません。

アカウント変更の投稿

キャンペーンの更新を完了した時点で、新しいキャンペーン、キーワード、入札単価が直ちに実行されるように、アカウント変更を投稿することが重要です。広告が表示される地域が影響を受ける可能性がありますので、言語と場所の設定を忘れずに確認してください。

アカウントを更新するには、ツールバーの [投稿] ボタンを選択します — これで完了です!

メモ: Microsoft Advertising エディター の各セッションの最後に変更を投稿する必要があります。

Microsoft Advertising エディター でサポートされていないこと

Microsoft Advertising エディター は強力なデスクトップツールですが、すべてがオフラインで管理できるわけではありません。以下の機能は、Microsoft Advertisingで管理するようにしてください:

  • 自動作成されたリマーケティング リスト
  • フィードベースのオーディエンス キャンペーン
  • オーディエンス ネットワークのマルチメディア広告 (Microsoft Advertising エディター は 1 つの画像がついたオーディエンス広告のみをサポート)

これはオンラインでのみ利用できるすべての機能リストではなく、他にもオンラインでのみ利用できる機能はあります。

See more videos...